イオンレイクタウン

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イオンレイクタウン
ÆON LakeTown
イオンレイクタウンkaze棟
(2008年10月18日撮影)
地図
地図上からMori、アウトレット、Kaze
店舗概要
所在地 埼玉県越谷市レイクタウン四丁目2番地2(kaze棟)
埼玉県越谷市レイクタウン三丁目1番地1(mori棟)
埼玉県越谷市レイクタウン四丁目1番地1(アウトレット棟)[1][2][3]
座標 北緯35度52分43秒 東経139度49分34秒 / 北緯35.87861度 東経139.82611度 / 35.87861; 139.82611 (イオンレイクタウン)座標: 北緯35度52分43秒 東経139度49分34秒 / 北緯35.87861度 東経139.82611度 / 35.87861; 139.82611 (イオンレイクタウン)
開業日 2008年(平成20年)10月2日[4]
正式名称 イオンレイクタウン[注 1]
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[5]
イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 総面積:340,000 m2
kaze棟:86,000 m2
mori棟:178,000m2
アウトレット棟:76,000m2
延床面積 393,916 m²
商業施設面積 総面積:183,000m2
kaze棟:61,000m2
mori棟:99,000m2
アウトレット棟:23,000m2
中核店舗 イオンスタイルレイクタウン
マルエツ越谷レイクタウン店[6]
店舗数 710店
営業時間 kaze
マルエツ/9:00 - 23:00
専門店街/10:00 - 22:00
レストラン街/10:00 - 23:00
イオンシネマ/9:00 - 23:00
TSUTAYA/10:00 - 23:00
プロント/7:30 - 23:00
ミニストップ/7:00 - 24:00
mori
ÆON STYLE/9:00 - 22:00
(1階は23:00まで)
専門店街/10:00 - 22:00
レストラン街/10:00 - 23:00
アウトレット/10:00 - 21:00
(一部店舗は21:30まで)
駐車台数 10,400台
外部リンク www.aeon-laketown.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示
イオンのソーラーパネル
レイクタウンアウトレット
kaze棟よりmori棟を望む

イオンレイクタウン(AEON LakeTown)は、埼玉県越谷市レイクタウン[7]にあるショッピングセンター(SC)である。管理運営者はイオンモール株式会社が行っている。

概要

JR武蔵野線越谷レイクタウン駅北口駅前に立地する。「kaze棟」「mori棟」「アウトレット棟」の3棟で構成される。デベロッパーイオンリテールイオンモールが共同で担当。当初は「kaze棟」はイオンモールが運営・管理し、それ以外(「mori棟」・「アウトレット棟」)は、イオンリテールが運営・管理していたが、2013年1月1日からは、イオンモールに一本化された。

2008年9月26日よりソフト(プレ)オープン、10月2日よりグランドオープン。kaze棟、mori棟を合わせると245,223m2の商業施設面積(店舗数は710)、10,400台の駐車場及び7,100台の駐輪場を備えた超巨大ショッピングモールである。3棟をそれぞれ3つのショッピングセンターとするとイオンモールの旗艦店であるイオンモール幕張新都心が国内で最大の店舗面積を誇るショッピングセンターになるが、3棟を合算して一つの商業施設とするとイオンレイクタウンが店舗面積で国内1位となる。

施設概要

沿革

越谷市の都市計画事業である「越谷レイクタウン地区計画」の一環として、田畑や湿地帯を造成して出来た広大な区画内に建設。当初の予定では越谷レイクタウン駅の開業に合わせ、2008年(平成20年)春のオープンを予定していたが、建築確認の手続き等の遅れにより、同年10月2日オープンへと変更されている。

  • 2007年(平成19年)
    • 5月 - 着工。
    • 6月 - 届出。
  • 2008年(平成20年)
    • 9月7日 - 「イオンふるさとの森づくり植樹祭」開催。
    • 9月26日10月1日 - 試験開業期間、全店舗ソフトオープン(10月1日までの営業時間:9時より)。
    • 10月2日 - 越谷市東町四丁目21番地1(kaze棟)、越谷市東町二丁目8番地(mori棟)[8][9]に正式開業[4](グランドオープン。グランドオープン期間:10月5日までの営業時間:9時より)。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 核店舗のひとつである「ジャスコレイクタウン店」が「イオンレイクタウン店」に店舗名を変更。
    • 4月29日 - 増床により3棟目の施設である「レイクタウンアウトレット」(Lake Town OUTLET)が、越谷市東町四丁目50番地にオープン[10]。イオン直営では初のアウトレットモールである。
    • 5月23日 - 日本で初めて、国際SC協会(ICSC)世界大会において「サステナブル デザイン アワード」最高賞を受賞[11]
    • 11月3日 - 核店舗のひとつである「越谷レイクタウンビブレ」が「ビブレジーン」に店舗名を変更しリニューアル[注 2]
  • 2014年
  • 2015年
    • 4月24日 - 2期に分けて行われる大規模リニューアルの一環として、新規出店193店舗・移転70店舗・改装89店舗の計352店舗を刷新して第1期リニューアルオープン。同時に、moriエリアの核店舗である「イオンレイクタウン店」も「イオンスタイルレイクタウン」に店舗名を変更しリニューアル[12]
    • 10月1日 - 終了した「ちさとーく」後継で放送開始された「向井地美音のみーおんたいむ」を引き続き提供。

ギャラリー

イオンレイクタウン全景 (レイクタウンアウトレット建設前)
イオンレイクタウン全景 (レイクタウンアウトレット建設前)

