上洛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上洛(じょうらく)とは、主に京都に入ることを意味する言葉である。入洛とも言った。

由来[編集]

上洛の「洛」は「洛陽」を意味する。平安時代、平安京を指して中国の都の名を借りて「洛陽」と呼ぶことがあった。やがてその一字を採って「洛」だけでも平安京を表すことになった。また一説に、左京を洛陽、右京を長安と呼んだ[1]しかし当時、「長安」である右京は居住に適さない湿地が多かったことなどから平安時代の後半には既に廃れ、市街地は「洛陽」である左京だけとなった。このため「洛陽」は都と同義になり、その一字「洛」をもって京都を指すようになり「上洛」「入洛」「京洛(けいらく)」「洛中」「洛外」などの言葉が生まれた。上洛・入洛は共に京都に入ること言い、京洛は京の都のことを指した。また洛中は京域内を指し、洛外はその外周地域を指した。[要出典]

戦国時代の上洛[編集]

応仁の乱と各守護の下向[編集]

そもそも室町時代においては、多くの守護大名は在京義務が課せられ京都に常駐していた。そのため守護大名が守護に任じられた領国と京都を往復する事は頻繁にあり、上洛は珍しい事でもなかった。しかし、応仁の乱により幕府に守護大名の動きを制御する力が無い事が明白となり、在京の意味は薄れていた。

文明9年(1477年)、応仁の乱の終結とともに西軍は解体され、周防国守護大内政弘などの西軍諸将はそれぞれの領国に帰国を開始したが、能登国守護畠山義統と、足利義視足利義稙親子を伴って帰国した美濃国守護土岐成頼は、それぞれ京の自邸を焼き払って反逆の姿勢を示し(これは在京義務の放棄も意味するものであった)、この炎は仙洞御所にも類焼が及んだ。また、講和に反対し先に下向した西軍の畠山義就は、その後も河内国大和国で戦闘を繰り広げた。同じく最後まで講和に反対した東軍の加賀半国守護赤松政則は、加賀ではなく浦上氏が待つ播磨国に下向し実効支配を行なった[2]

また、応仁の乱の最中には越前国の朝倉氏、尾張国の織田氏、安芸国の武田氏、播磨国の浦上氏、出雲国の尼子氏など、領国の守護代や分郡守護が調略の対象となった。これらの調略により、特に山名氏斯波氏の領国は深刻な事態に陥っていた。このため、東軍、西軍を問わず、多くの守護大名は危機感を持って帰国し、そして在京義務は放棄され、上洛は稀なものとなった[3]。なお、関東については室町幕府の支配は、享徳3年(1454年)の享徳の乱の収拾に失敗し、既に頓挫していた。

将軍権力の解体[編集]

この様な状況において、積極的に上洛し在京義務を果たしたのは、三管領の氏族である山城国守護畠山政長、尾張国守護斯波義寛であった。第9代将軍足利義尚、第10代将軍足利義稙の近江遠征(長享・延徳の乱)、明応2年(1493年)の足利義稙の河内遠征(畠山総州家征伐)に従軍し、将軍権力による復権を試みたが、その遠征の最中に細川政元が起こしたクーデターにより、畠山政長は敗死、斯波義寛は越前回復の夢を絶たれ、足利義稙は幽閉され、新たな将軍には足利義澄が擁立された(明応の政変)。更に、将軍直轄の軍事力であった奉公衆も解体され、これ以降の将軍は遠征どころか守護大名に庇護される状態にまで零落することとなった[4]

上洛戦の始まり[編集]

将軍の座を追われた足利義稙は諸国を流浪し、明応8年(1500年)に大内義興を頼って山口に入国した。一方の細川政元は半将軍と呼ばれるほどの権力を振るったが、永正4年(1507年)に暗殺され、これを収拾した細川澄元が跡を継いでいた(永正の錯乱)。永正4年(1507年)11月、大内義興は諸大名に号令を発して周防を出立し、細川高国の勢力も併呑し、永正5年(1508年)6月に上洛を果たし、7月1日には足利義稙が将軍職に復帰した。これが戦国大名が上洛により政権を覆した前例となり、以降、下記のように各地の戦国大名が上洛を果たすようになった。

しかしながら多くの戦国大名は、室町将軍や朝廷から、守護職や官位を受けており、使者を介しての京都との連絡は保っていた。上杉謙信織田信長のように、さほど多いとはいえない兵、あるいは僅かな供を連れて、上洛を行った例もある。このような状況下において、天皇や室町将軍が在住する京都に自らが軍勢を連れて上洛し、室町将軍を保護する立場になる事は、大きな権威をもたらす事であった。すくなくとも室町将軍は形式的には全国の支配者であり、その保護者となる事は、政治的影響力を高める事となった。しかしながら戦国大名が上洛を企図しても、実際には領国における抗争に妨げられ、成功した者は少ない。[要出典]

