秋月種茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
秋月種茂
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛保3年11月30日1744年1月14日
死没 文政2年11月6日1819年12月22日
改名 黒帽子(幼名)  種類、鶴山(法号
別名 通称:兵部、右京亮)
戒名 清観院殿前佐州大守真乗宗円大居士
墓所 東京都港区南麻布の光林寺
官位 従五位下山城佐渡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治家斉
日向高鍋藩
氏族 秋月氏
父母 父:秋月種美、母:黒田長貞娘・春姫
兄弟 キセ(秋月種武室)、縫殿(早世)、
種茂、フミ(山田重遠室)、
イク(早世)、トミ(内田正矩室)、
ナカ(手塚吉従室)、上杉鷹山
相良晃長、セイ(小田久知室)、
大久保忠快、亀三郎(早世)、
政次郎(早世)、エツ(柴垣定信室)、
トマ(早世)、秋月種懐
トヨ(泥谷直之室)、中条信義
フチ(榊原政栄養女)、斉藤利国
正室:松平明矩娘・盈子
種徳、ケイ(山田重礼室)、黒田長舒
チセ(中村道義室)、岩次郎(早世)、
常三郎(早世)、秋月種備、松五郎(早世)

秋月 種茂(あきづき たねしげ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名日向国高鍋藩7代藩主。名君と呼ばれた米沢藩上杉鷹山の兄に当たる。

生涯[編集]

寛保3年(1744年)、6代藩主・秋月種美の長男として誕生。上杉鷹山の兄だけあり、種茂も名君であった。宝暦6年(1756年)11月15日、9代将軍徳川家重にお目見えする。宝暦7年12月18日、従五位下山城守に叙任する。宝暦10年7月8日、父・種美の隠居により家督を継ぐ。宝暦11年4月18日、初めてお国入りする許可を得る。

藩主になると藩政改革に臨んだ。改革に必要なものは人材登用であると考え、安永7年(1778年)に藩校明倫堂を創設した。このとき、種茂は藩校に通える者を武士だけに限らず、民百姓に対しても開いた。この明倫堂からは、明治時代に活躍する多くの人材(三好退蔵秋月左都夫石井十次)が出ている。また、財政再建政策も行った。天明8年(1788年)11月6日、家督を長男・種徳に譲って隠居したが、なおも実権は握り続けた。

文政2年(1819年)11月6日、死去。享年77。