黒田長政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒田 長政
Kuroda Nagamasa.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄11年12月3日1568年12月21日
死没 元和9年8月4日1623年8月29日
改名 松寿丸(幼名)、黒田長政
別名 吉兵衛(通称)
戒名 興雲院殿古心道卜大居士
霊名 ダミアン
墓所 崇福寺福岡市
大徳寺塔頭龍光院京都市北区
祥雲寺渋谷区
官位 従五位下従四位下甲斐守筑前守
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
筑前福岡藩
氏族 小寺氏黒田氏
父母 父:黒田孝高(官兵衛・如水)
母:櫛橋光(幸圓、照福院。櫛橋伊定の娘)
兄弟 長政熊之助
正室蜂須賀正勝の娘(豊臣秀吉養女)
継室栄姫(大涼院。保科正直娘・徳川家康の姪で養女)
忠之、甚四郎、長興高政、菊子(井上庸名室)、徳(榊原忠次正室)、亀子(池田輝興正室)[1]

黒田 長政(くろだ ながまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名筑前福岡藩初代藩主。

黒田孝高(官兵衛・如水)の長男。九州征伐の功績で中津の大名となり、文禄・慶長の役などでも活躍した。特に関ヶ原の戦いで大きな戦功を挙げたことから、筑前名島に52万3,000を与えられ、福岡藩初代藩主になった。父の孝高と同じくキリシタン大名であったが、棄教した。

生涯[編集]

織田家の人質時代[編集]

永禄11年(1568年)12月3日、黒田孝高の嫡男として播磨姫路城に生まれる[2]。幼名は松寿丸

天正5年(1577年)から織田信長への人質として、織田氏家臣の羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に預けられ、その居城・近江国長浜城にて過ごした。

天正6年(1578年)、信長に一度降伏した荒木村重が反旗を翻す(有岡城の戦い)。父の孝高は、懇意であった村重を翻意させるために伊丹城(有岡城)へ乗り込むも逆に拘束された。この時、いつまで経っても戻らぬ父を、村重方に寝返ったと見なした信長からの命令で松寿丸は処刑されることになった。ところが、父の親友の竹中重治が密かに竹中氏の居城・岩手山城にてこれを匿い、信長に処刑したと虚偽の報告をするという機転を効かせたため、からくも一命を助けられている。やがて有岡城の陥落後、救出されて疑念の晴れた父とともに姫路へ帰郷できた。

羽柴(豊臣)家臣時代[編集]

天正10年(1582年)6月、本能寺の変で信長が自刃すると、父と共に秀吉に仕える。秀吉の備中高松城攻めに従い、中国地方毛利氏と戦った(備中高松城の戦い)。

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでも功を挙げて、河内国に450石を与えられる。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは大坂城の留守居を務め、雑賀衆根来衆長宗我部水軍と戦った。その功績により、2千石を与えられる。

天正15年(1587年)の九州征伐では、長政自身は日向財部城攻めで功績を挙げた。戦後、父子の功績をあわせて豊前国中津に12万5,000石を与えられた。しかし豊前の国人勢力は従わずに一揆を起こし、伊予国への転封を拒否した城井鎮房は城井谷城で挙兵した。長政は城井谷を攻撃したが、地の利のある鎮房のゲリラ作戦により惨敗した。そこで黒田父子は付け城を築いて兵站を断つ持久戦をとり、他の国人勢力を攻め下していった。12月下旬、鎮房との間で鎮房の13歳になる娘・鶴姫を人質とする事を条件に、和議が結ばれた。天正16年(1588年)4月20日、長政は鎮房を中津城に招いたが、家臣団は城下の合元寺に留め置かれた。わずかな共の者と中津城に入った鎮房は、長政によって酒宴の席で謀殺された。そして大量の黒田勢が合元寺に差し向けられ、斬り合いの末城井の家臣団は全員が討ち取られた。さらに黒田勢は城井谷城に攻め寄せて陥落させ、鎮房の父・長房を殺害した。また、鎮房の嫡男・城井朝房は、黒田孝高に同行して一揆鎮圧のため出陣していた肥後国で孝高に暗殺された。こうして城井氏の勢力の殲滅に成功した長政は、4月22日、捕らえていた鶴姫を13人の侍女と共に、山国川の畔、広津の千本松河原で磔にして処刑した。