主なテナント

kazeエリア

レイクタウンゲート(駅前側)

核テナント

専門店

moriエリア

エフエムナックファイブThe Nutty Radio Show おに魂」木曜日のコーナー「中田ちさとのちさトーク」で中田ちさと本人が毎週1店に取材に入り、その様子は番組中で放送される[16]。2015年9月24日終了したが、代わって同年10月1日から始まった「向井地美音のみーおんたいむ」に引き継がれた[17]。やはり向井地(代理で佐々木優佳里が出演することもある)が毎週1店に取材に入り、コーナー中で紹介する。

核テナント

  • イオンスタイルレイクタウン - 開業時はジャスコレイクタウン店。店舗ブランドの統合に伴い、イオンレイクタウン店となった後、現名称に変更された。

専門店

別棟

Outlet棟

  • ユナイテッドアローズアウトレット

交通アクセス

自家用車

  • 国道4号東埼玉道路
    • 駐車場8,160台(kazeエリア 2,370台、moriエリア 5,790台)完備。最初の5時間無料、以降30分毎100円。シネマ利用者はさらに1時間無料。2009年(平成21年)5月2日より土曜・日曜・祝日は終日無料となった。すべてタイムズ24によって管理され[19]WAON決済にも対応している。
    • パーク&ライドキャンペーン」として、東武伊勢崎線およびJR武蔵野線沿線にある指定のタイムズ駐車場を利用し、駐車券もしくは駐車証明書と当日購入4,000円以上のレシートを所定のカウンターに提示すると、500円分のギフトカードを受け取ることが可能であったが、2012年(平成24年)9月20日をもって終了した。[20]

鉄道

来店当日に、SuicaPASMOなどのICカードを使って越谷レイクタウン駅まで鉄道を利用し、mori棟、kaze棟、アウトレット棟にそれぞれ設置してあるサービス端末に利用したICカードを読み込むことで、運賃に応じたグリーンスコアを貯めることができる。[21]

路線バス

無料シャトルバス

越谷レイクタウン駅 - イオンレイクタウンmori間を毎時2 - 3本運転。休日は13時までの運転となる。

近隣SC

脚注

注釈

  1. ^ 旧名称・仮称は「イオン越谷レイクタウンショッピングセンター」である。大規模小売店舗面積上位一覧(埼玉県) - 2012年7月28日閲覧
  2. ^ 同店舗はOPA→イオンモールに運営が移管された後、事実上当モールに吸収されて消滅している(ビブレ・OPA・イオンレイクタウンkazeの公式サイトから店名が削除された。ただし、イオングループの店舗一覧やイオンモールの店舗一覧には2024年現在も記載されている)。
  3. ^ moriにも系列店があり、イオンレイクタウン内にヴィレッジヴァンガード関連店舗は5店舗ある。

出典

  1. ^ 越谷市公式ホームページ:越谷レイクタウン特定土地区画整理事業が完了しました!
  2. ^ イオンレイクタウン アクセス
  3. ^ 越谷市 公営住宅等の入居について(参考出典)住居表示が施行されていない地域における「X丁目」に関しても、越谷市はXの表記に漢数字を用いていることがこのページより証明される。よって、イオンレイクタウンの住所は「埼玉県越谷市レイクタウン四丁目2番地2」「埼玉県越谷市レイクタウン三丁目1番地1」と表記するのが正しい。
  4. ^ a b “イオン、グループの連携強化へ 国内最大級SCレイクタウンの運営で”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年10月8日)
  5. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】 - 経済産業省 2012年12月11日閲覧
  6. ^ “マルエツ越谷レイクタウン店の挑戦 青果は循環型農産物、鮮魚は専門性、惣菜は出来たて”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年12月17日)
  7. ^ 越谷市公式ホームページ:越谷レイクタウン地区案内図 (PDF)
  8. ^ 越谷市ホームページ 住居表示によると「越谷市東町」は全域で住居表示を施行していない。
  9. ^ イオンレイクタウン アクセスによると、当施設の住所は地番となっている。
  10. ^ “イオン レイクタウンアウトレット 埼玉県・越谷レイクタウン内 専門店700店舗超”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2011年5月5日)
  11. ^ “イオンレイクタウン 日本初! サステナブルデザインアワード受賞”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年12月2日)
  12. ^ 「イオンレイクタウン」3館合計で約430店舗の大リニューアルを実施! 4月24日(金)AM9:00 第1期リニューアルオープン (PDF) - イオン・イオンリテール・イオンモール 3社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2015年3月18日(2015年5月15日閲覧)
  13. ^ “オープン情報=マルエツ「マルエツ越谷レイクタウン店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年9月24日)
  14. ^ “マルエツ「越谷レイクタウン店」、イオンRSCに初出店 鮮魚特化で広域客対応”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年10月15日)
  15. ^ ワイズロード - 日本最大級のスポーツサイクル専門店
  16. ^ おに魂のブログ:中田ちさとのちさトーク
  17. ^ おに魂のブログ:向井地美音のみーおんたいむ
  18. ^ “ペットシティの新店舗 「PECOS(ペコス)」10月2日(木)オープン イオンレイクタウン[MORI」内 埼玉県越谷市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年10月20日)
  19. ^ 駐車場管理受託の導入事例一覧 - タイムズ24株式会社(2012年1月23日閲覧)
  20. ^ AEON LakeTown 駐車場混雑状況のご案内 - タイムズ24株式会社(2013年1月14日閲覧)
  21. ^ グリーンスコアのご案内”. イオンリテール株式会社. 2021年6月20日閲覧。

関連項目

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

外部リンク