ジョイ (スーパーマーケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオングループ > マックスバリュ北海道 > ジョイ (スーパーマーケット)
株式会社ジョイ
Joy Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
札幌市中央区北8条西21丁目1-10
設立 2004年7月30日
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケット
代表者 代表取締役社長 松長正三
資本金 90百万円(2007年3月)
総資産 4,895百万円(2007年3月)
従業員数 226名(2007年3月)
決算期 3月31日
主要株主 イオン 100%
関係する人物 茶山政明
特記事項:エスシーエム興産の流通事業を会社分割後、株式をイオングループに譲渡。2008年4月にマックスバリュ北海道に吸収合併。
データは2008年の合併前のデータ
テンプレートを表示
ジョイ稲穂店(札幌市手稲区)

ジョイ(Joy)は、かつて北海道札幌市に本社のあったスーパーマーケットのチェーン展開をしていた企業である。札幌市を中心に「スーパーJoy」を約20店舗展開の他、ディスカウント形態の「プライスマート」などを出店。2008年4月にマックスバリュ北海道へ吸収合併された。同社で使用されていた店舗ブランドはそのままマックスバリュ北海道で使用された。

ここでは、法人としてのジョイについて述べている。合併後のブランドとしてのジョイについてはマックスバリュ北海道を参照。

概要[編集]

住友石炭鉱業の居住区(坑員住宅)購買に携わっていた、不動産業の日本商事[注 1]がルーツ。住石の採炭事業の合理化で、住石本体から赤平市の赤平砿業所(赤平炭砿)が分離され「住友石炭赤平炭砿株式会社」が設立された際に屋号を「ニッショウ」と定めた。

1979年10月に日本商事は住石と合併し、1994年の赤平炭砿閉山に伴い住友石炭赤平炭砿も解散、再び住石の一部門となる。このころ、ニッショウ旧本店(位置は北海道中央バス「住友栄町」停留所前の国道38号線信号、旧赤平自動車学校右隣・旧赤平住友小学校付近)から旧市民球場跡地に移転、屋号を「ニッショウマート」と改称した。

2002年10月に会社分割により、住石からスーパーマーケット事業が不動産事業などとともに株式会社エスシーエム興産へ分社。しかし、同業他社との競合により売り上げが悪化していたこともあり、2004年7月にエスシーエム興産からスーパーマーケット事業を単体で株式会社ジョイとして分社し全店舗の営業を譲渡。このとき、イオングループ入りとなった。なお、エスシーエム興産は同年9月にジー・ジー・シーへ経営譲渡され、2005年2月28日に民事再生法を申請した。

2006年9月、菱栄商事(本社・滝川市、同年に特別清算)がスーパー事業を撤退するに伴って、空知地区を中心に展開していた「りょーゆー」の一部店舗を買収。このとき営業を引き継いだのは滝川市の栄町店(ジョイ滝川栄町店)、西町店(ジョイ滝川西町店)、朝日町店(ジョイ朝日町店)、滝の川店(ジョイ滝の川店)、芦別市の本町店(ジョイ芦別店)の5店舗で、すべて「ジョイ」へ転換した。

2008年2月、マックスバリュ北海道と合併契約書を締結し、4月1日にマックスバリュ北海道に吸収合併された[1]。合併時、ジョイとして展開していた店舗ブランドはJoy(ジョイ)、プライスマートセリオニッショウマートの4つで、そのまま営業が継続された。

なお、山形県が拠点のホームセンターである「ジョイ」は、同じイオングループの企業(2015年9月の吸収合併により、現在は株式会社サンデーが運営)だが、直接の関係はない。イオンのお客さまサイトでは、スーパーマーケットを指す場合は「ジョイ」、ホームセンターを指す場合は「ジョイ(ホームセンター)」とすることで区別している。

店舗[編集]

合併時(2008年4月)の店舗は次の通り。その後の閉店や転換についても付記する。

  • ジョイ - 13店舗
    • 西町店(札幌市西区) - 2013年6月20日に「マックスバリュ エクスプレス 発寒南駅前店」へ転換[2]
    • 前田店(札幌市手稲区) - 2012年3月24日に「ザ・ビッグ エクスプレス 前田店」へ転換[3]
    • 稲穂店(札幌市手稲区)
    • 新川店(札幌市北区) - 2013年6月30日閉店
    • モエレ店(札幌市東区) - 2011年3月11日に「ザ・ビッグ エクスプレス モエレ店」へ転換
    • 栄町店(札幌市東区、栄町ショッピングセンター内) - 2010年6月4日に「ザ・ビッグ エクスプレス 栄町店」へ転換
    • 白石店(札幌市白石区、NBSショッピングセンター内) - 2013年7月5日に「マックスバリュ 北郷店」へ転換[4]
    • 東月寒店(札幌市豊平区) - 2017年7月31日閉店[5]
    • 倶知安店(倶知安町) - 2012年8月31日閉店[注 2][6]
    • 滝川西町店(滝川市) - 2012年10月28日閉店。「りょーゆー西町店」からの転換店舗。
    • 滝川栄町店(滝川市) - 2016年1月31日閉店[7]。「りょーゆー栄町店」からの転換店舗。
    • 朝日町店(滝川市) - 「りょーゆー朝日町店」からの転換店舗。
    • 芦別店(芦別市) - 「りょーゆー本町店」からの転換店舗。
  • プライスマート - 2店舗
    • 苗穂店(札幌市東区)
    • 平岸店(札幌市豊平区) - 2010年2月6日に「ザ・ビッグ エクスプレス 平岸店」へ転換[注 3]
  • セリオ - 2店舗
  • ニッショウマート - 1店舗
    • あかびら店(赤平市) - 2009年2月10日に「マックスバリュ 赤平店」に転換[8]
ジョイ前田店(2011年8月)
ジョイ西町店(2012年4月)

