榊原氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
榊原氏
家紋
榊原源氏車
本姓 清和源氏河内源氏仁木氏
家祖 榊原満長?
種別 武家
出身地 三河国
主な根拠地 三河国
上野国
陸奥国
播磨国
越後国
著名な人物 榊原康政
凡例 / Category:日本の氏族

榊原氏(さかきばらし)は、三河国にて発生した氏族。

出自[編集]

源義康の子孫が、三河国仁木(愛知県岡崎市仁木町)に移り住み、仁木氏を称する。榊原氏はその庶流を自称した。ただし、榊原氏は伊勢国一志郡榊原村(現在の三重県津市)から取ったとされ、『寛政譜』にも榊原清長が伊勢から移住したことが記され、伊勢国にも北畠氏豊臣氏に仕えた榊原氏がいたことが知られていることから、伊勢の榊原氏が本家筋であったとみられる。また、三河に移った榊原氏にも複数の系統があり、後年大名になった榊原氏はその中でも分家筋だったとする可能性もある[出典 1]

戦国時代[編集]

戦国時代には松平氏に仕えたが、元々は陪臣であったという。旗本先手役を新設した徳川家康に抜擢された式部大輔康政は、本多忠勝と並んで頭角を現すと徳川四天王徳川十六神将に数えられ、上野国館林藩主となった。子孫は譜代親藩となる。

江戸時代[編集]

式部大輔康政の子である康勝(三男)は嗣子無きまま、大坂の陣の際に痔が悪化して死亡した。榊原家は断絶しかけるが、徳川家康直々の裁断により、康勝の長兄で母方の大須賀家を相続した大須賀忠政の子の忠次が榊原家を継承した。これにより大須賀家は断絶した。のちに、康勝には勝政という隠し子が存在し、榊原家の重臣らが意図的にこれを隠匿していたことが発覚し、重臣らは処分される。勝政は幕府に取り立てられ、子の代より旗本榊原家となる。

忠次の孫の政倫が嗣子無きまま19歳で死去し、榊原式部大輔家は5代で一度断絶しかけた。しかし、親族の大名家による家名存続活動が実を結び、前述の旗本榊原家より養子の政邦(康勝の曽孫)が入り断絶を免れた。その子の政祐の死去の際にも勝政系旗本榊原家から政岑末期養子に入っている。

榊原政岑はしかし豪勢な遊びを幕府に咎められ、本来改易処分となるところを蟄居隠居および越後高田藩への懲罰転封処分とされた。その跡を継いだ政純は政岑の死後まもなく夭逝し、またも断絶の危機を迎えたが、幕閣から内密の了承を得て、死んだ政純の身代わりに弟の政永を秘かにすり替えることで存続した。

これら懲罰などを重ねつつも榊原家が取り潰しにならなかったのは、藩祖康政の功績が考慮されたことと、最初の断絶の危機の際に家康が直々に家の存続を命じたことで、以降の幕府もその例に倣ったものと考えられる。

幕藩体制下では、下記のように、さまざまな藩地に転封されているが、越後高田に入って以降は落ち着いた。

系図[編集]

一門など[編集]

出典[編集]

  1. ^ 小宮山敏和「榊原家家臣団の形成過程と幕藩体制」(初出:『学習院大学 人文科学論集』15号(2006年)/所収:小宮山『譜代大名の創出と幕藩体制』(吉川弘文館、2015年) ISBN 978-4-642-03468-5