天正17年(1589年)、父が隠居したために家督相続を許され、同時に従五位下、甲斐守に叙任した。

文禄元年(1592年)から行なわれた秀吉の朝鮮出兵である文禄・慶長の役では渡海している。長政は5千人の軍役を課せられ、主将として三番隊を率いて一番隊の小西行長や二番隊の加藤清正らとは別の進路を取る先鋒となった。釜山上陸後は金海、昌原、霊山、昌寧、厳風、茂渓津、星州、金山、秋風嶺、永同、文義、清州、竹山を進撃して5月7日に漢城へ到達した。5月初旬の漢城会議で黄海道を任された三番隊は、平安道担当の一番隊と共に朝鮮王の宣祖を追って開城を攻略した。6月15日の大同江の戦いでは朝鮮軍の夜襲を受け苦戦していた宗義智の軍勢を救援し、長政は負傷するも大いに奮戦し朝鮮軍を破った。翌16日敗退した朝鮮軍が放棄した平壌城を占領した。6月下旬には黄海道の制圧に戻り、7月7日には海州を攻略した。8月初旬の漢城会議での援軍を警戒して戦線を縮小して主要街道を固め、李廷馣の守る延安城を攻撃を行ったが落とすことが出来ず、以後黄海道の広範な制圧から転換して北方からの攻勢に対応するために主要街道沿いにある白川城・江陰城を守った。同じく三番隊の大友吉統は鳳山城・黄州城を拠点とした。文禄2年(1593年)正月に中央から派遣された李如松率いる明の大軍が小西行長らの守る平壌城を急襲し、落城寸前の状態から撤退してきた小西軍を長政は白川城に収用した。漢城に集中した日本軍は碧蹄館の戦いで南下してきた明軍を撃破し、戦意を失った明軍と兵糧不足に悩む日本軍との戦いが停滞する中で、長政は幸州山城の戦いにも出陣した。

和平交渉が進み、日本軍は4月に漢城を放棄して朝鮮半島南部へ布陣を行った。6月には朝鮮南部の拠点である晋州城を攻略し(第二次晋州城攻防戦)、長政配下の後藤基次が先陣争いで活躍した。その後の南部布陣期の長政は機張城を守備する。

慶長元年(1596年)9月に日明和平交渉は大詰めを迎え、秀吉による明使謁見で双方の外交担当者による欺瞞が発覚して交渉が破綻すると秀吉は諸将に再出兵を命じた。慶長2年(1597年)7月に元均率いる朝鮮水軍による攻撃があり、反撃により漆川梁海戦で朝鮮水軍を壊滅に追い込んだ日本軍は8月より主に全羅道から忠清道へ攻勢を掛けた。長政は再度5千人の軍役を課せられ右軍に属して黄石山城を攻略し(黄石山城の戦い)、8月に全州で左軍と合流し、全州会議に従って各軍の進路を定めた。長政は加藤清正や毛利秀元らと右軍を形成して忠清道の天安へ進出した。日本軍の急激な侵攻を受けて、漢城では明軍が首都放棄も覚悟したが明軍経理の楊鎬が抗戦を決意し、派遣された明将の解生の軍と長政軍が忠清道の稷山で遭遇戦(稷山の戦い)となり、激戦の末に秀元の援軍もあり明軍を撃破し、数日間稷山に駐屯した。『黒田家譜』によると駐屯中の長政に対して、解生は白鷹を贈るなどして和議を求めたとされる。長政軍が稷山に至ると漢城では恐れ戦いた多くの人々が都から逃亡した[3]。その後、長政は秀元、清正と鎮州で会議を行い、竹山、尚州、慶山、密陽を経て梁山倭城を築城して守備についた。

占領地を広げて冬営のために布陣していた日本軍に対し、12月末から経理楊鎬・提督麻貴率いる明軍が完成間近の蔚山倭城へ攻勢をかけ(第一次蔚山城の戦い)、加藤清正が苦戦すると西部に布陣していた日本軍は蔚山救援軍を編成して明軍を撃破した。長政はこの救援軍に600人を派遣しており、後にその不活発さを秀吉から叱責される。明の攻撃を受けた諸将は今後の防衛体制を整えるために蔚山倭城(最東方)、順天倭城(最西方)、梁山倭城(内陸部)の三城を放棄して戦線を縮小する案を秀吉に打診したが却下された。結局、長政の梁山倭城のみ放棄が認められ、以後撤退命令が出るまで長政は亀浦倭城へ移陣した。慶長3年(1598年)8月18日に秀吉が死去し、日本軍が明軍を三路の戦いで撃破すると長政ら日本軍はそのまま撤退した。

