伊勢甚ジャスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊勢甚ジャスコ株式会社(いせじんジャスコ)は、茨城県および栃木県で「伊勢甚ジャスコ」を運営していたジャスコグループ(後のイオングループ)のスーパーマーケット事業の地域事業会社。

概要[編集]

伊勢甚グループ時代の1963年にスーパーマーケットのジンマート下市店(水戸市)を開店したことが始まりである。後にスーパーマーケット事業は会社分割により子会社化された。

1977年に株式会社伊勢甚本社がグループの百貨店事業(株式会社伊勢甚百貨店、株式会社日立伊勢甚)およびスーパーマーケット事業(株式会社ジンマート)をジャスコ株式会社に合併される形で事業譲渡。そのうえで、スーパーマーケット事業を伊勢甚チェーンとして会社分割したことを始まりとする。この時点よりジャスコグループ(後のイオングループ)の傘下で、伊勢甚グループとは資本関係が解消している[注釈 1]

1987年8月21日、商号を伊勢甚ジャスコ株式会社へ改称。屋号についても商号と共に変遷した。

1994年に大型店をジャスコ株式会社(茨城事業部)、小型店を茨城ウェルマート株式会社(1985年12月に設立され、後に事業をジャスコへ譲渡)へ事業譲渡した。

沿革[編集]

  • 1963年9月22日 - 株式会社伊勢甚本社のスーパーマーケットとしてジンマート下市店(水戸市)が開店。後に子会社(株式会社ジンマート)を設立し、伊勢甚グループのスーパーマーケット事業の運営会社とする。
  • 1977年8月21日 - 伊勢甚グループの小売事業会社(株式会社伊勢甚百貨店、株式会社日立伊勢甚、株式会社ジンマート)がジャスコ株式会社と合併し、伊勢甚グループからジャスコへ事業譲渡。同地域のスーパーマーケット事業運営会社として伊勢甚チェーンが設立され、屋号を「伊勢甚チェーン」とする。
  • 1987年8月21日 - 商号を伊勢甚ジャスコ株式会社へ改称。屋号を「ジャスコ(伊勢甚ジャスコ)」とする。
  • 1994年8月21日 - 大型店をジャスコ株式会社、小型店を茨城ウェルマート株式会社へ事業譲渡し、伊勢甚ジャスコとしての営業を終了する。

店舗[編集]

伊勢甚グループ時代のスーパーマーケットは「ジンマート」であったが、ジャスコグループになってからは商号と同じ「伊勢甚チェーン」、後に「伊勢甚ジャスコ」を屋号とした。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、店舗の土地建物は伊勢甚グループの所有するものがあり、賃借関係はあった。

出典[編集]