Sky Dream Fukuoka

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スカイドリーム福岡とエバーグリーンマリノア
上空より、スカイドリーム福岡とその周囲。奥側の小さな観覧車がスカイホール

Sky Dream Fukuoka(スカイドリームフクオカ)とは、福岡市西区のエンターテイメント施設・エバーグリーンマリノアで営業していた観覧車である。

概説[編集]

アウトレットモールマリノアシティ福岡」に隣接していたエンターテイメント施設の「エバーグリーンマリノア」で営業していた。2001年12月15日に開業。高さ120.0メートル、直径112.0メートルで、日本最大の観覧車であった。

運営会社は、台湾を拠点とし、海運航空会社などを展開しているエバーグリーン・グループエバーランド

隣接するアウトレットモール「マリノアシティ福岡」にも観覧車「スカイホイール」(高58.3m、径50.0m)があるため、大小2つの観覧車が並ぶ珍しい光景で、その様子は“双子の観覧車”とも呼ばれ、福岡市のランドマークのひとつとなっていた。

利用者数が低迷したことから、2009年9月で営業を終了した[1][2]。当初、2009年9月30日を営業終了日と発表していたが、9月27日の朝の点検の際にコンピューターのエラーが判明。30日までに復旧の目処が立たないため、そのまま営業終了となった[3]。そのため、実質的な最終営業日は2009年9月26日である。

台湾台中麗寶樂園中国語版に売却・移築される予定である[4]。しかし解体工事中の2011年7月7日に、作業を行っていた大型クレーン車2台と支柱5本が倒壊する事故が発生、クレーン車作業員1名が軽傷を負い、周囲の自動車4台が破損した[5]。麗寶樂園への移築は開始されたが、当地では安全性への懸念が報道されている[6]

営業当時のデータ[編集]

20分で一周し、福岡の街並みを一望することができた。全ゴンドラにエアコンが完備されていた。また、バリアフリー設計となっており、車椅子での搭乗も可能であった。カップル限定サービスとしてゴンドラ2周貸し切りサービスを提供していた。

直径112メートルの大きさは、2008年時点では世界3位だった(1位はシンガポールにあるシンガポール・フライヤーで165メートル)。

料金[編集]

  • 一般
    • 中学生以上:800円
    • 4歳以上 - 小学生:400円
  • 団体(20名以上)
    • 中学生以上:720円
    • 4歳 - 小学生:360円
  • 身体障害者割引
    • 中学生以上:600円
    • 4歳 - 小学生:200円

※4歳未満は無料

営業時間[編集]

  • 平日 12:00 - 22:00
  • 土日祝祭日 10:00 - 23:00

周辺施設[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「福岡・国内最大の観覧車、9月いっぱいで営業終了・解体」(asahi.com 2009年9月2日)
  2. ^ 「日本一の観覧車 今月末で見納め、売却・解体へ」(YOMIURI ONLINE 2009年9月2日)
  3. ^ 「国内最大の観覧車、ひっそり終了 福岡、故障で予定早め」(asahi.com 2009年9月30日)
  4. ^ Fourth Tallest Ferris Wheel in the World, Sky Dream Fukuoka, Arriving In Taiwan
  5. ^ 観覧車解体のクレーン転倒…福岡、作業員1人けが”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2011年7月7日). 2015年11月2日閲覧。
  6. ^ 麗寶摩天輪是日本二手貨 拆解時曾斷裂”. TVBS-NEWS (2015年7月29日). 2015年11月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]