贄川宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曾街道六拾九次 贄川(歌川広重画)

贄川宿(にえかわじゅく)は中山道33番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県塩尻市

古くは温泉があって「熱川」と書かれた。温泉が枯れてからは現在の漢字を当てるようになった。宿の創設は天文年間。木曽路最初の宿場で、北の入口に関所があり、福島関所の補助的役割をはたした。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、贄川宿の宿内家数は124軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠25軒で宿内人口は545人であった。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

贄川宿内[編集]

贄川関
贄川関所・木曽考古館
復元された番所に関所関連の資料を展示する。階下は考古館で縄文時代土器石器を展示する。
深澤家住宅
蔵2棟を含む建造物3棟と宅地が国の重要文化財に指定されている。深澤家は加納屋を屋号とする贄川屈指の商家で、主屋は嘉永7年(1854年)、北蔵は文政4年(1821年)、南蔵は文久2年(1862年)に建築されたものである。主屋は切妻造、平入り、2階建、鉄板葺きで、桁行(間口)10.6メートル、梁間(奥行)17.3メートルと、奥行きの長い建物である。内部は縦2列に8室を配する間取りで、下手(向かって右)に通り土間を設ける。2階は表側と裏手に各1室を設ける。当住宅は建築年代が明らかであり、蔵も含めた屋敷構えがよく残され、江戸時代末期の宿場の町家の状況を伝える建物として貴重である。[1]
水場

奈良井宿までの道中[編集]

贄川のトチノキ
長野県天然記念物。樹齢600年以上と推定されている。
押込一里塚
道の駅木曽ならかわ
2階の「木曽くらしの工芸館」では、長野オリンピックのメダルの制作工程も展示されている。
諏訪神社
木曽平沢の町並み
木曽漆器の店が軒を並べ、毎年6月の漆器祭には多くの観光客が訪れる。
木曽漆器館
漆器製作の工程や作品を展示する。

ゆかりの人々[編集]

隣の宿[編集]

中山道
本山宿 - 贄川宿 - 奈良井宿

脚注[編集]

  1. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』502号、第一法規、2005、pp.16 - 18

参考文献[編集]