この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

イオンレイクタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオンレイクタウン
ÆON LakeTown
イオンレイクタウンkaze棟(2008年10月18日撮影)
イオンレイクタウンkaze棟
(2008年10月18日撮影)
店舗概要
正式名称 イオンレイクタウン[1]
所在地

埼玉県越谷市レイクタウン四丁目2番地2(kaze棟)
埼玉県越谷市レイクタウン三丁目1番地1(mori棟)
埼玉県越谷市レイクタウン四丁目1番地1(アウトレット棟)[2] [3]

[4]
座標 北緯35度52分43秒 東経139度49分34秒 / 北緯35.87861度 東経139.82611度 / 35.87861; 139.82611座標: 北緯35度52分43秒 東経139度49分34秒 / 北緯35.87861度 東経139.82611度 / 35.87861; 139.82611
開業日 2008年(平成20年)10月2日[5]
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[6]
イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 総面積:337,357 m2
kaze棟:83,572 m2
mori棟:178,061 m2
アウトレット棟:75,724 m²
延床面積 393,916 m²
商業施設面積 総面積:245,223 m2
kaze棟:80,736 m2
mori棟:137,747 m2
アウトレット棟:26,740 m²
中核店舗 イオンスタイルレイクタウン
ビブレジーン
マルエツ越谷レイクタウン店[7]
店舗数 710店
営業時間 kaze
専門店街/10:00 - 22:00
レストラン街/10:00 - 23:00
VIVRE GENE/10:00 - 22:00
マルエツ/9:00 - 23:00
イオンシネマ/9:00 - 23:00
TSUTAYA/10:00 - 23:00
プロント/7:30 - 23:00
ミニストップ/7:00 - 24:00
mori
ÆON STYLE/9:00 - 22:00
(1階は23:00まで)
専門店街/10:00 - 22:00
レストラン街/10:00 - 23:00
アウトレット/10:00 - 21:00
(一部店舗は21:30まで)
駐車台数 10,400台台
外部リンク 公式サイト
Aeonmall store logo.svg
イオンのソーラーパネル
レイクタウンアウトレット
kaze棟よりmori棟を望む

イオンレイクタウン(AEON LakeTown)は、埼玉県越谷市レイクタウン[8]にあるショッピングセンター(SC)である。管理運営者はイオンモール株式会社。

概要

JR武蔵野線越谷レイクタウン駅北口駅前に立地する。デベロッパーイオンリテールイオンモールが共同で担当。当初は「kaze棟」はイオンモールが運営・管理し、それ以外(「mori棟」・「アウトレット棟」)は、イオンリテールが運営・管理していたが、2013年平成25年)11月1日からは、イオンモールに一本化された。

2008年(平成20年)9月26日よりソフト(プレ)オープン、10月2日よりグランドオープン。245,223m2の商業施設面積(店舗数は710)と10,400台の駐車場及び7,100台の駐輪場を備えた施設で、それまで日本一であった千葉県船橋市ららぽーとTOKYO-BAY(店舗面積120,200m2)の2倍以上の面積となる、日本最大アジア有数の大規模SCである。

施設概要

  • 所在地
    • kaze棟:埼玉県越谷市レイクタウン四丁目2番地2(地図
    • mori棟:埼玉県越谷市レイクタウン三丁目1番地1(地図
    • アウトレット棟:埼玉県越谷市レイクタウン四丁目1番地1(地図
  • 運営管理:イオンモール(株)
  • 敷地面積:約337,000m2
  • 延床面積:約393,000m2
  • 店舗面積:約245,000m2
  • モール総延長:約1,090m(2F部分・kaze ⇔ moriを行き来出来るのは、2F連絡通路のみ)
  • 建物:地上3階建(地下なし)
  • 駐車場:約10,400台(kazeエリア、moriエリア、アウトレットエリア合計)
  • 駐輪場:約7,100台(自転車、オートバイ250cc以下)

沿革

越谷市の都市計画事業である「越谷レイクタウン地区計画」の一環として、田畑や湿地帯を造成して出来た広大な区画内に建設。当初の予定では越谷レイクタウン駅の開業に合わせ、2008年(平成20年)春のオープンを予定していたが、建築確認の手続き等の遅れにより、同年10月2日オープンへと変更されている。

  • 2007年(平成19年)
    • 5月 - 着工。
    • 6月 - 届出。
  • 2008年(平成20年)
    • 9月7日 - 「イオンふるさとの森づくり植樹祭」開催。
    • 9月26日10月1日 - 試験開業期間、全店舗ソフトオープン(10月1日までの営業時間:9時より)。
    • 10月2日 - 越谷市東町四丁目21番地1(kaze棟)、越谷市東町二丁目8番地(mori棟)[9][10]に正式開業[5](グランドオープン。グランドオープン期間:10月5日までの営業時間:9時より)。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 核店舗のひとつである「ジャスコレイクタウン店」が「イオンレイクタウン店」に店舗名を変更。
    • 4月29日 - 増床により3棟目の施設である「レイクタウンアウトレット」(Lake Town OUTLET)が、越谷市東町四丁目50番地にオープン[11]。イオン直営では初のアウトレットモールである。
    • 5月23日 - 日本で初めて、国際SC協会(ICSC)世界大会において「サステナブル デザイン アワード」最高賞を受賞[12]
    • 11月3日 - 核店舗のひとつである「越谷レイクタウンビブレ」が「ビブレジーン」に店舗名を変更しリニューアル。
  • 2014年
  • 2015年
    • 4月24日 - 2期に分けて行われる大規模リニューアルの一環として、新規出店193店舗・移転70店舗・改装89店舗の計352店舗を刷新して第1期リニューアルオープン。同時に、moriエリアの核店舗である「イオンレイクタウン店」も「イオンスタイルレイクタウン」に店舗名を変更しリニューアル[13]
    • 10月1日 - 終了した「ちさとーく」後継で放送開始された「向井地美音のみーおんたいむ」を引き続き提供。

