福岡市地下鉄空港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Fukuoka City Subway Logo.svg 空港線
Kūkō Line (Airport Line)
シンボルマーク
福岡市交通局2000N系電車(姪浜駅にて)
福岡市交通局2000N系電車(姪浜駅にて)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福岡県福岡市
種類 地下鉄
起点 姪浜駅
終点 福岡空港駅
駅数 13駅
路線記号 K
路線番号 1号線
開業 1981年7月26日
最終延伸 1993年3月3日
所有者 福岡市交通局
車両基地 姪浜車両基地
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線距離 13.1 km
軌間 1,067 mm
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
最高速度 75 km/h[1]
路線図
Fukuoka city subway map JA.png
テンプレートを表示
路線図
KHSTa
西唐津駅
HST
唐津駅
STRq ABZgr
JR九唐津線
LSTR
HST
筑前前原駅
LSTR
↑JR九:筑肥線
KDSTa hSTRa
姪浜車両基地
hKRZWa hKRZW
十郎川
hSTRl hABZg+r
hKRZW
名柄川
hBHF
0.0 K01 姪浜駅
htSTRa
tKRZW
室見川
tBHF
1.5 K02 室見駅
tKRZW
金屑川
tBHF
2.3 K03 藤崎駅
tBHF
3.4 K04 西新駅
tKRZW
樋井川
tBHF
4.6 K05 唐人町駅
tBHF
5.4 K06 大濠公園駅
tBHF
6.5 K07 赤坂駅
tSTR
西鉄T 天神大牟田線
7.3 K08 天神駅 西鉄福岡(天神)駅
tSTR
Subway FukuokaNanakuma.svg 七隈線
tSTR
天神南駅
tKRZW
薬院新川
那珂川
tKRZW tKRZW
博多川
8.1 K09 中洲川端駅 Subway FukuokaHakozaki.svg 箱崎線
tSTR tCONTf
貝塚駅
tBHF
9.1 K10 祇園駅
tSTR
←JR九:鹿児島本線
tKRZh
  および篠栗線福北ゆたか線)→
tKRZh
JR西博多南線山陽新幹線
HUBlf
9.8 K11 博多駅
tKRZW
御笠川
tBHF
11.0 K12 東比恵駅
FLUG tKBHFe
13.1 K13 福岡空港駅 福岡空港

空港線(くうこうせん)は、福岡県福岡市西区姪浜駅から同市博多区福岡空港駅までを結ぶ福岡市交通局が運営する地下鉄路線である。「福岡市交通事業の設置等に関する条例」による路線名は1号線、『鉄道要覧』記載の路線名は1号線(空港線)。ラインカラーは   オレンジ。路線記号はK

概要[編集]

福岡市西部の西区姪浜から明治通り(市道千代今宿線、旧・国道202号)の地下を通って福岡市中心部に向かい、博多区上川端町から大きくカーブして大博通りの地下、博多駅の直下、国道3号の地下を経由して福岡空港滑走路を横切り、同空港の国内線ターミナルビル地下に至る。姪浜・西新天神中洲博多・福岡空港など福岡市の都心・副都心・交通拠点を1本に結んでおり、福岡市の東西を結ぶ大動脈となっている。また、箱崎線と合わせて福岡市地下鉄全体の8割以上の運賃収入をもたらす[2]ドル箱路線でもある。なお、姪浜駅 - 博多駅間はかつて路面電車西日本鉄道(西鉄)福岡市内線が通っていたルート[注釈 1]をほぼ踏襲している。

日本で唯一、空港まで直接乗り入れている地下鉄路線である[注釈 2]。福岡空港は元々福岡市中心部である博多および天神地区から近距離にある空港だが、当路線の開業前はバスやタクシー等車両以外に移動手段がなく、「近い空港だが移動時間には余裕を大きく取る必要のある空港」として認識されていた。昭和40年代以降は道路交通量が増加したことにより交通渋滞が頻発し、博多駅から福岡空港までタクシーで40分から50分かかることも珍しくなく、所要時間が不安定であった[3]。このため、都市交通審議会が1971年(昭和46年)3月に「福岡市および北九州市を中心とする北部九州都市圏における旅客輸送力の整備増強に関する基本的計画について」(答申第12号)[4] を運輸大臣に答申し、空港線を含めた福岡都市高速鉄道路線建設に向けた具体的な提言がなされた[3]。様々な議論はそれ以前にもあったが公式記録としてはこれが空港線建設への出発点となる。当路線の開業後、福岡空港は福岡市中心部との移動が便利な空港として広く知られるようになった。

