ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ツルハグループ ドラッグ&ファーマシー西日本
TSURUHA GROUP DRUG & PHARMACY NISHINIHON INC.
WANTS 20160816.JPG
本社
ウォンツ井口明神店に併設している
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
733-0841
広島県広島市西区井口明神1丁目1-10[1]
設立 2015年8月16日[1]
業種 小売業
法人番号 9240001021698
事業内容 医薬品・健康食品・化粧品・日用雑貨・ベビー用品小売、処方箋による調剤業務
代表者 代表取締役会長 木嶋敬介
代表取締役社長 村上正一
資本金 2億8,750万円[1]
売上高 915億4,676万円
(2017年5月15日時点)[1]
従業員数 3,095名
(2017年10月時点)[1]
外部リンク http://www.tsuruha-hd.co.jp/drag_and_pharmacy_west/
特記事項:2015年にハーティウォンツから改称
テンプレートを表示
株式会社ハーティウォンツ
(事業統合前)
HEARTY WANTS Co.,Ltd.
HEARTY WANTS headquarters 20140406.JPG
ハーティウォンツ時代の本社
1階は店舗・中層階は立体駐車場・高層階はオフィスになっていた
種類 株式会社
略称 ウォンツ
本社所在地 日本の旗 日本
730-0013
広島県広島市中区八丁堀11-8
設立 1995年4月
業種 小売業
法人番号 9240001021698
事業内容 医薬品・健康食品・化粧品・日用雑貨・ベビー用品小売、処方箋による調剤業務
代表者 代表取締役社長 木嶋敬介
資本金 2億8,750万円
発行済株式総数 30,000株
(2015年2月25日現在)
売上高 540億4,475万円
(2014年3月期)
従業員数 1,565名
(パート・アルバイトを含む、2015年4月現在)
主要株主 株式会社ツルハホールディングス:100%
(2015年2月25日現在)
外部リンク http://www.wants.co.jp/
特記事項:2015年の事業統合前のデータ
テンプレートを表示
ウォンツ吉島店

株式会社ツルハグループ ドラッグ&ファーマシー西日本TSURUHA GROUP DRUG & PHARMACY NISHINIHON INC.)は広島県広島市西区に本社を置くドラッグストアチェーンツルハホールディングスの完全子会社。

広島県を中心とした中国地方に展開するドラッグストア「Wants(ウォンツ)」と調剤薬局「ウォンツ薬局」(旧・ハーティウォンツ担当)、山陰地方を中心に展開するドラッグストア「ドラッグストアウェルネス」と調剤薬局「ウェルネス薬局」(旧・ウェルネス湖北担当)、九州地方に展開するドラッグストア「ツルハドラッグ」(旧・ハーティウォンツ担当)を運営する。

本項目では、前身企業の一つである株式会社ハーティウォンツについても述べる。

概要[編集]

ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、2015年8月16日にツルハホールディングス中国地方のグループ組織再編により、株式会社ハーティウォンツを存続会社として、株式会社ウェルネス湖北を吸収合併させた上で法人名を株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本と改称した[2][3]

前身企業2社の運営していたドラッグストアと調剤薬局の屋号はそのまま引き継がれた。その後、「ウォンツ」および「ドラッグストアウェルネス」が重複していた島根県では、いずれか一方に屋号の統一が行われ[4]2018年2月16日九州地方の旧ウォンツ店舗は「ツルハドラッグ」に変更された。また、岡山県に出店していた全ての店舗は、同じツルハグループの愛媛県に本社があるレデイ薬局の店舗になっている。

ハーティウォンツ時代[編集]

1958年に前身となる道下薬局を広島県で開業したのが始まり。主に広島県を中心に中国地方でドラッグストア・調剤薬局を展開した。1995年に法人として株式会社ハーティウォンツが設立された。

2001年に十社会に加盟するが、2003年にジップ・ホールディングス(後のジップドラッグ、法人としてはココカラファインヘルスケア)と共に共同出資でプライベートブランド開発を目的とした株式会社ジップウォンツを設立して十社会を脱退。

