追分宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曾街道六拾九次 追分(渓斎英泉画)

追分宿(おいわけしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて二十番目の宿場

現在の長野県北佐久郡軽井沢町追分にあたる。北国街道北陸道)との分岐点でもあり「追分」の名はこれに由来する。元禄時代には旅籠屋71軒、茶屋18軒、商店28軒を数え、飯盛女も最盛期には200~270人もいたとされるほど栄えた。また、民謡に多く見られる追分節の発祥の地である。旧脇本陣の油屋は、堀辰雄立原道造室生犀星らに愛され、堀辰雄の小説『菜穂子』、『ふるさとびと』に登場する牡丹屋という旅館はこの油屋がモデルである。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、追分宿の宿内家数は103軒、うち本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠35軒で宿内人口は712人であった。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

  • 追分宿郷土館
  • 追分一里塚(日本橋から40番目)
  • 分去れの碑
  • 枡形の茶屋
  • 旧脇本陣油屋
  • 浅間神社
  • 堀辰雄文学記念館

参考文献[編集]

隣の宿[編集]

中山道
沓掛宿 - 追分宿 - 小田井宿

関連項目[編集]