ギャラリー

イオンレイクタウン全景 (レイクタウンアウトレット建設前)

主なテナント

kazeエリア

レイクタウンゲート(駅前側)

核テナント

  • ビブレジーン - 開業時は越谷レイクタウンビブレ。「ビブレジーン」業態では唯一OPAにより運営されている[14]
  • マルエツ(売場面積1,945m2[15]) - イオンと提携後初めてイオン系のSC内に出店する[16]ボンベルタ成田以来)。

専門店

moriエリア

エフエムナックファイブThe Nutty Radio Show おに魂」木曜日のコーナー「中田ちさとのちさトーク」で中田ちさと本人が毎週1店に取材に入り、その様子は番組中で放送される[19]。2015年9月24日終了したが、代わって同年10月1日から始まった「向井地美音のみーおんたいむ」に引き継がれた[20]。やはり向井地(代理で佐々木優佳里が出演することもある)が毎週1店に取材に入り、コーナー中で紹介する。

核テナント

  • イオンスタイルレイクタウン - 開業時はジャスコレイクタウン店。店舗ブランドの統合に伴い、イオンレイクタウン店となった後、現名称に変更された。

専門店

別棟

Outlet棟

  • ユナイテッドアローズアウトレット

交通アクセス

自家用車

  • 国道4号東埼玉道路
    • 駐車場8,160台(kazeエリア 2,370台、moriエリア 5,790台)完備。最初の5時間無料、以降30分毎100円。シネマ利用者はさらに1時間無料。2009年(平成21年)5月2日より土曜・日曜・祝日は終日無料となった。すべてタイムズ24によって管理され[22]WAON決済にも対応している。
    • パーク&ライドキャンペーン」として、東武伊勢崎線およびJR武蔵野線沿線にある指定のタイムズ駐車場を利用し、駐車券もしくは駐車証明書と当日購入4,000円以上のレシートを所定のカウンターに提示すると、500円分のギフトカードを受け取ることが可能であったが、2012年(平成24年)9月20日をもって終了した。[23]

鉄道

路線バス

近隣SC

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 旧名称・仮称は「イオン越谷レイクタウンショッピングセンター」である。大規模小売店舗面積上位一覧(埼玉県) - 2012年7月28日閲覧
  2. ^ 越谷市公式ホームページ:越谷レイクタウン特定土地区画整理事業が完了しました!
  3. ^ イオンレイクタウン アクセス
  4. ^ 越谷市 公営住宅等の入居について(参考出典)住居表示が施行されていない地域における「X丁目」に関しても、越谷市はXの表記に漢数字を用いていることがこのページより証明される。よって、イオンレイクタウンの住所は「埼玉県越谷市レイクタウン四丁目2番地2」「埼玉県越谷市レイクタウン三丁目1番地1」と表記するのが正しい。
  5. ^ a b “イオン、グループの連携強化へ 国内最大級SCレイクタウンの運営で”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年10月8日)
  6. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】 - 経済産業省 2012年12月11日閲覧
  7. ^ “マルエツ越谷レイクタウン店の挑戦 青果は循環型農産物、鮮魚は専門性、惣菜は出来たて”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年12月17日)
  8. ^ 越谷市公式ホームページ:越谷レイクタウン地区案内図 (PDF)
  9. ^ 越谷市ホームページ 住居表示によると「越谷市東町」は全域で住居表示を施行していない。
  10. ^ イオンレイクタウン アクセスによると、当施設の住所は地番となっている。
  11. ^ “イオン レイクタウンアウトレット 埼玉県・越谷レイクタウン内 専門店700店舗超”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2011年5月5日)
  12. ^ “イオンレイクタウン 日本初! サステナブルデザインアワード受賞”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年12月2日)
  13. ^ 「イオンレイクタウン」3館合計で約430店舗の大リニューアルを実施! 4月24日(金)AM9:00 第1期リニューアルオープン (PDF) - イオン・イオンリテール・イオンモール 3社連名によるリリース(配信元:イオン株式会社) 2015年3月18日(2015年5月15日閲覧)
  14. ^ その他の「ビブレジーン」店舗はイオンリテール(旧:マイカル)による運営。
  15. ^ “オープン情報=マルエツ「マルエツ越谷レイクタウン店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年9月24日)
  16. ^ “マルエツ「越谷レイクタウン店」、イオンRSCに初出店 鮮魚特化で広域客対応”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年10月15日)
  17. ^ ワイズロード - 日本最大級のスポーツサイクル専門店
  18. ^ moriにも系列店があり、イオンレイクタウン内にヴィレッジヴァンガード関連店舗は5店舗ある。
  19. ^ おに魂のブログ:中田ちさとのちさトーク
  20. ^ おに魂のブログ:向井地美音のみーおんたいむ
  21. ^ “ペットシティの新店舗 「PECOS(ペコス)」10月2日(木)オープン イオンレイクタウン[MORI」内 埼玉県越谷市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年10月20日)
  22. ^ 駐車場管理受託の導入事例一覧 - タイムズ24株式会社(2012年1月23日閲覧)
  23. ^ AEON LakeTown 駐車場混雑状況のご案内 - タイムズ24株式会社(2013年1月14日閲覧)

関連項目

外部リンク