2013年にツルハホールディングスがハーティウォンツ株を56%取得し子会社化された[5]。ツルハHD傘下になるまではボランタリー・チェーンオールジャパンドラッグに加盟しており、グレートアンドグランドプライベートブランドを取り扱っていた。ツルハ傘下になって以降は、オールジャパンドラッグから脱退しハピコムに加盟することになり、「ハピコム」のほか「M's one(エムズワン)」、「トップバリュ」などのプライベートブランドを扱うようになった。

ハーティウォンツ時代から使われている屋号の「Wants」とは「欲しい物がある」という意味に加えて、お客様との暖かい交流、心と心の触れ合いも求めている店という意味合いを持たせている。

沿革[編集]

  • 1958年 - 前身の道下薬局を広島市翠町に創業。
  • 1978年 - Wants1号店である光町店開店。
  • 1995年4月 - 株式会社ハーティウオンツ設立。
  • 2001年 - 任意団体十社会の設立に加わる。
  • 2003年2月 - 株式会社ジップ・ホールディングス(後の株式会社ジップドラッグ、現在の株式会社ココカラファインヘルスケア)との共同出資により、プライベートブランド商品の開発を目的として株式会社ジップウォンツを設立。十社会を脱退。
  • 2013年12月 - ツルハホールディングスが同社株式の56%を取得して子会社化[5]。店名は変更せず「Wants」ブランドを維持する方針である[6]
  • 2014年9月 - イオンタウン黒崎店開店により、九州地区に進出。
  • 2015年8月16日 - ウェルネス湖北吸収合併。会社名を「ツルハグループ ドラッグ&ファーマシー西日本」に変更[7]。店舗名は「ウォンツ」および「ドラッグストアウェルネス」を継続[8]
  • 2016年1月25日 - 本社移転[9]
  • 2018年2月16日 - 九州地区の「ウォンツ」を「ツルハドラッグ」に変更。

店舗[編集]

最新の店舗は店舗・チラシ検索にて検索可能

ウォンツ[編集]

ドラッグストア「Wants」、調剤薬局「ウォンツ薬局」は旧ハーティウォンツから引き継いだ屋号。

ポイントカードは「ウォンツポイントカード」。ツルハグループ各店で使用ができる。

ドラッグストアウェルネス[編集]

ドラッグストア「ドラッグストアウェルネス」、調剤薬局「ウェルネス薬局」は旧ウェルネス湖北から引き継いだ屋号。

ポイントカードは「ウェルネスポイントカード」。ツルハグループ各店で使用ができる。

ツルハドラッグ[編集]

ドラッグストア「ツルハドラッグ」は2018年2月16日に九州地方の旧ウォンツ店舗から変更した屋号。

ポイントカードは「ツルハポイントカード」。ツルハグループ各店で使用ができる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 会社組織・概要|株式会社ツルハグループ ドラッグ&ファーマシー西日本
  2. ^ “ツルハHD、西日本の子会社2社を合併”. 日本経済新聞. (2015年6月8日). http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXLASDZ08IJI_08062015TJC000 2015年6月9日閲覧。 
  3. ^ “ツルハグループ中国地区の組織再編に伴う連結子会社間の合併と合併後の存続会社の社名変更に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ツルハホールディングス, (2015年6月8日), http://www.tsuruha-hd.co.jp/dl.php?id=1219 2015年6月9日閲覧。 
  4. ^ 島根県のうち、松江市出雲市大田市安来市江津市雲南市奥出雲町川本町隠岐の島町の店舗は「ドラッグストアウェルネス」に、浜田市益田市吉賀町の店舗は「ウォンツ」に、それぞれ屋号を統一した。
  5. ^ a b 株式会社ハーティウォンツの株式の取得に関するお知らせ - ツルハホールディングス・2013年11月21日
  6. ^ ツルハHD、広島の同業を買収へ ドラッグ店3位に浮上 - 日本経済新聞・2013年11月21日
  7. ^ ドラッグストアのツルハ、子会社2社を再編 - 産経ニュース 2015年6月8日
  8. ^ ツルハHD、西日本の子会社2社を合併 - 日本経済新聞 2015年6月8日
  9. ^ ㈱ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本 本社移転のお知らせ - ツルハホールディングス 2016年1月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]