キャナルシティ博多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャナルシティ博多
Canal City Hakata
那珂川河畔のキャナルシティ博多
那珂川河畔のキャナルシティ博多
店舗概要
所在地 812-0018
福岡県福岡市博多区住吉1丁目2番他
座標 北緯33度35分28秒 東経130度24分38秒 / 北緯33.59111度 東経130.41056度 / 33.59111; 130.41056
開業日 1996年平成8年)4月20日
施設所有者 福岡地所株式会社
三井住友信託銀行株式会社[1]
施設管理者 福岡地所株式会社
敷地面積 43,485 m²
商業施設面積 51.542 m²
延床面積 251,940 m²
中核店舗 MUJI・スーパースポーツゼビオ・ラオックスなど その他は 主要施設を参照
店舗数 -
営業時間 店舗によって異なる
駐車台数 1,519台
前身 鐘紡博多工場

カネボウプール

カネボウ運営のゴルフ場・駐車場
外部リンク http://www.canalcity.co.jp/

キャナルシティ博多(キャナルシティはかた、Canal City HAKATA)は、福岡県福岡市博多区住吉一丁目にある複合商業施設1993年(平成5年)6月3日に着工。1996年(平成8年)4月20日に開業した。福岡地所が所有・運営している。

概要[編集]

大規模小売店舗表示板
(2013年3月26日撮影)
施設内を流れる運河

福岡シティ銀行(現:西日本シティ銀行)系列の不動産会社である福岡地所が、1996年(平成8年)4月に、カネボウプール(さらにその前は鐘紡の工場・一時期はゴルフ練習場駐車場にもなっていた)跡地にオープンさせた。建築デザインはアメリカ人建築家ジョン・ジャーディが担当した。

1977年12月にカネボウ工場敷地の一部(1万m2)を購入。当初はマンションを建設予定であったが、残りの敷地も手に入れる可能性が出たことから途中で方針を転換。商業施設「サンライフシティ(仮称)」としてダイエーをキーテナントとして計画を進めた[2]

当初は「ショッパーズプランタン博多」や「KOU's」を核テナントとする予定であったが、開業直前にダイエー系のディスカウントショップ「ダイエーNOW」と「メガバンドール」を核テナントに決定した[注釈 1]

施設は7つの建物群から構成されている。キャナルシティ・オーパビルが中央部に位置し、それを状に拡げる形でシアタービル、福岡ワシントンホテルビル、ビジネスセンタービル、アミューズメントビル、メガストアビル、オーパビルの対向にグランドハイアット福岡ビルが置かれている。4階以下ではシアタービル、福岡ワシントンホテルが入居するビル、アミューズメントビル、メガストアビルはキャナルシティ・オーパビルを介して一体となっており、地下1階・1階・3階でその他のビルと連絡している。

英語で「運河」を意味する「キャナル (canal) 」の名前の通り、地下1階には疑似運河が流れている。ほとんどの施設は運河の東にあり、「グランドハイアット福岡」のみ運河の西にある。施設中央の運河沿いにはサンプラザステージがあり、ほぼ毎日マジックショーなどの様々なイベントが行われており、週末を中心に音楽ライブや地元テレビ局の番組収録なども頻繁に行われている。

なお、キャナルシティ博多の西側近隣は九州最大の歓楽街中洲の南端に位置する南新地であり、水商売風俗店ラブホテル等のビル・店舗が西方周辺すぐ近くに林立しているため、施設内からは西側の景観は意図的に見渡しにくい構造になっている。[要出典]

2020年にキャナルシティのすぐ前に福岡市地下鉄七隈線が開業予定(駅名は未定)。

沿革[編集]

主要施設[編集]

グランドハイアット福岡

劇場・シネマコンプレックス[編集]

キャナルシティ劇場(ノースビル)
  • 旧称は劇団四季専用の「福岡シティ劇場」、2010年(平成22年)5月に四季が福岡定期公演事業の撤退に伴い、通常の演劇用途の劇場に改装し、2010年(平成22年)11月に改称。
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(センターウォーク)

