大宮宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『木曾街道 大宮宿 士遠景』[1]
天保6- 8年(1835-1837年)、渓斎英泉
水ぬるみ、田畑は地色を覗かせ、が花をつける早春の(さと)。左手には、青面金剛像の彫られた庚申塔と近在の農民の暮らしが描かれる。木鍬(き-ぐわ)をえて道を行く年老いた農夫と、大きな竹籠を背に付き従って歩く孫であろう幼子である。右手には大宮宿を後にしてなだらかに続く土手を上方)へと向かう旅人の様子が描かれている。商いの旅などであれば頓着の無いことが多いようではあるが、土手の上にまで幾人も見られる旅人の往く手には丹沢山地富士の眺望がひらけている。この風景は、現在、針ヶ谷の大橋陸橋交差点の小堂に納められている庚申塔(#東大成の庚申塔)あたりの、かつての様子である。もっとも、土手と田畑の高低差は実際これほどではなく、誇張して描かれている。

大宮宿(おおみや-しゅく)は、日本近世にあたる江戸時代に整備され、栄えていた宿場町中山道六十九次(または木曾街道六十九次)のうち江戸日本橋から数えて4番目の宿場(武蔵国のうち、第4の宿[2])。

所在地は、江戸期には東海道武蔵国足立郡大宮宿[3]。 現在の埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)にあたる。

特徴[編集]

町並み[編集]

道中奉行による天保14年(1843年)の調べ[4]で、町並みは9町30間(約1.04km)。宿内人口1,508人(うち、男679人、女829人)。宿内家数319軒(うち、本陣1軒〈在・宮町1丁目〉、脇本陣は9軒で中山道の宿場としては最多である。問屋場4軒、旅籠25軒。他に、紀州鷹場本陣〈北澤家〉1軒、等あり)。 [note 1]

宿場は当初、本村(のち、高鼻村、さらに、宮町)、北原村、右衛門八分(のちの堀之内村)、甚之丞新田(のち、寿能村、さらに、大門町)、新宿中町、新宿下町、吉鋪新田の7組で構成され、これらを大宮宿と総称した。 のち、宮町・大門町・仲町・下町・吉敷町の5町構成に形を変えながら集約・発展を見せている。

紀州鷹場本陣[編集]

紀州鷹場本陣は、寿能城家老・北澤宮内の子孫、北澤次郎左衛門家の屋敷であった。 同家は甚之丞新田の開拓者であり、紀州鷹場本陣は大宮宿の草分けであった。 同家は紀州候の鳥見役として御鷹場本陣と宿駅の脇本陣を兼ねていた。 なお、北澤家は後世、日本近代漫画の創始者と評価される北澤楽天を輩出している家柄である。

建物は安永4年2月1日(1775年)に出火全焼。 現在当地は高島屋大宮店(大宮駅前)になっており、屋上に北澤稲荷を残す。

氷川神社の門前町- 宿場町- 鉄道の町[編集]

当地は武蔵国一宮である氷川明神社(現在の氷川神社)の門前町として古代から繁栄していた。 その地名「大宮」は、神社の雅名としての「大宮」、すなわち「大いなる宮居[5]」の意に由来する。 また、今日の中山道から右手に分岐して氷川神社へ向かって18町(約2km)ほど続く(けやき)並木の参道(「氷川神社参道」)は、寛永5年(1628年)に一の鳥居から左手に延びて北進する道が新たに造られるまでは中山道であった[note 1]。 新道は、街道が神域を通るのは畏れ多いとの理由から、関東郡代伊奈忠次武蔵小室藩藩主)の指揮の下(もと)普請され、神社の門前にあった町家42軒を集めて新道の両側に移転させたものであり、このように、宿場町として興されたのが大宮宿である。 なお、今日ある欅並木の参道は、江戸期には松並木、太平洋戦争の前までは杉並木であったという。

毎月の5と10の日には六斎市[6]が立てられていた(五十の市[7])。

中山道の宿場町としての賑わいは、街道の重要性の低下に伴い近代に入って終わりを遂げた。明治以降は日本鉄道の分岐点としてが設けられ、また大宮工場が設置されて鉄道の町として発展した。

安藤橋[編集]

