菩提山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
菩提山城
岐阜県
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 竹中重元
築城年 1559年(永禄2年)
主な城主 竹中氏
廃城年 1600年(慶長5年)
遺構 本曲輪・二の曲輪・三の曲輪・西の曲輪・台所曲輪・大手曲輪・出曲輪・腰曲輪・竪堀堀切土塁
指定文化財 垂井町指定史跡
再建造物 なし
位置 岐阜県不破郡垂井町岩手

菩提山城(ぼだいさんじょう)は、岐阜県不破郡垂井町の菩提山にあった山城である。竹中重元岩手弾正を滅ぼした後、竹中氏の居城として新たに築城したものとされ、麓に竹中氏陣屋が築かれるまで使用された。西美濃では最大級の山城である[1][2]

概要[編集]

伊吹山系の東端にある菩提山(402メートル)山頂に築かれた東西150メートル・南北300メートルの山城で、竹中重元が同地の豪族であった岩手氏を滅ぼして新たに築城した。以後、重元・重治重門の3代にわたり使用され、重門が麓の竹中氏陣屋に居を移したことで廃城となった。

歴史[編集]

  • 1558年永禄元年) - 竹中重元が岩手弾正を滅ぼし、6千貫の領主となる。
  • 1559年(永禄2年) - 竹中重元が菩提山に菩提山城を築く。
  • 1560年(永禄3年) - 重元が病没し、子の重治(半兵衛)が家督を継ぎ城主となる。
  • 1565年(永禄7年) - 重治が16人の手勢で稲葉山城(岐阜城)を落とす。重治は、斎藤氏の滅亡後は織田信長豊臣秀吉に仕える。
  • 1579年天正7年) - 重治が播磨三木城攻め(三木合戦)の陣中にて病没し、子の重門が家督を継ぎ城主となる。
  • 1600年慶長5年) - 重門は関ヶ原の戦いにて東軍につき、徳川家康に菩提山城を提供する。戦後、麓の竹中氏陣屋に居を移し、菩提山城は廃城となる。

アクセス[編集]

公共交通機関[編集]

[編集]

名神高速道路[編集]

東海環状自動車道[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菩提山城跡 - 文化財マップ”. 垂井町文化財アーカイブ. 2017年1月5日閲覧。
  2. ^ 菩提山城跡”. 垂井町観光協会. 2017年1月20日閲覧。

関連項目[編集]