D-naha

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
D-naha
D-naha.JPG
店舗概要
所在地 900-0013
沖縄県那覇市牧志1丁目19-29
座標 北緯26度13分7.2秒 東経127度41分8.8秒 / 北緯26.218667度 東経127.685778度 / 26.218667; 127.685778座標: 北緯26度13分7.2秒 東経127度41分8.8秒 / 北緯26.218667度 東経127.685778度 / 26.218667; 127.685778
開業日 1975年5月4日
正式名称 マルイビル
施設所有者 糸嶺商会
施設管理者 糸嶺商会
延床面積 21,000 m²
商業施設面積 11,000 m²
中核店舗 ジュンク堂書店那覇店
店舗数 6
営業時間 10時 - 22時
前身 ダイエー那覇店
(那覇ショッパーズプラザ)
外部リンク http://www.junkudo.co.jp/newevent/shop-naha.html

D-naha(ディーナハ)は、沖縄県那覇市にある複合商業施設

かつてはダイエー(現・イオン琉球)が入居していたが、2005年11月をもって閉店。その後は長らく空きビルとなっていたが、2009年4月にジュンク堂書店が入居し、施設名も「ダイナハ」から「D-naha」へと変更された。

当記事では、前身であるダイナハについても記述する。

概要[編集]

地上8階、地下1階で、売り場面積は1万1000m2。地階食品売場にビッグワン(2012年5月開業)が、1階から3階部分にジュンク堂書店が入居しており、7・8階には沖縄セルラー電話のコールセンターなど企業のオフィスが入居している。

1975年ダイエーが入居し開業した。後に名称を2度変え、1994年にはダイエー那覇店となったが、2005年11月に閉店し撤退。同時に閉店した浦添店は、立地条件の良さなどにより半年後にリウボウストアなどが入居し浦添ショッピングセンターとして開業したが、那覇店に関しては築30年を超えていることや8階建てという近年の大型ショッピングセンターとしては向いていない施設構造であったという理由などにより長らく空き店舗となっていた。

その後、2009年2月にジュンク堂書店が同年1月末にビルを所有する糸嶺商会との契約を結び、同年4月下旬に同ビルの1階から3階部分に入居することを発表。また、同じ月には沖縄セルラー電話が7階の一部と8階を借り、県内に分散しているコールセンターを集約することを発表した。

2009年4月29日に、施設名を「D-naha」に改名し、売り場面積約5,000m2、在庫約120万冊と県内最大規模の書店として、ジュンク堂書店那覇店が開業。ダイエー閉店後、客足が遠のいた沖映通り商店街からは、ジュンク堂の開業に期待の声も挙がった[1]

2009年12月、地階食品売場にAコープが開店したが、2012年3月31日に閉店。その後、同年5月1日に地場ディスカウントストアビッグワン(Big1)が開店したが、2013年9月30日に閉店した。

なお施設名の「D-naha」は、旧テナントのダイエー那覇店が「ダイナハ」と呼ばれていたことから、そのイメージを継承し名付けられた[2]

沿革[編集]

1975年に「那覇ショッパーズプラザ」として開店。県内初の大型ショッピングセンターということもあり、客を取られてしまうのではないかという危機感から地元商店街からの反発を受けた[3]ダイエー側としては、直営ではなく地元資本を加えた地域子会社「株式会社ダイナハ」を設立し、その子会社による運営を行うという方針をとった。なお、ダイエー開店により国際通りから同店の位置する沖映通りへの集客に成功し、結果的に通り全体の繁栄にも寄与した。

後に会社名である「ダイナハ」へと改名され、その後子会社である株式会社ダイナハは親会社である株式会社ダイエーに吸収合併されたことによりダイエー那覇店へと改名した。なお、当時の施設名は、旧店舗名から「ダイナハ」と呼ばれており、ダイエー那覇店となった後も「ダイナハ」と呼ばれ続けた。

その後、ダイエーの業績不振で2002年には沖縄県内のダイエー3店舗(泡瀬嘉手納、糸満)が閉鎖された。当初は閉店予定がなかった那覇店に関しても、2005年2月に閉鎖対象に挙がり、同年9月には閉鎖が決定した。閉鎖が決定した際から、従業員の雇用、跡地利用の問題は浮上したが、大部分は未解決のまま同年11月20日に閉店した。

跡地に関しては、小売業やコールセンターなどの入居提案が出されたが白紙となり、長らく空き店舗となっていたが、2009年2月ジュンク堂書店が同ビルへの入居を発表。同年1月付けで契約を終え、4月下旬の開業を目指していることが明らかになった。その後、予定通り同年4月24日に施設名を「D-naha」に改め、ジュンク堂書店那覇店として開業した。

年表[編集]

入居店舗[編集]

フロア概要
RF屋上 ダイエー那覇店時は屋上遊園地であったが1999年頃に閉鎖
8F (空き店舗)
7F (空き店舗)
6F (空き店舗)
5F (空き店舗)
4F ダイソーD-naha店
3F ジュンク堂書店那覇店
2F ジュンク堂書店那覇店
1F ジュンク堂書店那覇店、MARUZEN那覇店、イタリアン・トマトカフェジュニア沖縄ダイナハ店、宝くじナハチャンスセンター
B1F ジュンク堂書店那覇店

アクセス[編集]

モノレール
路線バス
  • 若松入口バス停より徒歩5分、美栄橋駅前バス停より徒歩1分。詳細は美栄橋駅#バス路線を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 2009年4月25日付け 琉球新報[1]
  2. ^ 2009年4月23日付け 琉球朝日放送[2]
  3. ^ 2005年9月17日付け 琉球新報[3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]