氷川神社参道から分かれて中山道を北に進むと最初にある大きな交差点が吉敷町交差点である。 かつて大宮宿の南の入り口であったこの場所には東西に流れる排水路があり、長さ7尺(約212cm)、幅1間4尺(約303cm)の石橋が架かっていた。 この橋の名を「安藤橋」といったが、それは大宮宿の人々を救った一人の武士の名にちなんだものである。

北澤家の失火に始まり大宮宿の85軒を焼いた安永4年(1775年)の大火(北澤大火)は、その救助活動が7日に及ぶほどの惨事であったという。 言い伝えによれば、この事態に際してときの勘定奉行であり道中奉行であった安藤弾正(安藤惟要;あんどう これとし。安藤弾正少弼惟要。在職:1761- 1782年)は、被災者に幕府の御用米と御用金を施し、大いに救ったと伝えられている。 しかし、それは許可を取らない独断による措置であったため、彼は責任を問われて切腹した[8]。 安藤弾正に救われ、その死をむ人々は、その徳を永く後世に伝えるため、墓碑を建てて祀ったという。 碑は「安藤弾正少弼惟要」と刻まれた小さなものであるが、交差点の脇に今も見ることができる。

なお、安藤橋は今は無く、小さな石碑が残されている。また、大宮市立博物館には、欄干の北側にあって橋の名が刻まれていた親柱が保存されている。

塩地蔵[編集]

次のような言い伝えが残っている。 昔、妻に先立たれた浪人が幼い2人の娘とともに旅をしていたところ、この地で病に倒れた。 嘆く娘たちはある日の夜、夢枕に地蔵菩薩を見る。 そのときのお告げに従い、塩断ちをして地蔵堂に祈る娘たちの願いは叶い、父の病は快癒する。 喜んだ娘たちはたくさんの塩と線香を奉納し、のちには浪人はかつての主家に帰参することも叶い、2人の娘も幸せに暮らしたとのことである。 そして、この親子にあやかりたく信仰をくした人々は、娘たちにって塩と線香を供えるようになったという。 信仰は今も続いており、毎日信心深い人々の訪れが絶えない。 堂は今日でいう吉敷町4丁目鉄道線路敷地内に祀られていたが、線路拡張のため吉敷町1丁目中仙道沿いに移され、しかしそこで火災に遭い、大正10年(1921年)、現在の吉敷町1丁目に再度移転された。隣に3体の子育て地蔵もある。

涙橋(中之橋)[編集]

下町の排水路に架かる石橋であったという。 大宮宿を江戸方へしばらく下った所にある下原刑場へと送られる罪人は、ここ中之橋あたりで遺される者と涙の別れをすることになっていた。 そのため、いつの頃からか「涙橋」と呼ばれるようになったらしい。 橋の跡地には今、「涙橋」と刻まれた碑が置かれている。

東光寺[編集]

曹洞宗曹洞宗約15000寺のうち十指に入る北関東の名刹[9]である大宮山東光寺は、もとは大宮黒塚(氷川神社の東側、現・産業道路脇)にあって、天台宗に属していた。 徳川家光の頃、中山道の整備にともなって現在地に移されている。

寺伝によれば平安時代末期、武蔵坊弁慶の師匠とされる京・鞍馬寺東光坊祐慶(宥慶)[10]黒塚の鬼婆(おにばば)を法力をもって退散させ、鬼婆に殺された人々を葬るために庵を結んだことを起縁としている。 史実としては、鎌倉時代に梁室元棟禅師がこの地に来錫(らいしゃく)して開山し、曹洞宗寺院に改めたとされている。 なお、ここに見る「黒塚の鬼婆」というのは福島県の安達太郎山に伝わる「安達ヶ原(あだち-が-はら)の鬼婆」こと「黒塚の鬼婆」と同一の怪異者である。 「安達ヶ原」は陸奥国の話であるが、大宮の堀之内を昔「足立ヶ原(あだち-が-はら)」と呼んでいたことから、混同が起こったらしい。[要出典] ただし、この種の伝承は日本各地に存在するのであり、いずれが本家・本元と言えるようなものではない。

東光坊祐慶が足立ヶ原黒塚の鬼婆を呪伏した際の護身仏と伝えられる、1寸8分の金銅薬師如来像を本尊とする。 萬霊塔、庚申塔延宝8年〈1680年〉)あり。

また、東光寺は、中山道を往還する文人墨客[11]が足を留めた所でもあり、漢学者・上山寿山や先述の漫画家・北澤楽天、大宮市発展の礎となった駅の誘致に尽力した白井助七、といった名誉市民の墓碑もある。

