寝覚の床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木曽川と寝覚の床
紅葉と寝覚の床(下流側より)
寝覚の床とJR中央本線
寝覚の床の位置
寝覚の床の位置
寝覚の床
寝覚の床の位置

寝覚の床(ねざめのとこ)は、長野県木曽郡上松町にある景勝地。国の名勝に指定されている。

概要[編集]

木曽川の水流によって花崗岩侵食されてできた自然地形である。1923年(大正12年)3月7日に国の名勝に指定されている。かつては急流であったが、上流に設けられた木曽ダム1968年に運用開始)などにより水位が下がったために、水底で侵食され続けていた花崗岩が現在は水面上にあらわれている。水の色はエメラルドグリーンである。

中山道を訪れた歌人等によって歌にも詠まれ、長野県歌「信濃の国」の4番にも「旅のやどりの寝覚の床」とうたわれている。

寝覚の床の中央にある「浦島堂」は、弁才天]]像を残したといわれている[要検証 ]。一方、上松町臨川寺の縁起によれば、その弁才天像を祀ったのが当の寺であるという[注釈 1][1]

周囲は公園として整備されている。また川沿いの高所を走るJR中央本線の列車の車窓からも一望できる。中央西線の特急「しなの」では、列車によっては車掌が近くを通過する際にアナウンスをすることがある。

三返りの翁[編集]

民間伝承によれば、寝覚の里には三返りの翁(みかえりのおきな)という、長寿の薬を民に供していたされる伝説上の人物が住んでいた。

室町後期の成立[注釈 2]とされる謡曲『寝覚』がこの伝承に基づいている。この作品のあらすじでは、長寿の薬のことを耳にした延喜当時の天皇が、その風聞を調べてくるように寝覚の里まで勅使を遣わすと、翁が医王仏の権現であると名乗り、その秘薬を献上する。翁はすでに千年来、寝覚の床に住んでいるが、薬を使って3度若返ったので「三返りの翁」の名称がついたのだと説明される。

浦島太郎伝説[編集]

この地と浦島太郎を結びつけた古い記録としては、沢庵和尚が『木曾路紀行』で「浦島がつり石」なる岩に言及している[3]

貝原益軒も『木曾路之記』において、貞享2年(1685年)の旅中に「浦島がつりせし寝覚の床」を見聞したと記しているが、ただし浦島がこの地に来た事実については懐疑的であるが)[3]

浦島太郎竜宮城から帰ってきたのち、この寝覚の地で暮らした次第をありありと描いた伝説も作られている。

臨川寺 (上松町)建立の由来を語る『寝覚浦嶋寺略縁起』によれば[注釈 1]、浦島太郎は竜宮城から玉手箱と弁財天像と万宝神書をもらって帰り、日本諸国を遍歴したのち、木曽川の風景の美しい里にたどり着いた。ここであるいは釣りを楽しみ、霊薬を売るなどして長年暮らしていたが、あるとき里人に竜宮の話をするうち玉手箱を開けてしまい、齢300年の老人と化してしまった。天慶元年(938年)この地から姿を消したという[4]

以上の『略縁起』どおりの伝説は、幕末の出版文献を出典とするため[注釈 3]、そう古い年代に特定はできないが、おおまかな伝説としては、近世初頭以降に語り継がれてきたものと考えられる[4]

また巷説によれば、浦島太郎には、今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、目が覚めたかのように思われた。このことから、この里を「寝覚め」、岩が床のようであったことから「床」、すなわち「寝覚の床」と呼ぶようになったという[5]

ある頃をさかいに[注釈 4]、寝覚の床の浦島太郎と前述の三返りの翁は同一視されるようになっていた[6]。『略縁起』にもやはり、浦島太郎が「見かへりの翁」と呼ばれていたことが記されている。こちらの場合は、浦島が人々に霊薬を売っていたゆえに「見返り」の老人と呼ばれたと釈明されている[7]

その他[編集]

  • 木曽ダム建設時には景観保存が問題となり、1965年(昭和40年)関電が上松町に対し3,990万円の一時補償を行ない、異議求償を求めない契約が結ばれた。

交通[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 題名は『寝覚浦嶋寺略縁起』だが、文中に「寝覚山臨川寺と号した」と明記されている。
  2. ^ 戦国の文禄3年(1595年)、慶長元年(1596)等に上演された記録がある[2]
  3. ^ 嘉永元年(1848年)を遡らない。
  4. ^ 島居によれば元禄年間(1688年–1704年)をむかえるまでには。

出典[編集]

  1. ^ 島居 (1992), pp. 37–38
  2. ^ 島居 (1992), p. 3940
  3. ^ a b 島居 (1992), pp. 36–37.
  4. ^ a b 島居 (1992), pp. 37–38.
  5. ^ はまみつを編 『信州の民話伝説集成 中信編』 一草舎、2006年、398頁。 
  6. ^ 島居 (1992), p. 40.
  7. ^ 島居 (1992), pp. 37–38, 40.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度46分21.53秒 東経137度41分58.02秒 / 北緯35.7726472度 東経137.6994500度 / 35.7726472; 137.6994500