新さっぽろアークシティ サンピアザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンピアザから転送)
移動先: 案内検索
新さっぽろアークシティ サンピアザ
Shinsapporo ARC CITY Sunpiazza
サンピアザ(2007年8月)
サンピアザ(2007年8月)
店舗概要
正式名称 新さっぽろアークシティ「サンピアザ」SC[1]
所在地 004-0052
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2
座標 北緯43度02分17秒 東経141度28分20秒 / 北緯43.03806度 東経141.47222度 / 43.03806; 141.47222座標: 北緯43度02分17秒 東経141度28分20秒 / 北緯43.03806度 東経141.47222度 / 43.03806; 141.47222
開業日 1977年6月10日 [1][2]
施設所有者 札幌副都心開発公社
施設管理者 札幌副都心開発公社
敷地面積 約27,300 m²[3]
商業施設面積 約47,800 m²[3]
延床面積 約106,100 m²[3]
中核店舗 カテプリ
イオン新さっぽろ店
店舗数 約130[3]
営業時間 8:00 - 22:00(イオン新さっぽろ店地下1階食品売場)
9:00 - 22:00(イオン新さっぽろ店その他売場)
10:00 - 21:00(サンピアザ・カテプリ)
駐車台数 約1,750台(新さっぽろアークシティ内)
最寄駅 ST Logo.svg 新さっぽろ駅
JR logo (hokkaido).svg 新札幌駅
最寄IC Hokkaido Expwy Route Sign.svg 大谷地IC札幌南IC

新さっぽろアークシティ サンピアザShinsapporo ARC CITY Sunpiazza)は、札幌市厚別区新札幌副都心にあるショッピングセンター

概要[編集]

4層吹抜けのアトリウム「光の広場」を中心とする専門店「サンピアザ」、総合スーパー「イオン新さっぽろ店」、百貨店「カテプリ」で構成している商業施設のほか、札幌市内唯一の水族館サンピアザ水族館」や多目的ホール「サンピアザ劇場」、クリニックや銀行などがある複合商業施設になっており、連絡通路で接続している「新さっぽろアークシティ デュオ」などを含む駅周辺の愛称を「新さっぽろアークシティ」としている[4]

沿革[編集]

施設[編集]

イオン新さっぽろ店(2015年10月)
カテプリ(2008年3月)

サンピアザ[編集]

専門店で構成しているサンピアザは、1977年昭和52年)に「サンピアザショッピングセンター」として開店した。地下3階から地下1階までの「メトロモール」(1982年オープン)と地下1階から地上3階までの「センターモール」がある。「サンピアザ」には「太陽の広場」のほか「サン」には「息子」の意も含めており、札幌都心の息子として「副都心」を表現している[14]2016年平成28年)・2017年(平成29年)の大規模リニューアルによってメトロモールは飲食フロアと食関連の雑貨店で統一し[12]、センターモールのスイーツゾーンに食品ゾーンが加わり「サンピアザ」「イオン」「カテプリ」と一体した食品フロアを形成している[12][15]。また、アインホールディングスによる新たな店舗「LIPS and HIPS style store」が出店したほか[12][15]、「紀伊國屋書店」と「無印良品」が向かい合わせで移転増床した[13][16]

イオン新さっぽろ店[編集]

イオン新さっぽろ店は、イオン北海道による総合スーパー1977年昭和52年)に「サンピアザショッピングセンター」オープンと同時に北海道内4番目のダイエーとして開店した「ダイエー厚別店」が前身である。ダイエー時代の店番号は「0413」[要出典]2015年平成27年)にイオン北海道がダイエーの総合スーパー事業を承継したことに伴い、「イオン新さっぽろ店」となった[9]2016年(平成28年)の全館リニューアルにより、地下1階は「イオン」「サンピアザ」「カテプリ」の3棟一体で食品ゾーンを形成したほか[12]、イオン北海道初となる「ジュースバー」「アイスバー」、ファーストフードを併せた「AEON Drip Cafe」などがオープンした[12]

カテプリ[編集]

カテプリは、イオンモールによるデパート(百貨店)。1982年昭和57年)開店のダイエープランタンの提携によるブランド「プランタン」2店舗目となる「プランタン新さっぽろ」が前身である。店名はフランス語の「カテ」(qualite、品質)と「プリ」(prix、価値)を合わせた言葉である[要出典]。開業後は経営が軌道に乗らず苦戦し[17]1983年(昭和58年)には合弁会社「オ・プランタン・ジャポン」から分離し、ダイエー100%出資の子会社「プランタン北海道」による運営となった[18]1985年(昭和60年)にダイエー新さっぽろ店の増床という形で「北海道ダイエー」(1991年ダイエーに吸収合併)の店舗となった[19]2000年平成12年)にダイエーとプランタンによる名称使用許諾契約満了に伴い、「カテプリ新さっぽろ」と改称した[20]2015年(平成27年)にイオン北海道がダイエーの総合スーパー事業を承継したことに伴い、「イオンカテプリ新さっぽろ店」となり[9]2016年(平成28年)にイオンモールがイオン北海道から建物を転借して出店した[11]