東大成の庚申塔[編集]

この節は大宮宿ではなく、近隣の解説である

浮世絵師渓斎英泉が大宮宿の風景として描いたのは、当時、丹沢山地と富士山の眺望が素晴らしかった東大成(ひがし-おおなり)庚申塔近辺である(右上の画像と解説文を参照)。 塔は元禄10年(1697年)の建立と伝えられる。 正面に青面金剛像・二鶏・三猿が陽刻され、裏面には近在の22人の女の名が刻まれている。 地元では「耳の神さん」「眼の神さん」として親しまれ、耳や眼の病いのときには団子を供えて平癒を願う。

名所・旧跡・観光施設[編集]

江戸方から上方へ(この区間では南から北へ)、おおよそ道なりに記す。
かつての大宮宿との比較用に現在の地域の一覧(大宮区#地域)を置く。
大宮宿
  • 武蔵国一宮の石柱 :所在地はさいたま市大宮区吉敷町2-9。
  • 氷川神社一の鳥居 :「#門前町- 宿場町- 交通要衝」参照。所在地は上に同じ。
  • 安藤橋碑、伝・安藤弾正の墓碑 :「#安藤橋」参照。所在地は大宮区吉敷町1-103。
  • 塩地蔵 :「#塩地蔵」参照。所在地は大宮区吉敷町1丁目。
  • 涙橋(中之橋)跡 :「#涙橋(中之橋)」参照。所在地は大宮区下町2-29。
  • 紀州鷹場本陣):「#紀州鷹場本陣」参照。
  • (臼倉新右衛門家・本陣):文政年間(1818- 1830年)以前、臼倉新右衛門が代々務めていた本陣。現存せず(現・キムラヤベーカリー)。
  • (山崎喜左衛門家・本陣):臼倉新右衛門の後を受けて文政年間以降、代々本陣務めた山崎喜左衛門の屋敷。現存せず(現・岩井ビル)。
  • 東光寺 :「#東光寺」参照。所在地は大宮区宮町3-6。
  • 栗原家の持仏堂 :大宮宿にて脇本陣を3つも営んでいた[12]栗原氏[13]の阿弥陀堂(持仏堂、栗原堂、御影堂〈ごえい-どう〉とも称)がある。栗原内記とその妻の木彫坐像も安置されている。所在地は大宮区宮町4-122。
  • さいたま市立博物館 :浦和宿と大宮宿に関する展示あり。さいたま市立博物館の紹介 - さいたま市公式ホームページ
  • 氷川神社 :武州六大明神の一つである、武蔵国一宮名神大社。門前町の名物は「氷川だんご」、ほか。「#氷川神社の門前町- 宿場町- 交通要衝」も参照。所在地は大宮区高鼻町1-407。
大宮宿以北
  • 土手町の椎の木 :旅路の目印として植えられていた2本のの大木が今も青々と葉を茂らせている。所在地は大宮区土手町1-29。
  • 氷川神社裏参道石柱 :「官幣大社 氷川神社」と刻まれた石柱。
  • 大山御嶽山道標(おおやま-みたけさん-どうひょう):安政7年(1860年)建立の道標で、「大山 御嶽山 よの 引又 かわ越道」と刻まれている。すなわち、相模大山および大山阿夫利神社と、御岳山(東京都青梅市)、近隣の与野、引又(ひきまた。現・志木市)、そして、交易地として栄えていた川越への道を案内するものであった。なお、大山詣では、男子が15- 20歳になると一人前と見なされ、村の大人とともに参拝する習わしとなっていた。所在地は北区東大成町1丁目。
  • 八百姫大明神(やおひめ-だいみょうじん):嘉永7年(1854年)に再建されたと伝えられる「八百姫大明神」の石碑が小堂に納められている。八百姫とは、人魚の肉を食べて800歳まで生きたという、いわゆる「八百比丘尼(やお-びくに)」のことであり、当地にしばらく滞在していたとの伝説が残っている。所在地は北区植竹町1-197。
  • 石上神社(いそのかみ-じんじゃ):中山道筋から西へ横道を入った所に小さながある。疱瘡(ほうそう)の神としてその(わざわい)から逃れられるよう信仰されたもので、太平洋戦争前までは露店が出るほどの賑わいであったという。所在地は北区東大成町2丁目。
  • 馬頭観音、三界萬霊塔 :所在地は北区東大成町2丁目。
  • 東大成の庚申塔 :「#東大成の庚申塔」と右上の画像および解説文を参照のこと。所在地は上に同じ。
  • 加茂神社、天神橋の立場 :別項「上尾宿」にて記述する。

