シーサイドももち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 九州地方 > 福岡県 > 福岡市 > 早良区中央区 > シーサイドももち
シーサイドももち地区の空撮画像(手前側が地行浜地区、奥が百道浜地区)
シーサイドももち遠景

シーサイドももちは、福岡市早良区及び中央区にある埋め立てウォーターフロント開発地区。

概要[編集]

以前「百道海岸」と呼ばれていた海岸を、1982年4月から開始された埋め立てによって構築された。範囲としては樋井川河口の臨海部が人工の砂浜となっている「シーサイドももち海浜公園」の位置するエリアである、樋井川と室見川に挟まれた西側の早良区百道浜(ももちはま、1 - 4丁目)、樋井川右岸(東側)の中央区地行浜(じぎょうはま、1・2丁目)全体を指す[1]。一般的には「百道浜」「ももち浜」と呼ばれることが多い。「百道」と呼ばれることもあるが、百道は本来早良区役所周辺(地下鉄藤崎駅近く)の地域名である。

1989年に当地区において開催されたアジア太平洋博覧会(通称:よかトピア)の閉幕後、現在の形へと開発が進められた。福岡空港制限表面から離れた場所となっていることもあって中心業務地区である天神より高層の建築物が建てられる傾向があり、福岡の副都心ともなっている。百道浜地区には福岡タワー福岡市総合図書館福岡市博物館や、RKB毎日放送テレビ西日本の社屋、情報関連企業や情報技術研究開発機関、高層ビルマンションが数棟ある。地行浜地区にはホークスタウンが広がっており、福岡ヤフオク!ドームヒルトン福岡シーホークなどがある。

当地区のモデルとなった神戸ポートアイランドは、東京お台場臨海都市再開発に先行した、日本で最先発の臨海部の開発として知られる。

1994年公開の映画『ゴジラvsスペースゴジラ』では周辺一帯が舞台となり、大規模なロケが行われた。2001年度NHK大河ドラマ北条時宗』の撮影においては、中世博多の様子を再現したオープンセットが設けられ、「中世博多展」も開催された。

交通アクセス[編集]

百道浜地区

  • 福岡市地下鉄空港線西新駅1番出入口より徒歩10分。
  • 西鉄バス
    • よかトピア通り:西南中高前 - 博物館南口 - 百道中央公園西口 - 百道浜四丁目
    • 市道地行百道線:百道ランプ口 - 医師会館・ソフトリサーチパーク前 - 博物館北口 - 福岡タワー(TNC放送会館) - 福岡タワー南口 - ももち浜クリニックゾーン
  • FUKUOKA OPEN TOP BUS
    • シーサイドももちコース:福岡タワー
    • 福岡きらめき夜景コース:福岡タワー
  • 福岡高速環状線百道出入口

地行浜地区

  • 福岡市地下鉄空港線唐人町駅3番出入口より徒歩約10分。
  • 西鉄バス
    • よかトピア通り:ヤフオクドーム前 - 領事館前
    • 市道地行百道線:九州医療センター - ヒルトン福岡シーホーク/ヒルトン福岡シーホーク前
  • FUKUOKA OPEN TOP BUS
    • 福岡きらめき夜景コース:ヒルトン福岡シーホーク
  • 福岡高速環状線百道出入口または西公園出入口

所在施設[編集]

百道浜地区

地行浜地区

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡市海浜公園3地区マップ”. 福岡市海浜公園海っぴビーチ. マリゾン・博多湾環境整備共同事業体(福岡市海浜公園指定管理者). 2016年3月26日閲覧。

関連項目[編集]

  • 百道 - シーサイドももちを含む地区
  • 西新 - 南に隣接する地区
  • 唐人町 - 南東に隣接する地区
  • 藤崎 - 南西に隣接する地区
  • 椎名林檎 - 福岡県出身。アルバム『無罪モラトリアム』収録曲「正しい街」の歌詞に「百道浜」の名で登場する。

外部リンク[編集]