奈多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奈多
奈多海岸の崖
奈多海岸の崖
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Fukuoka Prefecture.svg福岡県
市町村 Flag of Fukuoka City.svg福岡市
東区
面積
 • 合計 37.64ha
人口
2016年7月30日現在) 一丁目〜三丁目
 • 合計 4.232人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
811-0204
市外局番 092
ナンバープレート 福岡

奈多(なた)は、福岡県福岡市東区町名。市の北端、海の中道の付け根に位置し、北の日本海側には砂丘をもつ奈多海岸が広がり、南は博多湾に面する。奈多の地は、江戸時代には奈多落雁(なたらくがん)として博多八景の一つに数えられていた[1]

現行行政地名は奈多一丁目から奈多三丁目・奈多団地住居表示実施区域)及び大字奈多(住居表示未実施区域)。これらを合わせた面積は37.64ヘクタール[2]郵便番号は811-0204。

語源[編集]

この土地の形状である崖地・砂丘から「長処」(ながれた)あるいは「灘」(なだ)れる事から荒海を呼んだ事に由来する[3]

沿革[編集]

1970年代、人口の増加とともに奈多団地が建設され、それに伴い1981年昭和56年)には奈多小学校も開校し、現在のような街が形成された。詳細は次の通り。

地理[編集]

雁の巣レクリエーションセンター奈多駅の間には、飛び地のように雁の巣一丁目〜三丁目と雁ノ巣駅がある。

産業[編集]

  • 17世紀初期に平戸のイギリス商館長を務めたリチャード・コックスが記した『イギリス商館長日記』1615年元和元年)6月19日付の記には、「私は今日、庭を作り琉球から来た芋を植えた。日本ではまだ植えたことのないものだ。」とあるが、ごく最近まで奈多から三苫へかけて一面にサツマイモ畑が広がっていた[5]
  • 昭和36年当初は海苔の養殖、加工が盛んで海苔小屋が複数あったが昭和50年代にはまばらとなる。

施設[編集]

公共公益施設[編集]

学校[編集]

町内に中学校は存在しないが、校区については、次の学校の校区に属する[7]

その他[編集]

名所・旧跡[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 西鉄バスの停留所:奈多団地入口、奈多、奈多松原

道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ No.212 博多八景展 - 福岡市博物館、2016年8月19日閲覧。
  2. ^ 平成27年(2015年)国勢調査の結果
  3. ^ 『筑前の古地名・小字』、28頁
  4. ^ 「第5章 奈多村の歴史」『ふる里のむかし』和白郷土史研究会、和白校区自治協議会、福岡市東区和白3丁目、2006年、198頁。
  5. ^ 『筑前の古地名・小字』、28頁
  6. ^ 福岡市. “福岡市漁港管理条例”. 福岡市. 2012年5月25日閲覧。福岡市. “福岡市漁港管理条例施行規則”. 福岡市. 2012年5月25日閲覧。
  7. ^ 福岡市通学区域

関連項目[編集]

  • 福岡市の地名(福岡市の現行の全町名のほか、地名の変遷に詳しい。)

参考文献[編集]

  • 池田善郎 『筑前の古地名・小字』 石風社、2013年。ISBN 978-4-88344-222-5