マリノアシティ福岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリノアシティ福岡
The scenery of Marinoa City Fukuoka from Skywheel.jpg
店舗概要
所在地 819-0001
福岡市西区小戸2丁目12番30号
座標 北緯33度35分39.7秒 東経130度19分21.9秒 / 北緯33.594361度 東経130.322750度 / 33.594361; 130.322750座標: 北緯33度35分39.7秒 東経130度19分21.9秒 / 北緯33.594361度 東経130.322750度 / 33.594361; 130.322750
開業日 2000年10月
施設管理者 福岡地所
敷地面積 85,200 m²
延床面積 81,400 m²
店舗数 169店舗
営業時間 10:00-21:00(物販店)
11:00-23:00(飲食店)
駐車台数 2,500台
外部リンク 公式サイト
以前営業していたSky Dream Fukuoka(手前)と、現在営業中のスカイホイール(奥)
ショッピングゾーンとスカイホイール
西福岡マリーナ

マリノアシティ福岡(マリノアシティふくおか)は、福岡市西区小戸2丁目にある九州最大級のアウトレットモールである[1]

概要[編集]

エフ・ジェイ都市開発株式会社(2005年に福岡地所株式会社が吸収合併)により、2000年10月にオープンした。2004年7月にアウトレットII棟部分を、2007年9月にアウトレットIII棟部分を、それぞれ開業した。通称として、マリノアと省略されることもある。結婚式場ヨットハーバー西福岡マリーナに隣接する施設の外観は、海の波止場を連想させ、マリノアシティ福岡全体が立地を生かした開放的な造りとなっている。アウトレットショピングのほか、リゾート施設としての利用者も多い。ショッピングゾーンには、ベビーザらススポーツデポユニクロなどが大型テナントとし入居している。また、施設内にスカイホイールという高さ60mの観覧車がある。2001年に、スカイホイールの隣接地でエバーグリーンマリノアホテルが運営する日本最大の高さ120mの観覧車Sky Dream Fukuokaが開業した。このため、大小2つの観覧車が双子状に隣接するという珍しいスポットであった。しかし、Sky Dream Fukuokaは2009年9月26日をもって観覧車の営業を終了し、現在はマリノアシティ福岡の所有するスカイホイール一基の営業となっている。隣接する西福岡マリーナは、ふくおか・マリノア海の駅として国土交通省より海の駅に登録されている。また、西側は博多湾に面している。

施設概要[編集]

  • 主な施設 : アウトレット店、大型専門店、飲食店、観覧車、アミューズメント他
  • 所在地 : 福岡市西区小戸2丁目12番30号
  • 開業 : 2000年(平成12年)10月
  • 敷地面積 : 85,200m²
  • 延床面積 : 81,400m²

主なテナント[編集]

アクセス[編集]

姪浜駅から
昭和バス(マリノアシティ福岡行き)に乗車。約15分
西鉄福岡(天神)駅から
西鉄バス行先番号303番(マリノアシティ福岡行き)に乗車。約25分
博多駅から
西鉄バス行先番号9番・303番(マリノアシティ福岡行き)に乗車。約40分
長住地区・能古渡船場から
西鉄バス行先番号外環2番に乗車。桧原営業所から約64分、能古渡船場から約12分

会員カード[編集]

マリノアシティ福岡では、会員カードとして「f-JOYカード(旧・マリノアシティカード)」を発行しており、100円の利用(対象外テナント有)で1ポイントが貯まり、500ポイントで500円のお買物券と交換というシステムとなっている。発行手数料100円、期限は最終利用日から1年間有効となっている。従来発行された「マリノアシティカード」も、有効期限内であれば引き続き利用が可能。また、この「f-JOYカード」は、「キャナルシティ博多」、「リバーウォーク北九州」、「木の葉モール橋本」の3施設との共通ポイントカードとなっている。また、別途特典の付いたクレジット機能付きのf-JOY VISAカード(九州カード発行)も発行している。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]