神戸らんぷ亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社神戸らんぷ亭
kobelamptei Co., Ltd.
Ranpu.JPG
店舗例(水道橋店)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿2丁目8番8号 とみん新宿ビル4F
設立 1993年8月25日
業種 飲食業
事業内容 飲食店のチェーン展開
代表者 川島 賢(代表取締役会長)
資本金 1億円
売上高 26億円(2005年度)
総資産 13億1400万円(2005年2月現在)
外部リンク http://www.kobelamptei.jp/
テンプレートを表示

株式会社神戸らんぷ亭(こうべらんぷてい)は、外食チェーンストアを運営する企業である。

概要[編集]

1993年ダイエーグループの一員として設立された。ダイエーの経営難に伴う子会社の売却に伴い、2005年12月からはITサービス企業であるミツイワ株式会社の子会社となった[1]

フランチャイズ方式により店舗展開をしているが、関東地方東京都埼玉県千葉県神奈川県)のみに留まっており、名前に付いている「神戸」や他地域への出店実績は無い。

2010年1月に日本初の塩牛丼を発売した。2014年には一部店舗を新業態のカツ丼専門店・かつ丼屋(かつどんや)に転換した[2]

2015年に筆頭株主がミツイワからマックグループ(現・ガーデングループ)に異動した後に、同じマックグループのチカラめし(現在の株式会社イー・ダイニング)同様、横浜家系ラーメン店・壱角家(いっかくや)への転換を進めた結果、同年7月31日までに神戸らんぷ亭は全て閉店した[3][4]。なお当初家系ラーメン店に切り替える予定であった銀座店は[4]、9月10日に「銀座らんぷ亭」として営業を再開したが[5]、メニューに牛丼は含まれていない[6]

2017年4月28日に閉店した。

歴史[編集]

  • 1993年2月 - ダイエーグループの株式会社蔵椀が、牛どん事業を開始。東京・恵比寿に1号店開店。
  • 1993年8月25日 - 株式会社ダイエーの全額出資で、株式会社神戸らんぷ亭設立。
  • 1994年2月 - 牛丼店のチェーン展開を開始。
  • 1995年1月 - 牛どん(並)を290円で販売開始。しかし、1996年7月から1998年3月にかけて3回にわたって値上げした結果、当時の吉野家(400円)と並んでしまった。
  • 2000年7月 - 持ち帰り牛どん(並)のみ400円→290円に値下げ。
  • 2001年3月1日 - 店内食の牛どん(並)も400円→290円に値下げ[7][8]
  • 2001年8月 - 牛どん(並)を更に値下げ、290円→270円となる[7]
  • 2002年頃 - 牛どん(並)を値上げ、270円→280円となる[9](2004年3月末まで)。
  • 2003年12月24日 - アメリカ合衆国BSEに感染している疑いのある牛が発見される。米国産牛肉の輸入が全面的に禁止となる。
  • 2004年2月19日 - 当初は同年3月末で牛丼販売を休止する方針だったが、オーストラリア産牛肉の確保に目処が立ち、店舗も首都圏を中心に他牛丼チェーンと比べ数も少ない事から、4月以降も牛丼販売継続すると発表[10]
  • 2004年4月1日 - オーストラリア産牛肉へ切り替えて牛丼の販売継続。ただし並盛は350円、大盛は480円に値上げ[10]
  • 2005年12月12日 - 親会社の株式会社ダイエーが、全株式をITサービス企業のミツイワ株式会社に譲渡[11]。同社の子会社となる。
  • 2008年9月1日 - 豪州産に加えメキシコ産牛肉を導入に伴い、牛どん(並)を値上げ、350円→380円となる[9]
  • 2014年1月20日 - 田町店がかつ丼屋芝大門店に転換[2]。以降、いくつかの店舗がカツ丼屋に転換している。
  • 2015年3月25日 - マックグループがミツイワから神戸らんぷ亭を買収したと発表[12]
  • 2015年7月31日 - 神戸らんぷ亭が全て閉店し、銀座店を除いて後に壱角家に転換[4]
  • 2015年8月31日 - かつ丼屋末広町店が休業。[4]
  • 2015年9月10日 - 旧神戸らんぷ亭銀座店が「銀座らんぷ亭」として営業を再開[5]
  • 2017年4月28日 - 「銀座らんぷ亭」閉店。

店名の由来[編集]

らんぷ亭の牛丼並盛り

『神戸らんぷ亭』の名の由来として下記が挙げられている。

神戸
  • 牛どんの発祥地「神戸」に因む[9]
  • 設立時の親会社のダイエーが神戸市を本拠(登記上本店所在地)としていること。
  • 神戸=牛肉というイメージがあること。
らんぷ
  • 文明開化の象徴であり、暖かく人々をつつむ「らんぷ」の灯のイメージ[9]
  • 庶民の心の灯になりたいという大いなる心意気[9]

脚注[編集]

  1. ^ ミツイワ株式会社 ミツイワグループの紹介
  2. ^ a b 田町の牛丼店が「かつ丼屋」にリニューアル-神戸らんぷ亭が新業態”. 品川経済新聞 (2014年2月20日). 2014年12月25日閲覧。
  3. ^ 店舗情報” (日本語). 神戸らんぷ亭. 2015年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 牛丼チェーン「らんぷ亭」がひっそり完全消滅 家系ラーメンに転換している” (日本語). Excite Bit コネタ. 2015年8月12日閲覧。
  5. ^ a b 店舗情報” (日本語). 神戸らんぷ亭. 2015年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月3日閲覧。
  6. ^ 銀座ランプ亭 銀座店” (日本語). 神戸らんぷ亭. 2015年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  7. ^ a b みずほコーポレート銀行 > 金融経済情報 > 産業情報 > みずほ産業調査 > 「興銀調査」バックナンバー > 興銀調査 305「特集:2001年度の日本産業動向」 > 11 食品・外食(PDF) より
  8. ^ ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)2001年3月5日放送分より
  9. ^ a b c d e 神戸らんぷ亭公式サイトインターネットアーカイブ)より
  10. ^ a b 読売新聞・2004年2月19日インターネットアーカイブ)より
  11. ^ 子会社の売却に関するお知らせ(PDF) 株式会社ダイエー
  12. ^ マックグループ、神戸らんぷ亭を買収。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]