九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線相互直通運転を行っている。当路線の開業に伴い廃止された筑肥線の博多駅 - 姪浜駅間の代替路線の役割を果たしていることもあり、空港線の姪浜駅 - 博多駅間を通過してJR線に乗車する場合の通過連絡運輸が設定されている(「福岡市交通局#連絡運輸」参照)。本州以外の地下鉄で他の事業者の路線と直通運転を行うのは当路線が唯一であり、JR線と直通運転を行うのは公営地下鉄、関東以外の地下鉄で当路線が唯一である[注釈 3]

開業4年目となる1984年(昭和59年)より地下鉄としては日本初のワンマン運転が行われ、すべての列車でATOによる自動運転を実施している[注釈 4])。

2003年(平成15年)から翌2004年(平成16年)にかけてホームドア三菱電機[5])が全駅に設置された。福岡市交通局の箱崎線や七隈線の駅に設置されているホームドアの開口幅が2,100mmであるのに対し、空港線の駅に設置されているものは開口幅が2,600mmと広く取られている。これは、手動運転の103系が乗り入れていたことの名残である[6]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

福岡空港駅 - 姪浜駅間の線内のみ運行の列車のほか、姪浜駅からJR筑肥線に直通する列車、中洲川端駅から箱崎線に直通する列車がある[8]。福岡空港駅 - 姪浜駅間ではおおむね7 - 8分間隔[9]、中洲川端駅 - 西新駅(朝夕は姪浜駅)間はおおむね3 - 5分間隔[10] で運行される。2015年以降は全列車がワンマン運転を行う。

線内列車(福岡空港駅 - 姪浜駅間)
空港線内でおおむね1時間あたり4本運行される。後述の筑肥線直通列車とおおむね交互に運行される[9]。基本的に全区間通し運行であるが、姪浜発終電のみ博多駅が終点となる[8][11][12]。箱崎線直通列車とは異なり、西新駅や中洲川端駅などで折り返す列車は存在しない。線内列車は代走時やダイヤが乱れた時を除き、福岡市交通局の車両のみで運行される。
筑肥線直通列車
空港線内でおおむね1時間あたり4本運行される。日中は4本全てが福岡空港駅 - 筑前前原駅間で運行されるが、うち2本は筑前前原駅で唐津方面発着の列車と対面乗り換えの形で接続しており、地下鉄線内でもその旨が時刻表などで案内されている[9]。原則として、筑前深江駅唐津駅西唐津駅発着列車は通常JR九州の車両のみで運行され、筑前前原駅発着列車はJR九州・福岡市交通局の双方の車両が使用される。ただし、大幅なダイヤ乱れの際は福岡市交通局の車両がJR九州の車両の運用を代走することがあるが、この場合では筑前前原駅までの運行となり、同駅以西の筑前深江駅・唐津駅・西唐津駅方面に福岡市交通局の車両が入線することはない(途中の姪浜駅で車両交換が行われることもある。筑前深江駅は2021年のダイヤ改正までは定期列車で乗り入れがあったが、以降は代走を含め乗り入れていない)。唐津駅・西唐津駅発着の列車には快速列車もあるが、地下鉄線内は各駅に停車する。乗り入れ列車は全て福岡空港駅発着であり、地下鉄線内での途中駅折り返しはなかったが、2021年のダイヤ改正で博多発筑前前原行きが設定された。
箱崎線直通列車
箱崎線列車の半数程度(おおむね1時間あたり4本)が空港線に乗り入れており[8][13]、朝夕は貝塚駅 - 中洲川端駅 - 姪浜駅間で、日中は貝塚駅 - 中洲川端駅 - 西新駅間で運行される[13]。箱崎線から空港線を介して筑肥線に乗り入れる列車(その逆も)は存在しない。箱崎線には福岡市交通局の車両のみが直通しており、JR九州の車両は乗り入れない。

車両[編集]

空港線を走る列車は全て6両固定編成である。自局車両は24編成144両。

自局車両[編集]

  • 1000系 - 1981年営業運転開始。18編成108両。全車両1000N系に更新。
  • 2000系 - 1992年営業運転開始。6編成36両。順次2000N系に更新が進められている。

乗り入れ車両[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
  • 303系 - 2000年1月22日に運用開始。3編成18両。
  • 305系 - 2015年2月5日に運用開始。6編成36両。

JR九州車に限り車内トイレが設置されている。2008年3月に東京地下鉄千代田線小田急電鉄60000形電車「MSE」が営業運転を開始するまでは、日本の地下鉄でトイレ設置車両が走る唯一の路線であった[注釈 5]。JRの車両は専ら直通列車にのみ使用され、地下鉄線内のみの運用はない。ただしダイヤが乱れた時には、地下鉄線内の運用に就くことがある。

過去の乗り入れ車両[編集]

JR九州
  • 103系1500番台 - 1983年3月22日運用開始。2015年3月で乗り入れ終了。

歴史[編集]

