成瀬正親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
成瀬正親像(白林寺蔵)

成瀬 正親(なるせ まさちか、寛永16年3月11日1639年4月14日)- 元禄16年9月20日1703年10月30日))は、尾張藩附家老尾張犬山藩の第3代当主。

第2代当主・成瀬正虎の長男。正室は小出吉重の娘。子は成瀬正幸(長男)、娘(関長治正室)など。官位は従五位下、隼人正。

幼名は小吉。明暦元年(1655年)に尾張に帰り、翌明暦2年(1656年徳川光友から部屋住領として5,000石が与えられた。万治2年(1659年)、父の隠居により跡を継いだ。このとき、尾張藩より父の隠居料固辞により5,000石の加増を受けて3万5000石を領することとなり、尾張藩の中でも最高の知行を領するようになった。12月に従五位下信濃守に任じられた。寛文元年(1661年)2月、徳川光友から正親と竹腰正晴は尾張家では格別であるため、重要事項以外の雑務を免じて藩主の在府時は書状への加判も必要ないことが命じられた。9月、隼人正に転任。[1]

元禄16年(1703年)9月20日、65歳で死去し、跡を長男の正幸が継いだ。法号は柏貞院殿節功良忠居士。墓所は愛知県名古屋市中区栄三丁目の白林寺。

評価[編集]

  • 「花守夢物語」という書において、正親は父の代からの蓄財を浪費し、家計が維持できないとなると譜代の家臣75人に暇を出し、侫臣を重用し、家中の騒動が近国まで聞こえ、3.5万石も与えるのは尾張藩の無駄だと酷評している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小山、2006年
  2. ^ 小山、2006年

参考文献[編集]

  • 小山譽城『徳川御三家付家老の研究』(清文堂出版、2006年) ISBN 4-7924-0617-X