舞鶴公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舞鶴公園
Maiduru Park 2010A.jpg
分類 総合公園
所在地
座標 北緯33度35分10.9176秒 東経130度23分6.6912秒 / 北緯33.586366000度 東経130.385192000度 / 33.586366000; 130.385192000座標: 北緯33度35分10.9176秒 東経130度23分6.6912秒 / 北緯33.586366000度 東経130.385192000度 / 33.586366000; 130.385192000
面積 39.3ha
前身 福岡城址、大日本帝国陸軍第12師団歩兵第24連隊駐屯地
開園 1948年
運営者 福岡市
設備・遊具

陸上競技場、球技場、梅園

芝生広場、菖蒲園、牡丹芍薬園など
駐車場 あり(139台)
事務所 舞鶴公園管理事務所
事務所所在地 福岡市中央区城内1-4
公式サイト 舞鶴公園

舞鶴公園(まいづるこうえん)は、福岡県福岡市中央区にある福岡城の本丸址を中心とする公園。福岡市中心部大濠公園の東部に隣接する位置にあり、市民の憩いの場となっている。城址には約500本の桜が植えられており、毎年春には大勢の花見客で賑わう。

概要[編集]

福岡城址のある同場所には、1871年福岡県庁が置かれた。福岡県庁が、1876年福岡市中央区天神に移転したのち、旧陸軍第12師団歩兵第24連隊駐屯地が置かれるが、第二次世界大戦後、福岡城址、連隊跡地をまとめる形で当公園が設置された。1948年に第3回国民体育大会が開催される際に、陸軍施設跡地には、平和台陸上競技場を設置、翌1949年平和台野球場などを含め「平和台総合運動場」が併設され、そのほかにも続々と公共施設等が建築された。

全域公園化[編集]

平和台野球場およびその周辺から鴻臚館(こうろかん)跡が発見され、周辺を歴史公園として整備する「舞鶴城址将来構想」(セントラルパーク構想)に基づく整備計画が進行している。舞鶴公園と大濠公園にはさまれた地区には、福岡城跡にもかかわらず、個人の住宅地などの私有地が出来てしまい「城内住宅」と呼ばれている。それ以前は陸軍練兵場であったが、戦後、外地からの引揚者や戦災被害者のための一時集団住宅地となっていたが、この構想計画に基づく住宅地区の公園化のために土地取得が行われている[1]

この地域から移転した施設[編集]

この地域から移転が計画されている施設[編集]

平和台陸上競技場、テニスコート ラグビー場 その他スポーツ施設などについては、現在代替地などの検討を行っている。

施設[編集]

交通アクセス[編集]

周辺隣接施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]