金屑川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金屑川
Kanakuzu River.jpg
福岡市早良区の小田部橋から撮影された金屑川
水系 室見川
種別 二級河川
延長 9.555 km
水源 福岡県
河口・合流先 博多湾福岡県福岡市西区/早良区
流域 福岡市
テンプレートを表示

金屑川(かなくずかわ)は、福岡県福岡市を流れて博多湾へ注ぐ二級河川

名前の由来[編集]

旧称は屑川(くずかわ)である。室見川と並行して福岡市内に入り、津屋敷、有田を通り、稲塚川[1]に合流する川である。「クズ川」は、の生い茂る川の意[2]である。また、かつては潮井川と呼ばれていた[3]

沿革[編集]

  • 1970年昭和46年) - 樋井川、金屑川他4河川で都市小河川改修事業(現・都市基盤河川改修事業)に着手。近年はワークショップ「金屑川水辺の楽校プロジェクト」も開催されている[4]

鯰神[編集]

福岡市営地下鉄七隈線賀茂駅のそば、川が二又に別れた先に賀茂橋と賀茂神社がある。1732年享保17年)から1733年(享保18年)に西日本一帯で発生した享保の大飢饉の際、氏子が災いの鎮まるよう神に祈ると夢枕に鯰が現れて「鯰を殺すな、金屑川をきれいにせよ」とお告げがあり、その通りにするとやがて飢饉が収まったという。 毎年9月15日の夜には、賀茂神社で菜種油を入れた小皿を並べて千の灯をともし、無病息災を祈る「賀茂神社の千灯明」が行われる[5][6]

主な橋[編集]

河口から、水道管橋、飛石橋、涼橋、庄橋、金門橋、潮見橋、徳摩橋、桜花橋、大原橋(金屑川ライブカメラ設置)、小田部橋、有田新橋、賀茂中橋、賀茂橋(ここで分岐し、はなたて用水路へ)、池ノ坪橋、大町橋、田隈へ至る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡市早良区西油山付近を水源とする川。
  2. ^ 『日本河川ルーツ大辞典』、855頁。
  3. ^ 『福岡県の地名 日本歴史地名大系41』、629頁。
  4. ^ 金屑川水辺の楽校プロジェクト”. 福岡市. 2016年8月17日閲覧。
  5. ^ 賀茂神社の千灯明”. 福岡市. 2016年8月17日閲覧。
  6. ^ 賀茂駅周辺施設”. 福岡市交通局. 2016年8月17日閲覧。