松平光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平光雄
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年8月22日1716年10月7日
死没 宝暦6年11月1日1756年11月22日
改名 織之助(幼名)→光英(初名)→光雄
戒名 万鋒院松厳元盛
墓所 岐阜県本巣市の智勝院
官位 従五位下、丹波
幕府 江戸幕府
信濃松本藩
氏族 戸田松平家
父母 父:松平光煕、母:小野氏
養父:松平光慈
兄弟 光慈戸田光清光雄
正室:佐竹義峯の娘)
側室:石縛氏、久田氏、谷口氏
光徳光和一柳直住(7男)、光悌
娘(松平信直正室)、娘(今城定興室)、
娘(石川総英正室)、娘(成瀬正典正室)、
娘(野々山和義室)、娘(松平忠告正室)、
娘(本多忠直正室)

松平 光雄(まつだいら みつお)は、信濃松本藩の第2代藩主戸田松平家7代。

生涯[編集]

享保元年(1716年)8月22日、山城淀藩の初代藩主・松平光煕の五男として山城淀城で生まれる。享保17年(1732年)10月5日、兄で松本藩主の光慈が死去したため、その末期養子として家督を継ぎ第2代藩主となる。10月15日、将軍徳川吉宗にお目見えする。12月16日に従五位下・丹波守に叙位・任官する。

碓氷関福島関女手形の発行事務は、前藩主の水野氏が改易された後は、高遠藩主に移っていたが、享保20年(1735年)には再び松本藩主の任となって明治維新まで続いた。寛保3年(1743年)11月26日、天領塩尻陣屋廃止に伴い筑摩、佐久、伊那、小県の4郡の内159ヶ村、5万3290石を預地とする(のちに佐久、小県13000石は中之条陣屋に引き渡す)。

宝暦6年(1756年)11月1日に江戸呉服橋邸で死去。享年41。跡を長男・光徳が継いだ。

参考文献[編集]