五街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五街道(ごかいどう)は、江戸時代江戸・日本橋を起点とする五つの陸上交通路。1601年慶長6年)に徳川家康が全国支配のために江戸と各地を結ぶ以下の5つの街道を整備し始め、四代将軍家綱の代になって基幹街道に定められた。

五街道[編集]

1604年(慶長9年)に日本橋が五街道の起点として定められた。整備として一里ごとに一里塚を設けたほか、一定間隔ごとに宿場を用意した。東海道、日光街道(日光道中)、奥州街道(奥州道中)、中山道、甲州街道(甲州道中)の順に整備された。1659年万治2年)以降は新たに設置された道中奉行の管轄に置かれた。五街道の正式名称が定められたのは1716年享保元年)である。

江戸幕府が上記五路をもって五街道としていた旨は、明治新政府が編纂した古事類苑地部道路の概説にもあり、これには以下の趣旨が書かれている。

  • 徳川幕府は、江戸を起点とする東海道、中山道、日光道中、奥州道中、甲州道中を五街道と称したこと
  • 五街道のほか、水戸佐倉街道、伊勢路、中国路等を本海道と称したこと
  • その他の支路を脇往還と称すること

実際には、江戸幕府が作成した伝馬宿拝借銭覚という書で日光道中と奥州道中を一つに合わせて佐倉街道をその書内で挙げていたり、また驛肝録も同様に佐倉街道を挙げながらもそれを水戸道中と称したりと、常に一貫した用い方がなされていた訳でもない[1]

なお、千住宿から派生して途中まで道中奉行の管轄下にあった水戸街道(水戸道中)を五街道に加えるという考え方も存在し、『地方凡例録』では途中宇都宮宿まで日光街道と重複する奥州街道を除いて水戸街道を加えている。また、文化8年(1811年)には江戸幕府が五街道に加えて水戸街道及びその脇街道であった佐倉街道(成田街道)を七街道としてその発着地の確認が行われている。ただし、道中奉行支配の地域は水戸街道は松戸宿まで、佐倉街道は八幡宿までと街道全体から見ても短い区間に限定されており、水戸・佐倉両街道は日光・奥州両街道の脇街道と位置づけられるのが通説である[2]

五街道以外の主要街道[編集]

五街道の枝道、また古街道として脇往還が設置され、勘定奉行の管轄に置かれた。

脚注[編集]

  1. ^ 徳川禁令考五十二拝借銭による。
  2. ^ 深井甚三「五街道」(『歴史学事典 14 ものとわざ』(弘文堂、2006年) ISBN 978-4-335-21044-0 P192-193)

関連項目[編集]