上洛勢力と政権交代[編集]

各大名の上洛[編集]

大内義興の上洛の大義名分は、旧秩序の回復を目的、すなわち足利幕府の支配を回復させることにあった[要出典]。だが、大内氏の場合、それが完成する前に尼子氏ら反大内勢力の挙兵に阻まれて領国への帰還を余儀なくされた。六角定頼の場合は、領国が京都の隣の近江であるものの大内義興と同様の名目で入京しており、幕政にも口入の形で関与しているところも義興と共通している。だが、定頼の没後の六角氏浅井氏の反抗など国内問題に追われ、三好長慶の上洛を阻止できずに衰退していく。

それに対し天文18年(1549年)の三好長慶の上洛になると様相が変わってしまう。細川晴元は堺公方の足利義維を将軍位に着けずに足利義晴をそのまま将軍に擁いたが、三好長慶は堺公方の足利義維も足利義輝(義晴の子)も両方奉じず、何年も京を支配した。また、官位は従四位下、修理大夫、幕府の役職は相伴衆と三好家の家格では考えられないような地位が与えられていた。なお、足利義輝の官位は、従四位下征夷大将軍、その後、従三位であった。また、永禄8年(1565年)に足利義輝を暗殺したにも関わらず三好三人衆は半年以上、足利義栄(義維の子)を擁立しなかった[5]。一方、織田信長の上洛は従来通り将軍候補である足利義昭を奉じて行われた。しかし、織田信長は天正元年(1573年)には足利義昭を京都から追放しており、しかもその翌年には、織田信長の官位は従三位参議に達し、室町幕府の支配力や権威を必要としない政権となっていた。

なお、織田信長が上洛によって天下を取る一歩手前までいった事から、江戸時代の軍記物等では、全ての戦国大名が上洛を目指したかのような解釈が広がった。例えば、駿河国の今川義元が永禄4年(1560年)に尾張に遠征し桶狭間の戦いで戦死したが、小瀬甫庵の『信長記』等の軍記物では上洛が目的であったとされた。一方、足利義昭の呼びかけにより、甲斐国武田信玄が元亀年間に大規模な美濃・三河・遠江方面への軍事的侵攻である西上作戦を行い、また、越後の上杉謙信や、安芸の毛利輝元も織田信長と敵対したが、もし入京していれば将軍を奉じる形式の上洛に当てはまっていた。なお、天正10年(1582年)の本能寺の変では、明智光秀が足利義昭を奉じていたという説もある[6]

さらには全ての戦国大名が天下を取る事を狙っていた訳ではない。毛利元就が自分の子孫は天下を望むべからずと遺言した事は有名な話である。後北条氏は初代の伊勢宗端(北条早雲)が室町幕府の政所執事を務めた伊勢氏の分家出身であったが、二代目の北条氏綱以降鎌倉幕府執権北条氏の後継を称して関東での勢力圏拡大には熱心であったが、天下取りの意図は見えなかった。

また、上洛がすなわち天下取りの必須条件だったかのように言われる事もあるが、これにも異論がある。天下を取る可能性があった戦国大名として名前があがる伊達政宗や九州の島津氏、あるいは最終的に天下を取る事になった徳川家康も、室町将軍を擁して上洛した事は一度も無い。[要出典]

その後の上洛[編集]

本能寺の変後、山崎の戦いに勝利した豊臣秀吉備中高松城から上洛を果たし、豊臣政権を築いた。

また、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が武蔵国江戸城から上洛を果たし、江戸幕府を開いた。江戸幕府の将軍では、徳川家康徳川秀忠徳川家光徳川家茂 が上洛した。また、新撰組の前身である浪士組は、上洛する徳川家茂の警護のために作られた組織であった。現在の二条城 は、在京中の宿所として徳川家康が造った城である。

脚注[編集]

  1. ^ 左京を洛陽、右京を長安と号したとの記述は、平安遷都から500年余経った鎌倉末期の「拾芥抄」に初めて出てくる。
  2. ^ 渡邉大門『戦国誕生 中世日本が終焉するとき』第四章
  3. ^ 渡邉大門『戦国誕生 中世日本が終焉するとき』第五章
  4. ^ 渡邉大門『戦国誕生 中世日本が終焉するとき』第六章
  5. ^ 若松和三郎『戦国三好氏と篠原長房』
  6. ^ 藤田達生『本能寺の変の群像』

関連項目[編集]