マックスバリュ北陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオングループ > マックスバリュ > マックスバリュ北陸
マックスバリュ北陸株式会社
MaxValu Hokuriku Co.,Ltd.
MaxValu.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 MV北陸
本社所在地 日本の旗 日本
920-8203
石川県金沢市鞍月4丁目133番地
KCビル8階
設立 2009年12月4日
業種 小売業
法人番号 9220001014415
事業内容 スーパーマーケット事業
代表者 代表取締役社長 師井昭造
資本金 100百万円
従業員数 1,052名
決算期 2月20日
主要株主 イオン 100%
外部リンク http://www.mv-hokuriku.co.jp/
テンプレートを表示

マックスバリュ北陸株式会社(マックスバリュほくりく)は、北陸地方イオングループスーパーマーケットを展開する企業である。

概要[編集]

イオンリテール総合小売業(GMS)に特化することに伴い、事業を再編し北陸地方におけるスーパーマーケット事業を地域密着での展開を目指して、2009年12月4日にイオン株式会社の完全子会社として「マックスバリュ北陸」を設立し、2010年2月21日にイオンリテールから石川県富山県新潟県糸魚川市の「マックスバリュ」9店舗を譲り受け、事業を開始した。

当時、新潟県の「マックスバリュ」は糸魚川店と胎内市の中条店の2店舗が出店していたが、中条店の運営業務は当社ではなく、イオンリテールが担っていた。さらに中条店は2011年3月1日、店舗ブランド変更により「イオン」となったため、以降、新潟県内の「マックスバリュ」は糸魚川店のみの展開となった(2013年7月19日マックスバリュ東北が自己破産となった同業他社から店舗を譲り受けて新店舗をオープンしており、同県にマックスバリュ運営会社2社がエリアを分けて運営する状態となるが2016年2月27日までに全ての店舗が営業を終了した。2016年3月1日付でマックスバリュ東北からイオンリテールに承継されており2016年3月15日~30日にイオンリテールが「イオン」に改装し営業を再開した)。

かつては北陸3県(富山・石川・福井)で展開されていた「ジャスコ(当時)」の傘下であった「北陸ジャスコ」があったが、こちらは2000年2月に親会社(イオン発足以前のジャスコ)に吸収合併されており現存しない。

沿革[編集]

  • 2009年12月4日 - イオン株式会社の完全子会社としてマックスバリュ北陸株式会社を設立。
  • 2010年2月21日 - イオンリテール株式会社から北陸地区(石川県・富山県・新潟県)の「マックスバリュ」9店舗を譲り受け、事業を開始。
  • 2012年8月25日 - 石川県金沢市に当社設立後初の新規店舗となる「マックスバリュ増泉店」がオープン[1]
  • 2014年8月6日 - 富山県黒部市に「マックスバリュ黒部コラーレ前店」がオープン[2]
  • 2014年11月15日 - 石川県野々市市にイオンタウン野々市の核店舗として、「マックスバリュ野々市店」がオープン[3]

店舗[編集]

現在、石川県富山県新潟県の3県のマックスバリュ12店舗を運営している。なお、金沢しめの店はイオンタウン金沢示野、野々市店はイオンタウン野々市の核店舗となっている。

出典[編集]

  1. ^ マックスバリュ増泉店オープン (PDF) - マックスバリュ北陸株式会社 ニュースリリース 2012年8月20日(2014年9月23日閲覧)
  2. ^ 8月6日(水)午前7時 マックスバリュ黒部コラーレ前店」オープン (PDF) - マックスバリュ北陸株式会社 ニュースリリース 2014年8月5日(2014年9月23日閲覧)
  3. ^ イオンタウン野々市 11月15日(月)午前9時グランドオープン (PDF) - イオンタウン株式会社・マックスバリュ北陸株式会社 2社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ北陸株式会社) 2014年11月4日(2014年12月19日閲覧)

外部リンク[編集]