当代記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

『当代記』(とうだいき)は、寛永年間(1624年1644年)頃に成立したとされる史書。編纂者は姫路藩松平忠明と言われるが不詳。全九巻九冊。太田牛一の『信長公記』を中心に他の記録資料を再編した二次史料である。史籍雑纂第2に収録。

概略[編集]

松平忠明(1583年 - 1644年)は奥平信昌の子、母は徳川家康の娘・亀姫で家康の外孫にあたる。なお、言語的特徴は忠明と同時期の慶長・寛永期の特徴を有している点が指摘されるが、忠明の筆であることを疑問視し、複数の編者がいるとする説もある。

内容は、徳川家康の業績を中心にして、天文年間の三好氏の事跡から織田信長上洛を経て、江戸時代初期の慶長20年(1615年)の期間の出来事を記しており、戦国期から江戸時代初期の政治社会・文化・分次・災害・世相等を知る上では比較的史料価値が高いと評価される。信長時代に関しても、他の資料に見られない考証を重ねられた内容も散見できるが、小瀬甫庵が『信長公記』を大衆向けに脚色した『信長記』からの影響が認められる部分も多く、信憑性は不確かな部分も多い。

書籍情報[編集]

参考文献[編集]

  • 橋場日月 『本能寺の変を紐解く二四の史料を徹底検証』 (Kindle版) 学研〈歴史群像デジタルアーカイブス<織田信長と戦国時代>〉、2014年、21-22頁。 ASIN B00NXP87MC
  • 当代記”. コトバンク. 2015年8月2日閲覧。