ホテル[編集]

グランドハイアット福岡
  • キャナルシティ商業施設の対岸にある。
キャナルシティ・福岡ワシントンホテル
  • フロントのみ1階で、客室は5階以上のフロア。
  • 「博多」ではなく「福岡」と名乗っているのは、近隣にあるワシントンホテル社運営の博多ワシントンホテル(現・博多中洲ワシントンホテルプラザ)との混同を避けるためである。

主なテナント(物販・飲食)[編集]

ノースビル
  • MUJI - 銀座松坂屋、東京ミッドタウン、新宿についで全国で4店舗目、「MUJI」名称のフラッグシップストア
  • レベルファイブ ヨロズマート福岡総本店[3] - 妖怪ウォッチ関連のグッズを扱う専門店。東京にも店舗があるが、福岡の方が総本店扱いになる。2017年8月10日に取り扱い品目を他のレベルファイブクロスメディアコンテンツにも拡大し、現名称に変更[4]
センターウォーク
サウスビル

キャナルシティオーパ[編集]

キャナルシティ博多イーストビル[編集]

キャナルシティ博多イーストビル
East Canal
East canal.jpg
店舗概要
所在地 福岡県福岡市博多区祇園町9番2号
座標 北緯33度35分25.7秒東経130度24分42.9秒
開業日 2011年平成23年)9月30日
施設所有者 福岡地所株式会社
施設管理者 福岡地所株式会社
敷地面積 8,800 m²
商業施設面積 12,000 m²
延床面積 18,000 m²

キャナルシティ博多イーストビルはキャナルシティ博多のうち2011年(平成23年)9月30日に開業した部分。計画段階では第2キャナルと呼ばれた。九州新幹線全線開業に合わせ商業施設の増設が計画され、当初は10階程度のビルを建設し核テナントとしてディズニー関連施設が入る計画だったが[5]世界同時不況に伴い計画は撤回され、核テナントとして、九州初出店となるスウェーデン発のカジュアルファッションブランドH&M、国内最大規模となるZARAやインテリア雑貨Francfranc、九州最大級ユニクロなど計16店舗が入居しグランドオープンした。

「緑」と「癒し」をコンセプトに設計されており壁面には、国内最大規模(面積約3,000 m2)のユニット型壁面緑化を施し、緑化の樹種に排気ガスの吸着分解に優れる常緑ツル性植物などを採用。中央部にはシンボルツリーとして、常緑広葉樹のシマトネリコを配置されている。また、既存棟とは空中回廊ブリッジで繋がれており、イーストビルとは回遊性が保たれている。

主なテナント[編集]

会員カード[編集]

キャナルシティ博多では、会員カードとして「f-JOYカード(旧・キャナルシティカード)」を発行しており、100円の利用(対象外テナント有)で1ポイントが貯まり、500ポイントで500円のお買物券と交換というシステムとなっている。発行手数料100円、期限は最終利用日から1年間有効となっている。従来発行された「キャナルシティカード」も、有効期限内であれば引き続き利用が可能。また、この「f-JOYカード」は、「マリノアシティ福岡」、「リバーウォーク北九州」、「木の葉モール橋本」の3施設との共通ポイントカードとなっている。また、別途特典の付いたクレジット機能付きのf-JOY VISAカード(九州カード発行)も発行している。

なお、キャナルシティ博多においては、「キャナルシティオーパ」内の全138テナント(2010年(平成22年)11月現在)にて、2011年(平成23年)3月31日までで「f-JOYカード」へのポイントの付与が終了した[注釈 2]

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

キャナルシティ博多停留所に進入する高千穂発のYOKAROバス

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 近隣に所在したダイエー渕上店との兼ね合いも勘案しながら検討したとされている。
  2. ^ 「キャナルシティオーパ」では、「オーパ」全店共通のカードとして、「オーパポイントカード」・「オーパOMCカード(セディナ発行)」が既に発行されており、テナントによって「f-JOYカード」「オーパポイントカード」の両カードを使い分ける必要がある。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]