福岡県の超高層建築物の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡

福岡県の超高層建築物の一覧は、福岡県超高層建築物(高さ60m以上[2])の一覧である。

概要[編集]

1989年に竣工した福岡タワーが唯一高さ200mを超える構造物となっているが、建築物としては、2019年に完成した高さ152mのセンターマークスタワーである。

超高層建築物・構築物一覧[編集]

順位 名称 高さ 階数 竣工年 所在 備考
- 福岡タワー 234.0m 5階(公開部分) 1989年 福岡市
1 センターマークスタワー 152m 46階 2019年 福岡市
2 アイタワー 149m 45階 2016年 福岡市
3 小倉D.C.タワー 145.7m 41階 2011年 北九州市
4 アイランドタワースカイクラブ 145.3m 42階 2008年 福岡市
5 ヒルトン福岡シーホーク 143.2m 36階 1995年 福岡市
6 リーガロイヤルホテル小倉 132.0m 30階 1993年 北九州市
7 門司港レトロハイマート 127.0m 31階 1999年 北九州市
8 ザ・ライオンズ久留米ウェリスタワー 120.6m 35階 2010年 久留米市
9 リベーラガーデン マリナタワー 115.3m 33階 2007年 福岡市
10 NTTドコモ九州香椎ビル 114.3m 17階 2003年 福岡市
11 プレミスト千早タワーツインマークス エアタワー 111.4m 31階 2011年 福岡市
11 プレミスト千早タワーツインマークス ブライトタワー 111.4m 31階 2011年 福岡市
13 オリエント トラストタワー北九州 103m 33階 2009年 北九州市
14 小倉タワー 100.83m 28階 2007年 北九州市
15 ザ・パークハウス福岡タワーズ WEST 100.45m 28階 2019年 福岡市
- 博多ポートタワー 100m 3階 1964年 福岡市
16 TNC放送会館 100m 21階 1996年 福岡市
16 Mタワー 100m 20階 1996年 福岡市
18 門司ミッドエア 99.99m 28階 2010年 北九州市
19 グランドメゾン百道浜オーシャン&フォレスト ウエストサイド 99m 29階 2010年 福岡市
20 カスタリア大濠ベイタワー 98m 30階 2006年 福岡市
21 百道タワー 97.75m 27階 2004年 福岡市
22 メディックス三萩野レジデンシャルタワー 97m 27階 2003年 北九州市
23 ラクレイス西新レジデンシャルタワー 96.15m 29階 2014年 福岡市
24 ネクサス百道レジデンシャルタワー 96m 27階 1996年 福岡市
25 ガーデンシティ小倉 94.9m 24階 2019年 北九州市
26 JONAI TOWER(城内タワー) 94m 27階 2005年 北九州市
27 アンペレーナ百道 92m 24階 2008年 福岡市
28 コアマンション大手門タワー 91.8m 27階 2003年 福岡市
29 久留米市役所本庁舎 91.3m 20階 1995年 久留米市
30 ディーウイング・ハーバービュータワー 90.65m 30階 2009年 福岡市
31 グランドメゾン百道浜オーシャン&フォレスト イーストサイド 90m 26階 2010年 福岡市
32 アメックス大濠タワー 88m 25階 2006年 福岡市
32 アトモスももち 88m 25階 1993年 福岡市
32 MJR赤坂タワー 88m 24階 2017年 福岡市
35 福岡銀行新本部ビル 86m 14階 2008年 福岡市

建設中・計画中[編集]

名称 高さ 階数 竣工年 状態 備考
アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス W棟 160m前後の見込み 48階 2022年 福岡市東区 建設中
アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス E棟 160m前後の見込み 48階 2023年 福岡市東区 建設中
香椎照葉7丁目計画 150m前後の見込み 44階 2022年 福岡市東区 建設中

脚注[編集]

  1. ^ みんなで科学 ラボラジオ 2013年5月26日(日)放送 超高層ビルはなぜ倒れないの?”. 2013年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月7日閲覧。 NHK
  2. ^ 建築基準法第20条第1号に基づく[1]

関連項目[編集]