イオンタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イオンタウン英語: AEON TOWN)は、イオングループのショッピングセンターのブランド名である。

なお、本記事では、本ブランドのショッピングセンターを運営する、イオングループの商業ディベロッパー企業である「イオンタウン株式会社英語: AEON TOWN Co., Ltd.、旧社名「ロック開発」)」についても併記する。

店舗ブランドとしてのイオンタウン[編集]

イオンタウンは、イオングループの都市近郊や郊外地域で展開する「ネイバーフッド型ショッピングセンター(以下NSC)」のブランドである。基本的には核店舗とモール専門店街を一体化した重層建築物ではなく、平屋型もしくは低層型の独立型建築物を複数配置し、その中央に平面駐車場を配置したものを指す。

運営企業は、核店舗となるスーパーマーケットディスカウントストアの運営企業(イオンリテールをはじめとするマックスバリュ運営企業・イオンビッグなど)が運営するもの、専門ディベロッパのイオンタウンが運営するものの二つに区分される。

なお、NSCであっても、イオンタウンという名称を名乗っていないもの(例:パワーシティ四日市。現在はイオンタウン四日市泊)もある。さらに、NSCとモール型ショッピングセンターを組み合わせたもの(例:旧ダイヤモンドシテイ・ワンダーシティ→イオンモール名古屋ワンダーシティ)がある。このうち、イオンリテール・イオンビッグ運営で「イオンタウン」を名乗っていなかったNSC39ヶ所(イオンリテール運営33ヶ所、イオンビッグ運営6ヶ所)については、2011年11月21日付で「イオンタウン」に名称変更され[1]、同時に名称変更されたNSCと既に「イオンタウン」を名乗っているNSCの計62ヶ所は吸収分割によりイオンリテールからイオンタウン株式会社へ移管された[2]。ただし、一部のイオンタウンショッピングセンターは、イオンタウン株式会社へ移管され「ショッピングセンター」の名称をなくすという措置が行われていない(例:イオンタウン太閤ショッピングセンター)。

イオンタウン発足後、他のマックスバリュ運営店舗のNSCについての動向の発表はなかったが、2012年7月23日マックスバリュ東北が運営するNSC3ヶ所をイオンタウン株式会社へ譲渡することを発表し[3]、同年9月1日に正式にイオンタウン株式会社へ譲渡された。

店舗例

企業としてのイオンタウン[編集]

イオンタウン株式会社
AEONTOWN Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 101-0026
千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
設立 1992年6月1日
(ロック開発株式会社)
業種 不動産業
事業内容 ショッピングセンタースーパーマーケット等の各種店舗の企画開発、建設管理運営及びコンサルタント
代表者 代表取締役社長 大門淳
資本金 1億円
従業員数 130名(2011年2月末)
決算期 2月
主要株主 イオン株式会社100%
外部リンク http://www.aeontown.co.jp/
特記事項:2011年9月1日付けで「ロック開発株式会社」から社名変更
宅地建物取引業者免許番号 国土交通大臣(1)第7323号
テンプレートを表示

法人としての「イオンタウン株式会社」はイオンタウンを専門に展開するディベロッパ企業である。元々は大和ハウス工業イオン株式会社の合弁企業であった「ロック開発株式会社」であったが、2011年9月1日より、大和ハウスの株式をイオンが取得する形でイオンの100%子会社となり、商号変更している。イオンとしては、今後NSC業態の強化の一環としての資本構成と商号の変更を行ったと説明している[4][5]

なお、旧ロック開発が運営するSCで、独立した建物が並ぶオープンモール型SC・平屋の連接建築物に展開されるオープンエアモール型SCは「ロックタウン」、重層建築物に展開されるクローズドモール型は「ロックシティ」と名乗っていたが、2011年9月以降はこれらは「イオンタウン」に統一された。2011年9月中に、各ショッピングセンターの電光立体看板は取り替えられており、店舗入り口の板状の看板や路上にある広告看板は、イオンタウンのシールを上貼りする形で変更が完了している。

なお、2011年9月以前の沿革と概要はロック開発の記事を参照されたい。

沿革[編集]

SC一覧[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します (PDF) - イオン株式会社 ニュースリリース 2011年10月27日(2011年10月28日閲覧)
  2. ^ a b 当社子会社間における事業の吸収分割の実施に関するお知らせ (PDF) - イオン株式会社 ニュースリリース 2011年11月21日
  3. ^ 固定資産の譲渡に関するお知らせ (PDF) - マックスバリュ東北株式会社 ニュースリリース 2012年7月23日(2012年8月23日)
  4. ^ ロック開発株式会社の子会社化についてのお知らせ (PDF) - イオン株式会社 ニュースリリース 2011年8月31日
  5. ^ 社名変更並びに事務所移転予定のご案内 (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2011年9月1日(2012年3月10日閲覧)
  6. ^ 青森市浜田「アプレ103」土地・建物購入について (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2011年12月21日(2012年1月30日閲覧)
  7. ^ 地域ディベロッパー2社の吸収合併について (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2012年4月1日(2012年4月21日閲覧)
  8. ^ マックスバリュ東北保有3SC譲受について (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2012年7月23日(2012年8月23日)
  9. ^ 「イオン美濃店」譲受について (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2012年11月1日(2013年2月2日)
  10. ^ イオンタウン株式会社の第1号店が誕生 11/23(金・祝)「イオンタウン南城大里」グランドオープン (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2012年11月23日(2013年2月2日)
  11. ^ イオンの次世代型エコストア「スマートイオン」第2号店 4月12日(金)AM7:00「イオンタウン新船橋」グランドオープン (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2013年4月4日(2013年7月23日)
  12. ^ 地元のご要望にお応えして7年ぶりに新しい姿で誕生! 3月7日(金)午前9時「イオンタウン長野三輪」グランドオープン (PDF) - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2014年3月6日(2014年3月7日)
  13. ^ イオンタウン黒崎 9月13日(土)午前9時グランドオープン (PDF) - イオンタウン・マックスバリュ九州 2社連名によるリリース(配信元:イオンタウン株式会社) 2014年9月3日(2014年9月23日閲覧)
  14. ^ 10月24日(土)午前9時イオンタウン宇多津グランドオープン - イオンタウン株式会社 ニュースリリース 2015年9月15日(2015年10月31日閲覧)
  15. ^ イオンニュースリリース 11/19(木)イオンタウン成田富里グランドオープン
  16. ^ ジャスコ成田店閉店後は、店舗建屋が解体された後に、一度コインパーキングとして整備された経緯がある。なお、同じ成田市内にはイオンモール成田も存在している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]