2016年(平成28年)・2017年(平成29年)の大規模リニューアルによって北海道内最大級となる約1,000席のフードコート[21]札幌丸井三越による道産品のセレクトショップ「きたキッチン」などが出店する食物販「プリチカDELI」[22]吉本興業グループの企業による「よしもとエンタメショップ」や『妖怪ウォッチ』のオフィシャルショップ「ヨロズマート」、スポーツゾーン「スポーツオーソリティ新さっぽろカテプリ店」などがオープンした[12][13]

サンピアザ水族館[編集]

サンピアザ劇場[編集]

サンピアザ劇場
Sunpiazza Theater
情報
旧名称 サンピアザホール
収容人員 255人
客席数 255席
設備 ドルビーステレオ
用途 演劇コンサート、発表会、講演会など
旧用途 映画館
運営 札幌副都心開発公社
所在地 004-0052
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2
アクセス 札幌市営地下鉄東西線新さっぽろ駅から徒歩約2分
北海道旅客鉄道(JR北海道)新札幌駅から徒歩約3分
公式サイト サンピアザ劇場

サンピアザ劇場は、1981年昭和56年)に「サンピアザホール」の名称でオープンし、当初は各種イベントを行う多目的ホールであったが、1984年(昭和59年)に映画館へ転身したのを機に現在の名称となった。2004年平成16年)に映画館としての営業を終了後、翌年に再び多目的ホールとしてオープンした。なお、映画上映は不定期で行っている。

施設概要

その他[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第42期事業報告(要旨) (PDF)”. 札幌副都心開発公社. 2017年5月19日閲覧。
  2. ^ 札幌副都心の発展祈る 厚別のサンピアザ完工式”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1977年6月9日). 2017年5月19日閲覧。
  3. ^ a b c d ショッピングセンター事業”. 札幌副都心開発公社. 2017年5月19日閲覧。
  4. ^ 新さっぽろアークシティ外観図”. 札幌副都心開発公社. 2017年5月19日閲覧。
  5. ^ メトロモール”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1982年3月2日). 2017年5月19日閲覧。
  6. ^ プランタン1日開店 客の争奪戦が激化 札幌”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1982年5月27日). 2017年5月19日閲覧。
  7. ^ デパート開店、長い列 プランタン新札幌 バーゲンに3000人”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1982年6月1日). 2017年5月19日閲覧。
  8. ^ サンピアザ劇場営業終了*単館上映映画館 また一つ姿消す”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2004年5月15日). 2017年5月19日閲覧。
  9. ^ a b c “ダイエーとイオンはひとつに 新生イオン北海道が9月1日(火)に誕生します” (プレスリリース), イオン北海道, (2015年9月1日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_20150901.pdf 2017年5月19日閲覧。 
  10. ^ 新さっぽろ商業施設大規模リニューアルへ、「カテプリ」「サンピアザ専門店」「デュオ1、2」”. リアルエコノミー (2016年2月5日). 2017年5月19日閲覧。
  11. ^ a b “「イオンカテプリ新さっぽろ店」活性化計画について” (PDF) (プレスリリース), イオンモール, (2016年4月13日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/756/pdf.pdf 2017年5月19日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g “11月25日(金)「サンピアザ」「デュオ」「イオン新さっぽろ店」、12月16日(金)「カテプリ」第1期REBORN!オープン” (プレスリリース), 札幌副都心開発公社/イオンモール/イオン北海道, (2016年11月17日), http://www.arc-city.com/news_s2016/news_s161117reborn.pdf 2017年5月18日閲覧。 
  13. ^ a b c “「サンピアザ」「デュオ」「カテプリ」「イオン新さっぽろ店」、4月21日(金)第2期“REBORN!”” (プレスリリース), 札幌副都心開発公社/イオンモール/イオン北海道, (2017年4月14日), http://www.arc-city.com/news_s2016/news_s170414reborn2.pdf 2017年5月18日閲覧。 
  14. ^ 副都心地区—見所(サンピアザほか)”. 札幌市厚別区. 2017年5月20日閲覧。
  15. ^ a b 【ビデオ】新さっぽろアークシティSCが第1期リボーン 40周年に向け大型活性化”. リアルエコノミー (2016年11月28日). 2017年5月19日閲覧。
  16. ^ 新さっぽろサンピアザ・「紀伊國屋書店」と「無印良品」移転増床”. リアルエコノミー (2017年4月18日). 2017年5月20日閲覧。
  17. ^ 開店9カ月「プランタン」(札幌厚別)”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1983年3月18日). 2017年5月19日閲覧。
  18. ^ “新さっぽろ分離、別会社に”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社). (1983年11月3日) 
  19. ^ “プランタン新さっぽろ、北海道ダイエーが吸収”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社). (1985年4月25日) 
  20. ^ “札幌・大阪のプランタン、店名をカテプリに 3月から”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社). (2000年1月11日) 
  21. ^ 【ビデオ】「カテプリ」16日グランドオープン 新さっぽろ商業施設40周年控えてリボーン”. リアルエコノミー (2016年12月19日). 2017年5月19日閲覧。
  22. ^ 新さっぽろに「きたキッチン」4月21日誕生 店内調理の惣菜も販売”. リアルエコノミー (2017年4月16日). 2017年5月19日閲覧。
  23. ^ 新さっぽろ法律相談センター”. 札幌弁護士会. 2017年5月20日閲覧。
  24. ^ RADIO TXT”. BIPSC. 2017年5月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]