成瀬正典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
成瀬正典像(白林寺蔵)

成瀬 正典(なるせ まさのり、寛保2年1月2日1742年2月7日)- 文政3年10月18日1820年11月23日))は、尾張藩附家老尾張犬山藩の第6代当主。

第5代当主・成瀬正泰の次男。正室は戸田光雄の娘。子に成瀬正賢(長男)、金田篤行(次男)、小浜隆庸(三男)、成瀬正壽(四男)、青山正周(五男)、娘(成瀬正邦室)、娘(成瀬正育室)。官位は従五位下、隼人正。

幼名は小吉。宝暦8年(1758年)12月、従五位下民部少輔に叙任。 明和5年(1768年)1月28日、父の隠居により跡を継ぐ。

文化6年(1809年)7月29日、家督を四男の正壽に譲って隠居し、文化7年(1810年)に剃髪して浄翁と称し、文政3年(1820年)10月18日に79歳で死去した。法号は一珠院殿自得日慶大禅定門。墓所は愛知県名古屋市中区栄三丁目の白林寺、もしくは修行寺とも言われている。

人物[編集]

  • 父と同様に絵画の才能があり、丹青の技を好み、特に鷹の絵が評価された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小山譽城『徳川御三家付家老の研究』(清文堂出版、2006年) ISBN 4-7924-0617-X