閉店した店舗[編集]

マックスバリュ北海道合併以前に閉店した店舗について記述する。

  • ジョイ
    • 東八軒店(札幌市西区) - 店舗跡地は宅地化された。
    • 西野店(札幌市西区) - 閉店後は「文教堂書店西野3条店」が入居。
    • 発寒中央店(札幌市西区) - 2008年1月30日閉店。同年12月に店舗が解体される。
    • 発寒西店(札幌市西区) - 発寒6条13丁目に所在。店舗跡地はマンションとなった。
    • 北新川店(札幌市北区)
    • 屯田アカシヤ店(札幌市北区)
    • 東札幌店(札幌市白石区) - 東札幌2条4丁目に所在する「丸亀ビル」に入居していた。閉店後は日立コンシューマ・マーケティング北海道支社が入居。
    • 南郷通店(札幌市白石区)
    • 北白石店(札幌市白石区) - 閉店後は「りんごハウス北郷店」→「卸売スーパー北郷店」が入居。
    • 平和通り店(札幌市白石区)
    • 北郷店(札幌市白石区)
    • 白石店(札幌市白石区) - 2013年に「マックスバリュ北郷店」に転換したジョイ白石店とは別。
    • 厚別店(札幌市厚別区) - 2007年9月30日閉店。
    • 厚別南店(札幌市厚別区)
    • 月寒店(札幌市豊平区)
    • 大麻店(江別市) - 2008年1月20日閉店。閉店後は「ラルズマート大麻銀座店」→ディスカウントストアトライアル大麻店が入居。
    • 滝の川店(滝川市) - 2007年9月30日閉店。「りょーゆー滝の川店」からの転換店舗。転換後、約1年で閉店した。
  • ベンリーマート(札幌市中央区) - コンビニエンスストア型の店舗。
  • ニッショウニッショウマート時代 - 「ストア」が付く店舗と売店はニッショウ時代の店舗
    • 赤平ストア(赤平市) - 住友石炭赤平炭砿運営時代に「本店」と呼ばれた。赤平市立赤平住友小学校(2014年閉校)付近にあった。「ニッショウマート」(現在の「マックスバリュ赤平店」)に移転開店するのに伴い閉店した。
    • 山手ストア、緑町ストア、春光台ストア、本町ストア、福住ストア、日の出ストア、朝日町ストア- 赤平市字赤平の通称住友地区に展開していた店舗群。
    • 平岸ストア、美園店(赤平炭鉱閉山後に開店した店舗) - 赤平市内で住友地区以外に展開した店舗。
    • 上歌ストア(上歌志内)、歌志内ストア(歌志内市中村)、高台ストア(文珠高台) - 歌志内市に展開していた店舗群。住友歌志内炭鉱の購買店で閉山後もしばらく営業していた。
    • 砂川店(砂川市) - 赤平炭鉱閉山後に展開した店舗。
    • 病院売店(赤平炭砿病院の売店、病院売店にもかかわらずチラシ特価を実施していた)、坑口売店 - 赤平砿業所敷地内にあった売店。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 医薬品卸・製薬事業日本商事(現在のアルフレッサ ファーマ及びアルフレッサ)とは無関係である。
  2. ^ 店名が同じマックスバリュ倶知安店との混同を防ぐため、お客さまサイトやマックスバリュ北海道の店舗案内では「ジョイ倶知安店」と表記されていた。
  3. ^ 店名が同じマックスバリュ平岸店との混同を防ぐため、イオンのお客さまサイトやマックスバリュ北海道の店舗案内では「プライスマート平岸店」と表記される。「ザ・ビッグ エクスプレス」へ屋号変更後も同じように表記される。

出典[編集]

外部リンク[編集]

  • 各駅第2倉庫トップページ
    • トップページ>中央2号館>S53-5-1滝川2>表面 に、赤平日本商事株式会社当時の広告有
    • トップページ>中央5号館>H1-4-10滝川>表面1 に、ショッピングセンターニッショウの当時の広告 砂川店の記載有
    • トップページ>中央5号館>H2-4-10芦別>表面2 に、ショッピングセンターニッショウの当時の広告 美園店の記載有
    • トップページ>中央2号館>S53-5-1滝川1>表面 に、株式会社菱友 りょうゆ〜ストア当時の広告有
    • トップページ>中央7号館>H10-12-1滝川>表面 に、菱栄商事株式会社 食品事業本部りょうゆ〜ストア当時の広告有