  • 1971年昭和46年)3月:都市交通審議会が「福岡市および北九州市を中心とする北部九州都市圏における旅客輸送力の整備増強に関する基本的計画について」(答申第12号)を運輸大臣に答申[3]
  • 1974年(昭和49年)8月22日:姪浜 - 博多間地方鉄道免許[14]
  • 1980年(昭和55年)7月19日:開業へ向けた試運転に先立ち開始式を大濠公園駅にて実施[15]
  • 1981年(昭和56年)7月26日:1号線 室見駅 - 天神駅間が開業[14]
  • 1982年(昭和57年)4月20日:天神駅 - 中洲川端駅間が延伸開業[14]。同日に中洲川端駅 - 呉服町駅間が開業した2号線(現在の箱崎線)との相互直通運転を開始。
  • 1983年(昭和58年)3月22日:姪浜駅 - 室見駅間と中洲川端駅 - 博多駅(仮駅)間が延伸開業[14]。国鉄筑肥線との相互直通運転を開始。同日廃止された筑肥線の博多駅 - 姪浜駅間の代替として、1号線の博多駅 - 姪浜駅間を通過して国鉄線に乗車する場合の相互連絡運輸が設定される。
  • 1984年(昭和59年)1月20日:地下鉄としては日本国内初となるワンマン運転を開始。
  • 1985年(昭和60年)
    • 2月 - 福岡市議会の都市交通対策特別委員会において空港線路線計画の素案が了承[3]
    • 3月3日:博多駅(仮駅) - 博多駅(本駅)間が延伸開業[14]。博多駅(本駅)の完成に伴い、博多駅(仮駅)を廃止。
  • 1986年(昭和61年)8月:運輸省に対して、博多 - 福岡空港間の鉄道事業免許申請を行い、同年10月13日[14] に免許、1987年(昭和62年)3月に工事施工認可を受ける。
  • 1987年(昭和62年)
  • 1988年(昭和63年)5月11日:博多 - 福岡空港間の建設全面着工[16]
  • 1993年平成5年)3月3日:博多駅 - 福岡空港駅間が開業[14]。1号線に空港線の愛称がつく。
  • 2002年(平成14年)3月23日終電繰り下げ(福岡空港発23:29→0:00)、筑肥線との福岡市交通局の車両の相互直通区間を筑前深江駅まで延長。
  • 2004年(平成16年)3月13日:姪浜駅での供用開始により、ホームドアの全駅設置が完了。
  • 2005年(平成17年)2月3日七隈線橋本駅 - 天神南駅間開業に伴い、空港線の天神駅と七隈線の天神南駅が改札外での乗換駅となる。
  • 2009年(平成21年)
  • 2011年(平成23年)3月2日:箱崎線・七隈線と共に全駅で駅ナンバリング(駅番号制)表示[18](同年1月24日から、各駅に順次表示[19][20])。
  • 2020年令和2年)4月1日:室見駅・藤崎駅が業務委託駅となり、駅業務の民間委託完了。ただし、職員育成の観点から、姪浜駅・天神駅・博多駅は直営駅のまま存続[21][17]

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 営業キロ 接続路線 シンボルマーク 所在地
駅間 累計
K01 姪浜駅 - 0.0 九州旅客鉄道JK 筑肥線(JK 01)
唐津線西唐津駅まで直通運転。福岡市交通局の車両は筑前深江駅まで)
ヨット 西区
K02 室見駅 1.5 1.5   室見川の流れ 早良区
K03 藤崎駅 0.8 2.3   フジの花
K04 西新駅 1.1 3.4   「N」を図案化した鉛筆・ペン
K05 唐人町駅 1.2 4.6   唐草模様の壺 中央区
K06 大濠公園駅
福岡市美術館口)
0.8 5.4   桜の花
K07 赤坂駅 1.1 6.5   「ア」を図案化したランナー
K08 天神駅 0.8 7.3 福岡市地下鉄Subway FukuokaNanakuma.svg 七隈線天神南駅:N16)(天神地下街を経由して乗り換え)
西日本鉄道T 天神大牟田線西鉄福岡(天神)駅:T01)
梅の花(天神を表す)
K09 中洲川端駅 0.8 8.1 福岡市地下鉄:Subway FukuokaHakozaki.svg 箱崎線(H01)(姪浜方面から貝塚駅まで一部直通運転) 「中」と「川」の図案化 博多区
K10 祇園駅
(博多旧市街口)
1.0 9.1   博多祇園山笠の若者
K11 博多駅 0.7 9.8 九州旅客鉄道:Shinkansen jrk.svg 九州新幹線JA JB 鹿児島本線篠栗線JC 福北ゆたか線
西日本旅客鉄道Shinkansen jrw.svg 山陽新幹線博多南線
博多献上模様
K12 東比恵駅 1.2 11.0   「ひ」を図案化した壺
K13 福岡空港駅 2.1 13.1   飛行機と空
  • 定期券売り場は姪浜駅・西新駅・天神駅・博多駅にある。はやかけんでの定期券は全駅設置の券売機で購入可能であるが、クレジットカードは上記の定期券売り場でしか使用できない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 祇園駅 - 博多駅間が循環線の博多駅前 - 祇園町間、姪浜駅 - 祇園駅間が呉服町線の祇園町 - 呉服町間と貫線の呉服町 - 天神 - 西新 - 姪の浜間。貫線と呉服町線が1975年(昭和50年)11月2日、循環線が1979年(昭和54年)2月11日にそれぞれ全線廃止された。
  2. ^ 都営地下鉄浅草線東京国際空港成田国際空港へ直通しているが、それぞれ京浜急行電鉄京成電鉄の路線に乗り入れる形で各空港へ直通している。
  3. ^ JR線と直通運転を行っている公営以外の地下鉄路線では、大手私鉄である東京地下鉄(東京メトロ)の東西線中央・総武緩行線と、千代田線常磐緩行線と相互直通運転を行っている。
  4. ^ 例外として、2015年(平成27年)までJR九州から乗り入れていた103系1500番台を使用する列車では運転士・車掌が乗務し、手動で運行していた。なお、福岡市交通局に職制としての車掌は存在しない。すなわち、車掌業務を専門に担当する職員はいないため、この場合は、通常運転士として勤務している職員が運転業務を行う職員とは別に乗務して車掌業務を行っていた。
  5. ^ その後もトイレ付の通勤型車両が走る路線としては唯一であったが、2017年3月25日に東京メトロ有楽町線副都心線西武40000系電車が営業運転を開始したため、唯一ではなくなった。

