マイカルタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイカル > マイカルタウン

マイカルタウンMYCAL TOWN)とは、株式会社マイカル(現:イオンリテール株式会社)が開発していた大規模ショッピングセンター

概要[編集]

マイカルが、アメリカの大型ショッピングセンターを範とし、マイカルの理念である「いつも若々しく快適で健康な生活」を体現できるショッピングセンターを横浜市本牧に計画し、1989年にマイカル本牧を開業したのが始まりである。特徴としては、サティビブレを核とし[1]、シネマコンプレックス、スポーツクラブなどを併設した大規模なショッピングセンターである点、茨木以外の施設は建物をいくつかの棟に分け、それらを通路でつないだ形態のものである点、また、他社のショッピングセンターに比べ、核部分の面積比率が大きい点が挙げられる。なお、4番館は全ての箇所で欠番あるいは存在しない。

2011年3月1日にマイカルがイオンリテールに吸収合併されたのに伴い、「マイカル○○」の名称は廃止され、本牧以外は「イオン○○ショッピングセンター」に名称が変更された。同日、「サティ」も「ジャスコ」と統合して「イオン」に店舗ブランド名が変更された。その後、本牧以外は管理・運営が2013年11月1日イオンモール株式会社に移管された。

2011年2月末まで営業されていた店舗[編集]

マイカル茨木

閉鎖した店舗[編集]

  • マイカル小樽(現ウイングベイ小樽) 小樽市
    • マイカルの経営破綻後、ウイングベイ小樽に名称変更。施設管理・運営は関連会社の小樽ベイシティ開発。6番街の小樽サティ(ポスフールを経て、現・イオン小樽店)、2番街のワーナーマイカルシネマ小樽(現・イオンシネマ小樽)は継続。
  • マイカル大連(現麦凱楽大連商場)大連市
    • 現在は大連市最大の商業会社・大商グループに売却され、「麦凱楽(MYKAL)大連商場」としてによりMYKALとして営業されている。

開業予定だった店舗[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、本牧、近江八幡はサティのみで、小樽は、ダックビブレ(後にマイカルに営業譲渡)が出店したビブレは撤退しSE-Bに、マイカル北海道が出店したサティはポスフールに変わっている