このように朝鮮では数々の武功を挙げたが、同時に吏僚である石田三成や小西行長らと対立した。

関ヶ原[編集]

関ヶ原の戦いの黒田長政・竹中重門陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)

慶長3年(1598年)8月、秀吉が死去すると、三成ら文治派との対立路線から五大老徳川家康に接近し、先に結婚していた蜂須賀正勝の娘と別れ、家康の養女(保科正直の娘)を正室に迎えた。

慶長4年(1599年)閏3月に前田利家が死去すると、福島正則や加藤清正ら武断派(いわゆる七将)と共に石田三成を襲撃した。

慶長5年(1600年)に家康が会津の上杉景勝討伐(会津征伐)の兵を起すと家康に従って出陣し、出兵中に三成らが大坂で西軍を率いて挙兵すると、東軍の武将として関ヶ原の戦いにおいて戦う。本戦における黒田隊の活躍は凄まじく、切り込み隊長として西軍に猛攻を加え、東軍をしばしば敗走させた石田三成の家老・島清興を戦闘不能に追い込み、進軍を迷っていた小早川秀秋を一喝して突撃させ、西軍敗走の端緒を作り出している。さらに長政は調略においても西軍の小早川秀秋や吉川広家など諸将の寝返りを交渉する役目も務めており、それらの功により戦後、家康から一番の功労者として子々孫々まで罪を免除するというお墨付きをもらい、筑前名島(福岡)に表高52万3千石、実高では100万石とされる大国を与えられた。

江戸時代[編集]

慶長8年(1603年)、従四位下、筑前守に叙任される。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では江戸城の留守居を務め、代理として嫡男の黒田忠之が出陣。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では江戸幕府2代将軍徳川秀忠に属して豊臣方と戦った。

元和9年(1623年)8月4日、徳川秀忠の上洛に先立って早くに入京したが、まもなく発病して京都報恩寺で、56歳で死去。跡を長男・忠之が継いだ。

辞世は「此ほどは浮世の旅に迷ひきて、今こそ帰れあんらくの空」。

人物・逸話[編集]

黒田藤巴紋

父・孝高ほどの知略の人物ではなく、どちらかといえば武勇に優れた勇将であった[2]。ただし関ヶ原における調略に代表される様に、高い知略も持ち合わせていた。

近年、歴史学者の渡邊大門が唱えている新説によれば、父の孝高が天下取りも出来るほどの逸材だったと宣伝したのは実は長政であったという。長政の遺言書には、「自分と父は、関が原の戦いで天下を取ろうと思えば取れた。父はほぼ九州を支配下においており、自分がいなければ徳川家は関ヶ原で勝てたかどうかわからない。徳川家に天下を取らせることが良いことだと思ったために、この程度で甘んじたのだ。家康公もそのことがよくお分かりだったので、実質的に100万石の領地を与えられ、将軍家の姫君が降嫁し、子々孫々まで罪を免除されたのだ」と大いに自己宣伝をしている。これを伝え聞いた黒田藩士の貝原益軒らが、『黒田家譜』において黒田孝高を持ち上げたために、黒田孝高の逸話が多く作られたとされている。なお、長政の遺言書は黒田騒動の時に幕府に寛大な措置を求める為に用意された偽作説もある[4]

秀吉の死後は藤堂高虎に匹敵するかのように、家康に忠実に仕えた。蜂須賀正勝の娘を離縁して家康の養女を娶り、さらに家康の命令の普請賦役を恙無くこなした。これにより、外様大名でありながらも信頼された。

三成を恨んだのは、かつて父が失脚した一因に三成との対立があったからだと言われる。しかしこれには後日談があり、関ヶ原の合戦後に三成への侮蔑の言葉を浴びせずに馬を降りて敵軍の将として礼節を示したのは、長政と藤堂高虎だけだったとされる。この時、長政は馬から降りて自らの羽織を三成に遣わし「不幸にしてこうなってしまわれた。これを召されよ」と着ていた羽織を脱いで縄目の上から掛け、手向けの言葉を送った[5]

