軽井沢宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歌川広重「木曽街道六十九次・軽井澤」

地理院地図 Googleマップ 軽井沢宿(本陣跡)

軽井沢宿(かるいわしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて十八番目の宿場

概要[編集]

現在の長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢駅北側一帯。一般に軽井沢と呼ばれる場所とは2~3キロ離れており、旧軽井沢と呼ばれるあたりが該当する。中山道有数の難所であった碓氷峠の西の入口にあたり、六十九次で最も栄えた宿場であった。本陣脇本陣合わせて5軒、旅籠は最盛期には100軒近くあったとされ、数百人の飯盛女が働いていたという。宿場の東にある矢ヶ崎川にかかる二手橋は、旅人と飯盛女が別れを惜しんだ場所。

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、軽井沢宿の宿内家数は119軒、うち本陣1軒、脇本陣4軒、旅籠21軒で宿内人口は451人であった。

明治時代以降は欧米人宣教師避暑地として広く紹介され、それまで「かるいさわ」であった当地の名を英語などで発音しやすい「かるいざわ」と読むようになった。多くの外国人が滞在する街として変貌を遂げたため、現在宿場町の面影を残すものは少ない。

災害[編集]

天明3年浅間山の噴火[編集]

浅間山は、長野県北佐久郡軽井沢町及び御代田町群馬県吾妻郡嬬恋村との境にある安山岩質の標高2,568mの成層火山である。天明3年(1783年)に浅間山は大噴火(天明噴火)を起こした。4月に活動を再開し7月まで噴火と小康状態を繰り返しながら活動を続けた。浅間山の天明噴火の中山道筋での被害は軽井沢宿から桶川宿まで4月から7月までの長期にわたり、火山礫、火山砂、そして火山灰などによるものであった。その被害の大きさは、大角(1975)にて説明されている[1]

宝暦三年の差出帳に村高二百四十三石五斗三升九合, 反別二十七町 四反九畝十歩で本百姓百六十九軒, 人数千三百九拾五人, 天明二年改百五十軒 (高持) 天明三年百九十二戸 内新町四十四軒(浅間焼前) で あったが天 明三年浅 間焼 によって被害 を うけた家百七十九軒である。 その上耕地 の作物 は全滅 している。 — 大角(1975)、17頁。

浅間山の天明噴火の中山道筋では家屋の被害が最も大きかったのが、中山道筋に最も被害が大きかったのは軽井沢宿であった。噴火による火石玉、火山灰の降落により、家屋の焼失・全壊・半壊および草木や農産物の全滅があった。また、降灰及び大雨による土石流による被害もあった[2]。軽井沢宿は浅間山噴火による被害が最も大きかった地域である。『軽井沢町誌(歴史篇)』によると、天明噴火による軽井沢宿の状況とその被害が記述されている。

七月七日夜、戌刻頃甚して大焼砂石多く雪の如く,暮合の大焼に火石火玉交えて降る。七月八日夜、宿から逃げる人数志賀村610人余、安原村280人、香坂村273人泊る。岩村田、小諸にも泊る。塩名田、平賀、内山その外近在右に準ず。火玉降って、焼失数南、日蔭側、下宿にて表35軒、裏家17軒、砂石積りて潰家55軒、表家27軒外に破損48軒又外に本陣1軒、八日己刻下宿に壱尺八寸上は三尺程積家根に積る故、古家はみな潰れる。杓子町表7軒、裏家木子屋16軒潰、軽井沢宿は村高340石余,反別55町歩余の畑作物は皆埋没 し、山林原野の草木は焼失又は埋没して青物は一つもなく、米穀は勿論野菜飼葉等一切なくなる。八月九、十日の大雨のため、十一日には土石流が押出し、宿人皆立退いて漸く二十日頃立帰り、八月に漸く三分の一住むようになり、また大雨と積灰のため飲用水堰共長40町余全く埋没して或は流失して、三十日間宿内は留守の明家となり、往来稼ぎは勿論渡世一切中止のやむなきに至った。 —  天明三年浅間山大焼記録集のうち『天明雑変記』に拠る(『軽井沢町誌 (歴史篇) 』所収)


隣の宿[編集]

中山道
坂本宿 -(碓氷峠)- 軽井沢宿 - 沓掛宿


史跡・みどころ[編集]

軽井沢宿までの史跡・みどころ

最寄り駅[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大角(1975)、7頁。
  2. ^ 大角(1975)、17頁。

参考文献[編集]

  • 児玉幸多 『中山道を歩く』 中公文庫 1988年 ISBN 4-12-201556-1
  • 大角留吉. 自然災害と農山村の再興-天明三年浅間山大噴火と農山村の再興の場合. ''新地理'',22.3-4,日本地理教育学会,1975年: 1-26.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]