王喜 (下関市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王喜
おうき
日章旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
自治体 下関市
旧自治体 王喜村
面積
11.70km²
世帯数
1,612世帯
総人口
3,498
登録人口、2011年12月31日現在)
人口密度
298.97人/km²
隣接地区 小月地区吉田地区
下関市役所王喜支所
北緯34度3分50.65秒 東経131度3分11.52秒 / 北緯34.0640694度 東経131.0532000度 / 34.0640694; 131.0532000座標: 北緯34度3分50.65秒 東経131度3分11.52秒 / 北緯34.0640694度 東経131.0532000度 / 34.0640694; 131.0532000
所在地 〒750-1114
山口県下関市王喜本町二丁目15番10号
王喜の位置(山口県内)
王喜
王喜
テンプレートを表示

王喜(おうき)とは、山口県下関市の王喜地区(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所王喜支所の所管する区域)を指す地域名称のことである。

本項では同地域にかつて所在した厚狭郡王喜村(おうきそん)についても述べる。

地域概要[編集]

下関中心市街地からは北東に約18km離れており、旧下関市の東端、木屋川最下流域の東岸に位置する。北は吉田地区と、西は木屋川を挟んで小月地区と、東は山陽小野田市と隣接する(南は周防灘)。

登録人口は3,488人(2009年2月28日現在、下関市役所ホームページによる)で、市内17地区のうち内日、吉田に次いで3番目に人口が少ない。

地区面積は11.70km2ある。(2007年10月1日現在、下関市役所ホームページによる)

国道および県道沿いに住宅地と商店、南端の干拓地に海上自衛隊基地、内陸に木屋川工業団地があるが、地区の多くを農地や山地林野が占めている。

域内には、国道2号小月バイパス)と主要地方道である県道33号が通る。地区内にJR山陽本線が通るものの駅はなく、小月駅埴生駅を利用することとなる。地区中心部から約3km離れたところに中国自動車道小月ICがある。

地名由来と地域のあゆみ[編集]

王喜村
廃止日 1955年7月1日
廃止理由 編入合併
王喜村吉田村下関市
現在の自治体 下関市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
厚狭郡
総人口 4,338
国勢調査1950年
隣接自治体 下関市
厚狭郡埴生町、吉田村
王喜村役場
所在地 山口県厚狭郡王喜村
 表示 ウィキプロジェクト

江戸時代干拓を行った際、安全祈願のため竜王を祭る祠を作ったが、村民が「竜が歓する」という縁起のよい夢を見たため、新田の名を王喜新田に改めた。その新田名が、町村制施行時の村名に採用された。明治に入って成立した厚狭郡王喜村は、1950年(昭和30年)に吉田村とともに下関市に編入した。

1937年に、干拓地の一部に逓信省管轄の下関飛行場が開港。のち陸軍に移管したが、終戦後は自衛隊基地となり現在に至っている。

自治体としての沿革[編集]

主な施設・名所[編集]

小月航空基地・正門
  • 木屋川ラブリバーパーク
  • 海上自衛隊小月航空基地 - 小月ではなく王喜地区の松屋本町にある。

関連項目[編集]