熟慮断行の気性であったようであり、父・如水はそれを優柔不断のように見えたのか「自分はかつて小早川隆景に、物事の決断が早すぎるので慎重にしたほうがよいと言われたが、おまえはその逆だから注意しろ」との意味の言葉をかけたらしい。長政はその言葉をヒントに、後年「異見会」という家老と下級武士の代表を集め対等な立場で討論の上で決断する仕組みを作ったとされる。

関ヶ原戦直後、家康は長政の功労に自らその手をとって賞したという。帰郷してこの事を父・如水に話すと、如水に「それはどっちの手であった」と尋ねられた。長政が「右手でございます」と答えると、如水に「その時左手は何をしていた」(即ちなぜその時左手で家康を刺さなかったか、家康とお前が刺し違えて死ねば俺がその後で天下が取れたのだと言う意味)と詰問されたという話がある[6]

晩年には長男の万徳丸(後の黒田忠之)の器量を心配して、いくつもの家訓(御定則)を与えている(御定則は後世の創作であるとも)。また、一時は忠之を廃して3男の黒田長興を後継者にすることを考えたとされる。後に忠之の時代に黒田騒動が起こった事を考えると、この長政の心配は当たっていた事になる。

父・如水が死去すると、黒田家随一の勇将で武功も多く如水から大名並みの厚遇を与えられていた後藤基次を追放し、さらに奉公構という措置を取った。これは、長政が基次の功績と、かつて如水に寵愛された事を嫉妬したからだと巷間言われた。しかし、実際には、むしろ如水が基次を「謀反人の一族なので、そば近くに召し使うことは無用」と命じたにもかかわらず、長政が厚遇したのである。基次出奔も、長政が仲の悪い細川家との付き合いを家臣に禁じたにもかかわらず、これに従わなかったことが原因とされる。

忠之が4歳の袴着式を迎えた時、母里友信は「父君以上の功名を挙げなさい」と言ったという。それを知った長政は「父以上の功名とは何事だ」と激怒し、友信を殺そうとしたという。ただし、周囲から取り成しにより収まった。

死の床につき、家老宛に「徳川が天下を取れたのは、黒田父子の力によるもの」としたためたという。このことから関ヶ原の戦いでの東軍勝利の影の功労者として、長政はこの戦いを生涯の誇りとしたとされる[7][2][8]

バテレン追放令により、秀吉から改宗を迫られ、父の孝高が率先してキリスト教を棄教すると長政自らも改宗した。徳川政権下では迫害者に転じ、領内でキリシタンを厳しく処罰したという。

長政は常に秀吉・家康と誰かの下にあって戦場で働いたため、自分が最高司令官になって大軍の指揮を執りたいという望みがあった[2]。長政は筑前の太守になると、2万の兵の調練を行なった[8]。だが大坂の陣も結局は家康の戦であり、長政が最高司令官になる機会は遂に無かった。長政は死の直前、遺言として「死に際し残念なのは、今2万の士卒を率いる将であり、日頃よく調練し、戦いに臨めば節制厳粛にして縦横無尽、心のごとく自由ならしめんことが必然なのに、これを試みることができないことである」と述べたという[註 1]

系譜[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 『黒田家譜』

出典[編集]

  1. ^ 子女名は『黒田家譜』による
  2. ^ a b c d 楠戸義昭『戦国武将名言録』P418
  3. ^ 兵至稷山,都城人,皆奔散。『懲毖録』
  4. ^ 渡邉『黒田官兵衛・長政の野望 もう一つの関ヶ原』角川学芸出版、2013
  5. ^ 楠戸義昭『戦国武将名言録』P164
  6. ^ ただし、この逸話は江戸時代の著者不明の古文書『古郷物語』が出所であり、現在確認できるそれ以前の史料には一切登場していない。長政が創作したいわゆる黒田官兵衛伝説の一つと考えられており、本郷和人も「如水の性格から言って考えにくい、この時の長政は唯一の黒田家の跡取りで、ここまで非情なことをする人ではない」と否定的な意見を述べている(本郷「戦国武将のLOE」週刊文春、2014年1月1日号)
  7. ^ 小学館『戦乱の日本史』
  8. ^ a b 楠戸義昭『戦国武将名言録』P419
  9. ^ 悪のウルトラマン・ベリアルも登場! “ウルフェス前夜祭”をレポート!!

参考文献[編集]

書籍
史料

関連作品[編集]

関連項目[編集]