福重団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 九州地方 > 福岡県 > 福岡市 > 西区 > 福重団地
福重団地
福重団地(室見川より)
福重団地(室見川より) 地図
福重団地の位置(福岡市内)
福重団地
福重団地
福重団地の位置(福岡県内)
福重団地
福重団地
福重団地の位置(日本内)
福重団地
福重団地
北緯33度34分12.3秒 東経130度19分32.2秒 / 北緯33.570083度 東経130.325611度 / 33.570083; 130.325611
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Fukuoka Prefecture.svg福岡県
市町村 Flag of Fukuoka City.svg福岡市
西区
人口
(2022年7月末現在)1~9号棟合計
 • 合計 1,290人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
819-0023
市外局番 092
ナンバープレート 福岡

福重団地(ふくしげだんち)は福岡県福岡市西区にある市営住宅であり、その地名。面積は5.26ヘクタール[1]。2022年7月末現在の人口は1,290人[2]郵便番号は819-0023[3]

地理[編集]

福岡市の中心とされる中央区天神の西側、西区の東部、室見川の西岸に位置する。北で福重と、西で室見川を介して早良区小田部と、南及び東で福重と隣接する。町域内は主に住宅地公営住宅)として利用される。所在地は、〒819-0023福岡県福岡市西区福重団地(福重団地 - Google マップ)。

河川[編集]

町域の河川については、東側に接して室見川二級河川)が流れる。

都市計画[編集]

都市計画に関しては、「福岡市都市計画マスタープラン」[4]において、低中層住宅地として位置づけられた地域である。用途地域は、ほぼ全域が第一種中高層住居専用地域に指定されている。

沿革[編集]

1978年昭和53年)に福岡市西区の町名として制定された。もとは西区福重小田部(ともに大字)の各一部。かつては室見川に隣接する水田であったが、昭和50年代に入り、国道202号バイパス今宿新道が整備されると、市によって15階・9階建の高層住宅を含む共同住宅が建設された[5]室見川には小田部大橋が架かり、国道202号が繋がることにより、天神などの都心部への交通の便も良くなった。1979年(昭和54年)に共同住宅の竣工と併せて、福重四丁目に福重小学校が開校した。

共同住宅の概要[編集]

共同住宅(福岡市営福重住宅)の概要は次の通り[6][7]。竣工年度:1977年(昭和52年)及び1978年(昭和53年)[8]

  • 福重団地一区(1号棟から3号棟まで、福重団地772号線の西側)
団地一区の住棟一覧
住棟名 面積(m2) 竣工年月日 階数 位置
福重1号棟 2,911.00 1978年(昭和53年)3月31日 5 南側
福重2号棟 2,328.80 1977年(昭和52年)3月31日 5 西側
福重3号棟 1,282.20 1977年(昭和52年)3月31日 5 北側
  • 福重団地二区(4号棟から9号棟まで[注釈 1]、福重団地772号線の東側)
団地二区の住棟一覧
住棟名 面積(m2) 竣工年月日 階数 位置
福重4号棟 5,602.05 1977年(昭和52年)3月31日 15 西列の南側
福重5号棟 12,253.90 1977年(昭和52年)3月31日 15 東列の南側
福重6号棟 26,095.36 1977年(昭和52年)3月31日 15 東列の中間
福重7号棟 11,751.14 1977年(昭和52年)3月31日 15 西列の中間
福重8号棟 8,065.83 1978年(昭和53年)3月31日 9 西列の北側
福重9号棟 6,170.61 1978年(昭和53年)3月31日 9 東列の北側

国道202号(通称今宿新道)より小田部大橋西の室見川沿岸に川と並行に「団地二区」、その西側に「団地一区」がある。福岡市の人口の増加に伴い建設された市営住宅であり、竣工より数年前は、1975年の地図[9]などで確認できる通り、福重四丁目に住宅が立ち並ぶだけで、空き地が目立っていた。

人口[編集]

福重団地の人口の推移を福岡市の住民基本台帳(公称町別)[2]に基づき示す(単位:人)。集計時点は各年9月末現在である。

交通[編集]

施設[編集]

  • 福重東公園(街区公園、面積:2,000平方メートル)

校区[編集]

小学校・中学校については町内には存在しないが、校区については、次の学校の校区に属する[10]

参考文献[編集]

  • 編纂委員会 『角川日本地名大辞典、40、福岡県』角川書店、1988年。ISBN 978-4040014005 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 福重団地二区は6棟で構成されるが、廊下等で繋がり、一体の建築物に見える。

出典[編集]

  1. ^ 福岡市統計調査課. “平成27年(2015年)国勢調査の結果”. 福岡市. 2022年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 福岡市統計調査課. “登録人口(公称町別)- 住民基本台帳(日本人)男女別人口及び世帯数”. 福岡市. 2022年9月3日閲覧。
  3. ^ 福岡県 福岡市西区 福重団地の郵便番号 - 日本郵便”. 2022年8月12日閲覧。
  4. ^ 福岡市. “福岡市都市計画マスタープラン”. 福岡市都市計画課. 2022年3月25日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典、40、福岡県』、1172頁。
  6. ^ 福岡市. “福岡市営住宅条例”. 2022年9月3日閲覧。別表第1-7-西区
  7. ^ 福岡市財政局財産有効活用部財産活用課公有財産係. “固定資産台帳の公表”. 2022年9月3日閲覧。→固定資産台帳データ→固定資産台帳(令和2年度末時点)
  8. ^ 福岡市住宅供給公社”. 2016年8月13日閲覧。
  9. ^ Googleマップを使って過去の地形図や空中写真を見る”. 2016年8月13日閲覧。
  10. ^ 福岡市. “福岡市通学区域”. 福岡市都市計画課. 2022年3月25日閲覧。