松平直政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平直政
Matsudaira Naomasa.jpg
松平直政像(月照寺蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長6年8月5日1601年9月1日
死没 寛文6年2月3日1666年3月8日
改名 河内丸→国丸(幼名)→直政
戒名 高真院勤誉一空道善
墓所 島根県松江市外中原町の月照寺
和歌山県高野山奥の院内
官位 従五位下、出羽守、従四位上、左近衛権少将、贈従三位
主君 徳川秀忠家光家綱
上総姉ヶ崎藩主→越前大野藩主→
信濃松本藩主→出雲松江藩
氏族 越前松平家
父母 父:結城秀康、母:月照院(三谷氏)
兄弟 忠直忠昌直政直基直良喜佐姫毛利秀就室)
正室:久姫松平忠良の娘)
綱隆近栄隆政直丘
駒姫(松平直矩正室)、鶴姫(佐竹義処正室)、
竹姫、万姫、亀姫、喜耶姫、松姫(大久保大善夫人)

松平 直政(まつだいら なおまさ)は、江戸時代前期の大名上総姉ヶ崎藩主、越前大野藩主、信濃松本藩主を経て出雲松江藩の初代藩主。直政系越前松平家宗家初代。

生涯[編集]

慶長6年(1601年)8月5日、越前北ノ荘藩主・結城秀康の三男[1]として誕生。近江国伊香郡中河内で生まれたため、河内丸と名付けられた(のち国丸)。

慶長10年(1605年)、家臣の朝日重政に預けられて養育され、慶長12年(1607年)に父・秀康が病死すると、その跡を継いだ異母兄・忠直の庇護を受ける。慶長16年(1611年)4月17日には、忠直の計らいにより京都二条城で祖父・徳川家康に謁見した。のちに、朝日重政と忠直それぞれの偏諱により直政を名乗るようになった。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣に出陣し、冬の陣では真田信繁(幸村)が守る真田丸にて戦った。大坂夏の陣では忠直に従って活躍し、忠直軍は敵将・真田信繁をはじめとする多くの敵将兵の首を獲り、大いなる戦功を挙げている。大坂の陣後、その戦功を祖父・家康から褒め称えられ、家康の打飼袋(食べ物やお金を入れる袋)を与えられた。忠直も直政の活躍を賞賛し、自身の領内に1万石の所領を与えている。元和2年(1616年)5月6日には、江戸幕府から上総姉ヶ崎藩1万石と同年6月には従五位出羽守に叙任され、正式な大名となった。

元和9年(1623年)、兄・忠直が乱行や叔父・徳川秀忠との不仲から家督の座から隠退させられて豊後国に配流されると、直政は寛永元年(1624年)6月、越前大野藩5万石に加増移封され、同年8月6日に従四位下に昇叙(出羽守如元)した。寛永3年(1626年)8月19日、侍従を兼任する。

寛永10年(1633年)4月22日、信濃松本7万石へ加増移封となった。寛永11年(1634年)、松本城に月見櫓、辰巳附櫓を建てて、城門の修復を行うが、これは将軍徳川家光が上洛の帰路に木曾路を経て善光寺参詣の後、松本に立ち寄る予定だったためという[2]。寛永13年(1636年)には松本に新銭座を起こして寛永通宝松本銭を鋳造するなど、家光の従兄弟として小藩では許されない大事業を認可されている[1]。また職人の人足役を免除し、松本町の地子年貢(地役)も免除するなどした[3]

寛永15年(1638年)2月11日、出雲松江18万6千石(及び隠岐1万4千石を代理統治)へ加増移封され、国持大名となった。直政は領内のキリシタンを厳しく弾圧し、これはかつての領主・堀尾氏京極忠高らを上回るほど厳しいものであったらしい。寛文3年(1663年)3月25日、幕命を受けて大沢基将とともに霊元天皇即位の賀使となり、上洛した。同年5月26日、従四位上に昇叙し、左近衛権少将に転任した。出羽守如元。しかし、同年11月26日に病となり、寛文6年(1666年)2月3日、江戸藩邸にて病死した。享年66。家督は長男の綱隆が継いだ。墓所は松江市の月照寺

なお、1927年に松江城本丸に米原雲海による銅像「直政公初陣像」が建立されたが、1943年に金属供出で失った。2009年、島根県庁前に倉澤實による銅像「松平直政公像」が再建された。

人物・逸話[編集]

  • 口達者な人物で、「油口」と影では言われていたほどであったという。ちなみに、直政が家康からもらった打飼袋は月照寺にある。
  • 大坂の陣のとき、生母に「祖父(家康)の目にかなうよう、卑しき母の子として生まれたと後ろ指を差されることのないように」と言われた(『藩翰譜』)[5]。なお、大坂城の真田丸攻めで奮戦したことから、家康に賞賛されたという(『君臣言行録』)[5]。さらに、この真田丸攻めにおいて、敵の大将であった真田信繁(幸村)に若武者ぶりを讃えられて軍扇を投げ渡されている。その軍扇は直政が初代藩主となった出雲松江藩の宝として残され、今も松江城天守閣の一角に展示されている。
  • 大坂冬の陣の際に、生母の身分が低く部屋住みの身分にあった直政には軍資金がなかったが、家来の神谷兵庫西本願寺から2千両もの大金を借りてきたおかげで出陣できたといわれている。
  • 大坂夏の陣の際に、直政の家臣・武藤太兵衛が直政の性器(陰嚢)を握り、「人は怖気づいた時は縮むものですが、殿のは縮んでおりません」と述べたといわれている。
  • 隠岐諸島海士にある後鳥羽天皇陵の修繕、および新社殿の造営を行った。
  • 出雲入府の際、武名の高かった福島正則旧臣の大橋茂右衛門を6千石で召し抱え、家老としている。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b 田中『シリーズ藩物語、松本藩』、P36
  2. ^ 田中『シリーズ藩物語、松本藩』、P35
  3. ^ 田中『シリーズ藩物語、松本藩』、P37
  4. ^ 『官報』第7157号、「叙任及辞令」1907年05月11日。
  5. ^ a b 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 1996年2月、P936の3段

参考文献[編集]

関連項目[編集]