イオン近江八幡ショッピングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオン近江八幡ショッピングセンター
ÆON OMI-HACHIMAN SHOPPING CENTER
1番街
1番街
店舗概要
正式名称 イオン近江八幡店[1]
所在地 滋賀県近江八幡市鷹飼町南3-7
座標 北緯35度7分18.6秒 東経136度6分10.5秒 / 北緯35.121833度 東経136.102917度 / 35.121833; 136.102917座標: 北緯35度7分18.6秒 東経136度6分10.5秒 / 北緯35.121833度 東経136.102917度 / 35.121833; 136.102917
開業日 1991年4月18日
施設所有者 イオンリテール株式会社
みずほ信託銀行株式会社[1][2]
施設管理者 イオンリテール株式会社
廿一駅南開発商業協同組合

イオンモール株式会社
廿一駅南開発商業協同組合
中核店舗 イオン近江八幡店
店舗数 ÆONと130の専門店
駐車台数 2147台
前身 マイカル近江八幡(近江八幡サティ)
最寄駅 JR東海道本線琵琶湖線
近江鉄道八日市線 近江八幡駅
最寄IC 名神自動車道竜王インター
外部リンク 公式サイト
Aeonmall store logo.svg

イオン近江八幡ショッピングセンター(イオンおうみはちまんショッピングセンター)は、滋賀県近江八幡市に位置する大型ショッピングセンターである。

概要[編集]

1999年株式会社マイカル近江八幡サティを中心としたショッピングセンターのマイカル近江八幡として開業し、2001年にはマイカルタウン・アクア21(現在のアクア21で、2番街)を開業したことで現在の1 - 3番街体制となった。

2011年に株式会社マイカルがイオンリテール株式会社へ吸収合併されたことに伴い、3月1日にショッピングセンター名をイオン近江八幡ショッピングセンターと改称した。

1番街はイオン近江八幡店を中心として展開し、イオンリテールが運営している。2番街はイオン専門店街とアクア21として、イオンシネマ近江八幡(ワーナー・マイカル・シネマズから継承)などが展開し、イオンモール株式会社と地元協同組合である廿一駅南開発商業協同組合が共同運営している。3番街はイオンスポーツクラブ近江八幡店などが展開し、イオンリテールが運営している。

近江八幡駅南口と1番街または2番街が連絡通路で直結している。3番街は連絡通路はなく、独立した建物となっている。

年表[編集]

マイカル近江八幡時代
  • 1991年平成3年)4月18日 - 1番街 近江八幡サティ、3番街 開業
  • 2000年(平成12年)10月6日 - 2番街 マイカルタウン・アクア21、ワーナー・マイカル・シネマズ 開業
  • 2007年(平成19年)3月1日 − 駐車場の管理運営をパーク24に委託し、タイムズ化。
  • 2008年(平成20年)9月末 - P5駐車場(平面駐車場)を廃止し、P2駐車場1階部分を24時間営業へ変更。
  • 2011年(平成23年)3月1日 - SC名称を「イオン近江八幡ショッピングセンター」、近江八幡サティを「イオン近江八幡店」へそれぞれ名称変更。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月3日 - P4駐車場(平面駐車場)を廃止
    • 7月13日 - 1番街 イオン近江八幡店食品売場リニューアルオープン
    • 8月11日 - 1番街 食品売り場が朝7時開店になる。
    • 10月19日 - イオン近江八幡ショッピングセンター公式ホームページ開設
    • 11月9日 - 2番街 イオン専門店一部を除きリニューアルオープン
  • 2013年(平成25年)
    • 2月1日 - 2番街イオン1階にタイトーステーションがオープンする。
    • 2月11日 - エディオンがアルプラザ近江八幡店に移転の為閉店する。
    • 7月1日 - ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡をイオンシネマ近江八幡に名称変更。
    • 9月27日 - エディオン跡にヒマラヤ(スポーツ用品)がオープンする。
    • 11月1日 - 管理及び運営がイオンモール株式会社に移行[要出典]

1番街、2番街、3番街フロア構成[編集]

2番街
  • 1番街(イオン棟 運営管理:イオンリテール株式会社)
    • 1階 - イオン食品売場とフードコートとサービスのフロア
    • 2階 - 婦人のフロア
    • 3階 - 紳士とキッズワールドのフロア
    • 4階 - 暮らし・書籍とレストラン街のフロア
    • 5階・6階・7階・屋上 - 駐車場(第1駐車場、イオン上階駐車場)
  • 2番街(「イオン専門店街アクア21」棟 共同運営管理:廿一駅南開発商業協同組合・イオンモール株式会社)
    • 1階 - スギ薬局とレストラン街アミューズメント、サイクルのフロア
    • 2階 - ファッションとカジュアルのフロア、インフォメーション
    • 3階 - ライフスタイルと書籍とカルチャーのフロア
    • 4階 - イオンシネマ、本館屋上駐車場
  • 第2駐車場棟(2番街と一体)(第2駐車場、イオン上階駐車場)
    • 2階 - 駐車場(2番街2階に連絡)
    • 3階・4階 - 駐車場(2番街3階に連絡〈段差あり〉)
    • 5階 - 駐車場(2番街屋上駐車場〈イオンシネマ〉に連絡)
    • 屋上 - 駐車場
  • 3番街(イオンスポーツクラブ棟 運営管理:イオンリテール株式会社)
  • 1階 - イオンスポーツクラブ、カルチャー教室、保育園(以前は家具の宝島が入居していた)
  • 2階、3階 - イオンスポーツクラブ
  • 別館駐車場棟(第3駐車場、イオン立体駐車場)
  • 1階−5階・屋上 - 駐車場

テナント[編集]

最新のテナント一覧についてはショップリストからご覧ください

ラジオ局[編集]

マイカル運営時代に、2番街1階にコミュニティFMBIWA WAVE(B-WAVE)の本社およびスタジオが開局から入居していた。2009年に放送局自体が廃局となっている。

駐車場問題[編集]

開店当初は有料であったが、しばらくして永久無料化された。しかし、新快速が停車する近江八幡駅の前という立地条件もあり、店を利用せずに大阪京都へ行く為の無断駐車が多く、本来の客が駐車できないという問題が深刻となっていた。2007年3月より再び有料化されたが、導入当初はこの影響で、ケーズデンキ1階の無料駐車場や駅反対側の平和堂などに客が殺到し問題になったことがある。現在はケーズデンキ、平和堂をはじめ、駅周辺の駐車場も一定時間単位で有料化され、そのような問題は無くなった。[要出典]

アクセス[編集]

  • JR東海道本線近江八幡駅(南口2階から直結)
  • 近江八幡駅南口バスターミナル

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]