須原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

須原宿(すはらじゅく)は中山道39番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県木曽郡大桑村

歌川広重「木曽街道六十九次・須原宿」
須原宿の町並み
須原宿の町並み

木曽川の氾濫で流失し、享保2年(1717年)に現在地へ移転した。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、須原宿の宿内家数は104軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠24軒で宿内人口は478人であった。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

野尻宿までの史跡・みどころ

ゆかりの人々[編集]

  • 幸田露伴 - 小説『風流仏』は、須原宿を舞台にした作品。

参考文献[編集]

隣の宿[編集]

中山道
上松宿 - 須原宿 - 野尻宿