出典[編集]

  1. ^ a b 寺田裕一『データブック日本の私鉄』 - ネコ・パブリッシング
  2. ^ 『福岡市地下鉄事業概要』令和元年 (PDF) - 福岡市交通局
  3. ^ a b c d 日本トンネル技術協会 (1987年5月). トンネルと地下. 土木工学社 
  4. ^ 「福岡市および北九州市を中心とする北部九州都市圏における旅客輸送力の整備増強に関する基本的計画について」(答申第12号) (PDF)
  5. ^ 法人のお客様 地域ビジネス活動 地域の導入事例|福岡市交通局様 可動式ホーム柵”. 三菱電機. 2015年2月15日閲覧。
  6. ^ 「第4回 ホームドアの整備促進等に関する検討会」の結果について (PDF) - 国土交通省鉄道局(2011年5月25日) 2014年12月4日閲覧
  7. ^ 最混雑区間における混雑率(令和2年度) (PDF)”. 国土交通省. p. 3 (2021年7月9日). 2021年8月21日閲覧。
  8. ^ a b c 福岡市高速鉄道事業概要 平成24年 第5 運転 (PDF) - 福岡市交通局
  9. ^ a b c 福岡空港駅時刻表 - 福岡市交通局
  10. ^ 中洲川端駅時刻表(姪浜・唐津方面 平日) - 福岡市交通局
  11. ^ 博多駅時刻表(姪浜・唐津方面 平日) - 福岡市交通局
  12. ^ 姪浜駅時刻表(福岡空港・貝塚方面 平日) - 福岡市交通局
  13. ^ a b 貝塚駅時刻表(姪浜・唐津方面 平日) - 福岡市交通局
  14. ^ a b c d e f g 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成28年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会、p.175
  15. ^ 鉄道ファン』第20巻第10号、交友社、1980年10月、 111頁。
  16. ^ a b 『福岡市地下鉄事業概要』令和元年 (PDF) - 福岡市交通局
  17. ^ a b 福岡市地下鉄事業概要 令和2年度”. 福岡市交通局. p. 62-65. 2021年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月3日閲覧。
  18. ^ 『福岡市地下鉄事業概要』令和3年 (PDF) - 福岡市交通局
  19. ^ 駅ナンバリング(駅番号制)の導入について”. 福岡市交通局 (2010年10月1日). 2012年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月7日閲覧。
  20. ^ 駅ナンバリング表示作業のお知らせ”. 福岡市交通局 (2011年1月24日). 2011年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月7日閲覧。
  21. ^ 福岡市地下鉄の駅業務 90%超を民間委託化へ!! (PDF) - 福岡市交通局公式ウェブサイト、2021年7月3日閲覧。
  22. ^ 会社概要, 西鉄ステーションサービス, http://www.nnr-nss.co.jp/company/index.html 
  23. ^ その他事業 福岡地下鉄駅業務, JR西日本中国メンテック(福岡支店), https://j-c-maintec.co.jp/service/other/#category02 
  24. ^ 鉄道駅業務・旅行事業, JR九州サービスサポート, https://www.jrksp.co.jp/guide/guide01.html 

関連項目[編集]