福岡市博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 福岡市博物館
福岡市博物館
福岡市博物館の位置(福岡市内)
福岡市博物館
福岡市内の位置
施設情報
正式名称 福岡市博物館
愛称 市博(しはく)
前身 福岡市立歴史資料館
専門分野 歴史考古学仏教美術民俗
事業主体 福岡市経済観光文化局
管理運営 福岡市経済観光文化局
開館 1990年平成2年)
所在地 814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1番1号
位置 北緯33度35分23.294秒
東経130度21分11.134秒
座標: 北緯33度35分23.294秒 東経130度21分11.134秒
プロジェクト:GLAM

福岡市博物館(ふくおかしはくぶつかん)は、福岡県福岡市早良区に位置する市立博物館である。

沿革[編集]

従来からあった福岡市立歴史資料館(現在の福岡市文学館)が手狭になったことから、当初はアジア太平洋博覧会の開催に合わせ会場内のテーマ館として建設され、博覧会の終了により一旦閉鎖し改装、1990年10月18日に博物館として正式に開館した。シーサイドももち地区の中央に位置し、西側に福岡市総合図書館、北側に福岡タワー、川を挟んだ東側に福岡ドームなどがあり、観光スポットとなっている。

展示内容[編集]

展示品・収蔵品は漢倭奴国王印金印)や福岡県民謡黒田節にも謡われている天下三名槍の「日本号」をはじめとして、博多・福岡との関連性の強い歴史的資料が中心である。展示は金印に始まり、板付遺跡鴻臚館等、主に福岡市内の遺跡から発掘された遺物を中心に時代順に展示されている。また、市民などからの寄贈品も多くコレクションしている。また、開館に伴って福岡市美術館から旧福岡藩黒田氏伝来所蔵品(黒田資料)のうち武具類や古文書等が移管された(金印や日本号も黒田資料の一部である)。現代の収蔵品では、現存する日本最古の国産自動車で機械遺産として認定されているアロー号動態保存している。

施設[編集]

1階
  • グランドホール
  • 体験学習室「みたいけんラボ」
  • 講堂
  • 講座室1
  • ミュージアムショップ(売店)
  • 収蔵庫
  • 撮影室
2階
  • 常設展示室(2013年11月3日全面リニューアル)
  • 企画展示室
  • 情報検索コーナー
  • 特別展示室
  • 読書室
  • 講座室2
  • 講座室3
  • 喫茶・談話室
  • 展望ロビー
玄関前
  • 「雄弁」「力」「勝利」「自由」(銅像、ブールデル作)の展示

指定文化財[編集]

金印
同上 印影(「漢委奴国王」)
国宝
重要文化財
  • 紙本著色洛中洛外図 六曲屏風一双
  • 黒糸威胴丸具足 一の谷兜・小具足付(黒田長政所用)附:水牛脇立兜2頭、紙本著色黒田長政像1幅
  • 短刀 銘国吉
  • 金霰鮫打刀拵(きんあられざめ うちがたなこしらえ) 中身備州長船祐定
  • 壺形土器 福岡市城ノ原出土

利用情報[編集]

開館時間[編集]

9:30~17:30(入館は17:30まで)

休館日[編集]

月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)、12月28日~1月4日

常設展観覧料[編集]

特別展は別途入場料が必要となっている。

交通[編集]

西新駅・藤崎駅からバス利用も可能だが、本数は少ない。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳の3種類(本人及び介護者1人を含む)
  2. ^ シルバー手帳運転免許証など年齢が確認できるものを提示した場合

関連項目[編集]

外部リンク[編集]