三国街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央の道路が二居ダム脇を通過する三国街道(国道17号
写真下は宿場の湯がある二居宿

三国街道(みくにかいどう)は、中山道の高崎(群馬県高崎市)から分かれ、北陸街道寺泊新潟県長岡市寺泊地域)へ至る街道である。

概要[編集]

三国峠関東越後を結ぶ交通路としてきわめて古くから利用されており、上杉謙信の関東遠征の際に利用された。主要街道としての三国街道は、近世(江戸時代)に参勤交代に利用されるようになってから重要視されるようになった。長岡藩与板藩村松藩などの諸大名佐渡奉行新潟港巡検の関八州取締出役などがこの街道を利用した。また、当時の宿場には、渋川や湯沢をはじめ「三国峠越えの三宿」と称せられた三俣、二居、浅貝などがあった。

1885年(明治18年)8月に三国峠の代替ルートとして、清水峠馬車道として整備されたが、瞬く間にがけ崩れと雪崩の頻発により放棄された。 しかし、1902年明治42年)に鉄道信越本線)が開通してからは、交通面は鉄道に依存し宿場町は衰微していくことになる。長岡から湯沢にかけては道も平坦で農耕地もあったため、ある程度の地方的交通需要があったようだが、三国峠を越える部分の交通量は極めて少ないものであった。

1953年昭和28年)、自動車の普及とともに長距離の貨物輸送の需要が増大、関東 - 越後間の自動車交通が信越線沿いに迂回する不便を解消するため、当時県道であった三国街道の国道昇格運動が起こり昇格とともに大規模な改修工事が開始された。

現在三国街道の大部分が国道17号となっており、関越自動車道上越線上越新幹線と共に関東・新潟間の大動脈となっている。

宿場[編集]

  1. 高崎宿群馬県高崎市
  2. 金古宿(群馬県高崎市)
  3. 渋川宿(群馬県渋川市
  4. 金井宿(群馬県渋川市)
  5. 北牧宿(群馬県渋川市)
  6. 横堀宿(群馬県渋川市)
  7. 中山宿(群馬県吾妻郡高山村
  8. 塚原宿(群馬県利根郡みなかみ町
  9. 下新田宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  10. 布施宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  11. 今宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  12. 須川宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  13. 相俣宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  14. 猿ヶ京宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  15. 吹路宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  16. 永井宿(群馬県利根郡みなかみ町)
  17. 浅貝宿(新潟県南魚沼郡湯沢町
  18. 二居宿(新潟県南魚沼郡湯沢町)
  19. 三俣宿(新潟県南魚沼郡湯沢町)
  20. 湯沢宿(新潟県南魚沼郡湯沢町)
  21. 関宿(新潟県南魚沼市
  22. 塩沢宿(新潟県南魚沼市)
  23. 六日町宿(新潟県南魚沼市)
  24. 五日町宿(新潟県南魚沼市)
  25. 浦佐宿(新潟県南魚沼市)
  26. 堀之内宿(新潟県魚沼市
  27. 川口宿(新潟県長岡市
  28. 妙見宿(新潟県長岡市)
  29. 六日市宿(新潟県長岡市)
  30. 長岡宿(新潟県長岡市)
  31. 与板宿(新潟県長岡市)
  32. 地蔵堂宿(新潟県燕市
  33. 関中島宿(新潟県燕市)
  34. 渡部宿(新潟県燕市)
  35. 寺泊宿(新潟県長岡市)

関連項目[編集]