福島宿 (中山道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曾街道六拾九次 福島(歌川広重画)

福島宿(ふくしまじゅく)は中山道37番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県木曾郡木曽町福島。

関所は、宿場の北入口にあった。

特徴[編集]

上の段用水
まつり会館

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、福島宿の宿内家数は158軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠14軒で宿内人口は972人であった。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

福島宿内[編集]

福島関所跡
関所を復元した関所資料館がある。宿場の北端に位置していた。
高瀬資料館
島崎藤村の姉の嫁ぎ先で、藤村関連の資料も展示している。入館料 200
観光文化会館
無料休憩所で、特産品を展示する。
上ノ段用水
観光文化会館や用水のある上の段地区(江戸小路エリア)は、唯一、福島宿の面影を残した地区である。
くるまや本店(蕎麦
山村代官屋敷
山村代官屋敷(やまむらだいかんやしき)は木曽代官・福島関所関守を務めた山村氏の屋敷の建物・庭園等の一部を整備したもの。木曽義昌の城館跡地に造営された。隣接する福島小学校も山村氏の屋敷の跡地である。
興禅寺
木曾氏、山村氏の菩提寺
木曾福島郷土館

上松宿までの途上[編集]

一里塚跡石碑
京へ67、江戸より70里
エントランスエリア
沓掛一里塚
京へ66里、江戸より71里
沓掛馬頭観音
木曽の桟
けわしい崖に橋をかけて通路を開いた桟道で、かつては交通の難所だった。対岸には正岡子規松尾芭蕉の碑がある。

ゆかりの人々[編集]

  • 遠藤五平太
  • 島崎藤村 - 資料館として公開している高瀬家は藤村の姉の嫁ぎ先で、小説『家』のモデルとなった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

隣の宿[編集]

中山道
宮ノ越宿 - 福島宿 - 上松宿