東平尾公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1.東平尾公園、2.福岡空港

東平尾公園(ひがしひらおこうえん)は、福岡県福岡市博多区にある総合運動公園および地名。公園施設は福岡市が所有し、福岡市森と緑のまちづくり協会が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

米軍板付基地だった敷地の一部を再整備した総合運動公園である。

計画の発端は、福岡市が1978年アジア競技大会の誘致を進めていたことによる。1972年に板付基地が米軍から返還され、国有財産審議会において丘陵部分の福岡市への貸与が決まったが、一方でアジア大会はシンガポールで開催されることが決まった[注 1]ため計画を変更し、既存の樹木をできるだけ残しつつ市民向けの運動施設を整備する方針が決まった[1]

その後、1990年第45回国民体育大会(とびうめ国体)の会場となることが決まる。同時に愛称を公募し博多の森(はかたのもり)に決まった。

1995年にはユニバーシアード福岡大会の開催に合わせて「球技場」は新規に「テニス競技場」は増設しオープンさせている。

施設[編集]

  • 博多の森テニス競技場
  • 博多の森弓道場
  • 軟式野球場
  • 投てき練習場
  • フィールドアスレチック

地名としての東平尾公園[編集]

また、東平尾公園は福岡市博多区にある地名でもある。全域で住居表示を実施しており、東平尾公園一丁目と東平尾公園二丁目から構成されている。

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ その後、シンガポールが返上したため、紆余曲折を経て最終的にはバンコクで開催された。

出典[編集]

  1. ^ 福岡市教育委員会(1977) 福岡市席田遺跡群第1次発掘調査概報 福岡市埋蔵文化財調査報告書 第44集

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度35分13秒 東経130度27分47秒 / 北緯33.58689度 東経130.463度 / 33.58689; 130.463