交通の基本情報[編集]

中山道の行程[編集]

  • 江戸・日本橋から三条大橋までの全行程 135248(約532.8km[14])中
    • 江戸・日本橋 - 大宮宿 7里16町(約29.2km[15]
    • 浦和宿 - 大宮宿 1里10町(約5.0km[16]
    • 大宮宿 - 上尾宿 2里(約7.9km[17]
    • 大宮宿 - 京・三条大橋 128里8町8間(約503.6km[18]
  • 江戸期の成人男性は通常、旅の1日におよそ10里(平地を8- 10時間で約40km、時速約4- 5km)を歩く。[19]

中山道の一里塚[編集]

浦和 《非現存》(6里) - 大宮 《不明》(7里) - 《不明》(8里) - 上尾 《非現存》(9里)

隣の宿[編集]

  • 中山道
浦和宿 - 大宮宿 - 上尾宿

現代の交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「きそ-かいどう おおみや-しゅく ふじ-えんけい」 中山道の一般名称、俗称である木曽街道の名前で中山道各宿の様子が描かれた名所絵浮世絵風景画)『木曽街道六十九次』の1枚。
  2. ^ 現在では、埼玉県に属する第3の宿。
  3. ^ 宝亀2年(西暦771年10月27日以前は東山道武蔵国足立郡。
  4. ^ 『中山道宿村大概帳(なかせんどう しゅくそん-だいがいちょう)』に基づく。『宿村大概帳』とは、幕府の道中奉行所が調査した五街道とその脇街道の宿場の記録で、53冊が収蔵されている。各宿場の人口、家数、本陣、旅籠の数、高札の内容、道路の広さ、橋、寺社、地域の産業、特産品など、宿場と街道筋の村落の状況が詳しく記載されており、五街道分間延絵図とともに道中奉行所が用いたものらしい。成立年代不明ながら、天保から安政1840- 1850年代)にかけての調査と考えられている。
  5. ^ みやい。神が鎮座すること。および、その場所をいう。
  6. ^ 浦和宿#宿場より市場の賑わい」が詳しいので参照のこと。
  7. ^ 五拾市、五十市、五十の市、五・十の市。
  8. ^ ただし、史実の安藤惟要は老齢によって天明8年(1788年)に職を辞すまで奉行職を全うし、寛政4年6月19日(1792年)、78歳で亡くなっている。
  9. ^ めい-さつ。名高い寺。
  10. ^ とうこう-ぼう ゆうけい。紀州熊野那智東光坊の阿闍梨・祐慶。
  11. ^ ぶんじん-ぼっかく、ぶんじん-ぼっきゃく。詩文や書画などの風流に親しむ人。「文人」は詩文・書画などに親しむ人。「墨客」は書画をよくする人。
  12. ^ 栗原助左衛門家、栗原定右衛門家、栗原友右衛門家。
  13. ^ 甲斐武田氏の遺臣の一族。「栗原氏 - 戦国大名家一覧」も参照。
  14. ^ 1=3.9272727km1=0.1090909km=0.0018181818km。 135里=530.181814km、24町=2.6181816km、8間=0.0145454544km。135里+24町+8間=532.814541km
  15. ^ 7里=27.4909089km、16町=1.7454544km。7里+16町=29.2363633km。
  16. ^ 1里=3.9272727km、10町=1.090909km。1里+10町=5.0181817km。
  17. ^ 2里=7.8545454km。
  18. ^ 128里=502.690906km、8町=0.8727272km、8間=0.0145454544km。122里+8町+8間=503.578179km。
  19. ^ 徒歩については「歩く」「徒歩旅行」を参照。短い距離を想定した現代の不動産業の基準値は、時速4.8km(「徒歩所要時間」参照)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 亀井千歩子ほか 『中山道を歩く』改訂版 山と溪谷社〈歩く道シリーズ 街道・古道〉、2006年、17頁、ISBN 4-635-60037-8   :一部を除く。

外部リンク[編集]