マイカルタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイカル > マイカルタウン

マイカルタウンMYCAL TOWN)とは、株式会社マイカルが開発・運営していた大規模ショッピングモール

マイカルが、アメリカの大型ショッピングセンターを範とし、マイカルの理念である「いつも若々しく快適で健康な生活」を体現できるショッピングセンターを横浜市本牧に計画し、1989年にマイカル本牧を開業したのが始まりである。

概要[編集]

サティビブレを核店舗とし、シネマコンプレックスワーナー・マイカル・シネマズ)、スポーツクラブ(ピープル)、フードテーマパークなどを併設した大規模ショッピングモールである。他社のショッピングセンターに比べ、核店舗部分の面積比率が大きく取られている。ただし、マイカル本牧、マイカル近江八幡はサティのみ出店していた。

マイカル茨木、マイカル小樽以外の施設は、建物を複数の棟に分け通路でつなぐ形態を採っており、各棟に「○番街」と数字が振られている。全ての施設で「4番街・9番街」は忌み番として欠番になっている。

2011年3月1日にマイカルがイオンリテール株式会社に吸収合併されたことに伴い「マイカル○○」の名称は廃止され、「イオン○○ショッピングセンター」に名称が変更された(マイカル本牧のみ「イオン本牧」に変更)。なお同日「サティ」も「ジャスコ」と統合され、店舗ブランド名が「イオン」に変更された。その後、イオン本牧以外は管理・運営が2013年11月1日イオンモール株式会社に移管された。

2011年2月末まで営業されていた店舗[編集]

マイカル茨木

閉鎖した店舗[編集]

  • マイカル小樽(小樽市。現:ウイングベイ小樽
    • 管理・運営はマイカル関連会社の小樽ベイシティ開発。規模・投資額ともにマイカルタウンの中で最大。当時は日本国内最大級の複合商業施設であった。
    • ダックビブレ(後にマイカルに営業譲渡)が出店したビブレは撤退して「SE-B」に、マイカル北海道が出店した小樽サティはポスフールに変更された。
    • マイカル破綻後、ウイングベイ小樽に名称変更。6番街の小樽サティ(ポスフールを経て、現:イオン小樽店)、2番街のワーナー・マイカル・シネマズ小樽(現・イオンシネマ小樽)は営業継続。
  • マイカル大連(中国大連市。現:麦凱楽大連商場)
    • 海外店舗。マイカル破綻後、大連市最大の商業会社・大商グループに売却され「麦凱楽(MYKAL)大連商場」として営業する。

計画されていた店舗[編集]

  • マイカル帯広(帯広市
    • 1990年代初頭にニチイ帯広店(現:イオン帯広店)隣接地に計画されていた複合施設。ホテルやスポーツクラブ、高級ブティック街、川が流れるアトリウムなどを備える予定だった。
  • マイカル盛岡(盛岡市
    • 東北地方最大の店舗として、シネマコンプレックスや専門店街を設置して出店予定であったが、マイカルの経営破綻により計画が白紙化。マイカル盛岡予定地にはイオンモール盛岡が出店した。のちにサティが核テナントとして出店することとなった。イオン盛岡南ショッピングセンターの出店式典において岡田卓也名誉会長がこの件について述べている。
  • 浦和市(現:さいたま市)の浦和駅東口駅前地区第二種市街地再開発事業(現:ストリームビル)の核テナントとして、1997年10月にマイカルが一般競争入札で落札。しかしマイカル破綻により2001年10月に出店計画が撤回され、再開発事業が3年ほど停滞。その後、浦和パルコに決定し再開発事業が進展した。
  • 岐阜県大垣市にも出店予定があったが、大垣駅の駅前に立地を予定していたため交通事情などで出店を断念。予定地にはアクアウォーク大垣が出店した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]