成瀬氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
成瀬氏
家紋
丸に酢漿草まるにかたばみ
下り藤さがりふじ
一文字いちもんじ
本姓 清和源氏満政流三河足助氏
藤原北家良基流二条庶流?
家祖 成瀬基久
種別 武家
華族男爵子爵
出身地 三河国
主な根拠地 三河国
尾張国
下総国
著名な人物 成瀬正頼
成瀬正義
成瀬正一
支流、分家 犬山成瀬家(武家)
栗原成瀬家(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

成瀬氏(なるせし)は、日本氏族のひとつ。



三河成瀬氏[編集]

南北朝時代関白二条良基三河足助氏の当主・足助重範の娘(滝野)の間に生まれた子(成瀬基久)がはじまりと伝わる[要出典]その子孫は松平親氏の代から松平氏に仕えたとされている[要出典]成瀬正成諸侯に列し、江戸時代を通して尾張藩御附家老を勤める。その一方で『華族類別録』では第42類の藤原朝臣藤原忠通裔)とされているが、足助氏の分流として清和源氏満政流を称することもある。

三河成瀬氏[編集]

徳川家康の時代には成瀬正頼の子の正義正一兄弟が武功をあげ、大いに活躍した。

三河成瀬氏歴代当主[編集]

  1. 成瀬基久(二条良基 庶子)
  2. 成瀬基直
  3. 成瀬政直
  4. 成瀬直庸
  5. 成瀬国平
  6. 成瀬国重
  7. 成瀬正頼
  8. 成瀬正義
  9. 成瀬正一

犬山成瀬氏(尾張藩)[編集]

正一の長男正成は家康の元で武功を上げ、栗原藩主に封ぜられ諸侯に列した。後に尾張藩の御附家老として犬山城を与えられるが、正成の代から明治維新まで、犬山成瀬氏は陪臣の扱いを受け続けることになる。このために紀州や水戸の付家老と連携して大名への昇格を画策し、明治維新後、9代当主成瀬正肥は悲願の立藩を果たし、犬山藩藩知事となるが、すぐに廃藩置県が実施される。維新後は男爵、1891年4月23日には子爵陞爵しょうしゃくした。

11代当主に東京大学教授で国文学者の成瀬正勝。また成瀬氏は2004年まで国宝犬山城を代々私有していた。

犬山成瀬氏歴代当主[編集]

  1. 成瀬正成(初代藩主)
  2. 成瀬正虎
  3. 成瀬正親
  4. 成瀬正幸
  5. 成瀬正泰
  6. 成瀬正典
  7. 成瀬正壽
  8. 成瀬正住
  9. 成瀬正肥 - (最期の藩主)
  10. 成瀬正雄
  11. 成瀬正勝 - (国文学者
  12. 成瀬正俊
  13. 成瀬正浩


栗原成瀬家(栗原藩)[編集]

正成が犬山城へ転封となった後に、栗原藩は正成の次男、之成が相続する。之虎が夭折したために、無継断絶となった。

栗原成瀬氏歴代当主[編集]

  1. 成瀬正成(初代藩主)
  2. 成瀬之成
  3. 成瀬之虎(無継断絶)

成瀬掃部家(加賀藩)[編集]

正一の次男、吉正は、はじめ家康の小姓として仕えるが出奔。浅野幸長小早川秀秋前田利常に仕え、最終的に加賀藩家老となり1万1千石を領する。子孫は、人持組の成瀬掃部家。

成瀬吉右衛門家(旗本)[編集]

正一の家督は四男、正勝が相続する。

成瀬(伊東)家(飫肥藩・尾張藩)[編集]

正一の三男、正武の子孫。正武切腹後は妻於仙の実家に戻り、飫肥藩の一門三家の内、伊東主水家、伊東図書家の祖となる。正武の嫡系子孫は尾張藩士となる。明治維新の際に、青松葉事件連座して処刑された正順はこの家の人。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

系譜参考文献

関連人物[編集]

外部リンク[編集]