歌川芳虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「東京日本橋 馬車通行図」 日本橋通りを行く明治時代の馬車を描く。芳虎画。

歌川 芳虎(うたがわ よしとら、生没年不詳)とは、江戸時代末期から明治時代中期にかけての浮世絵師幕末から開化期にかけて、歌川貞秀と並び最も活躍した絵師の一人である。

来歴[編集]

歌川国芳の門人。本姓は永島、名は辰五郎(または辰之助、辰三郎とも)。歌川を称し、一猛斎、孟斎、錦朝楼などと号した。嘉永3年(1850年)には南鞘町六左衛門店に住んでいた。後に長谷川町、中橋松川町2、明治期に神田鍛冶町6に住んでいる。11歳のときに国芳の門人となり、天保1830年 - 1844年)の頃から作画を開始している。国芳が得意であった武者絵に秀で、役者絵にも錦昇堂版の役者大首絵などの力作がある。例として「新洞左衛門娘夕しで 坂東三津五郎」があげられる。また美人画シリーズや相撲絵横浜絵などにおいても活躍しており、幕末の時期において活動的な絵師であった。相撲絵は、国芳門人の中で最も多くの作品を残している。

「道化武者 御代の若餅」 画中に「君が代を つきかためたり 春のもち」の句を記す。芳虎画。

天保7年(1836年)から慶応の頃にかけては草双紙挿絵も手がけている。天保8年または嘉永2年(1849年)閏4月に描いた錦絵「道外武者御代の若餅」では、家康の天下取りを揶揄した落首「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座して喰らふは 徳の川」に着想を得て[1]織田信長明智光秀が搗き、豊臣秀吉がこねた餅を徳川家康が食うという絵を描く[2][3]。当初この絵を検閲した係名主がその隠された意図に気づかなかったのでそのまま出版されたが、評判となって半日で没収、家康の天下取りを諷刺したとされ、芳虎は手鎖50日の処罰を受ける。芳虎の諷刺精神も国芳に倣うものであった。

その後、安政5年(1858年)に師の国芳より破門を言い渡される。これは国芳と不和になったからといわれるが、国芳が芳虎を破門するに当たり、「乍憚以書付奉申上候」(憚り乍ら書付を以って申上げ奉り候)と行事(町役人)に宛てて出した書状の下書きが残っている。それによれば「芳虎こと辰五郎が腹を立て、俄かに絵師を廃業し歌川芳虎の名も返上すると言い出した。それがどういう理由か自分にもわからないが、当人のたっての希望なので致し方なく絵師を廃業させます」(要約)とあり、要するに国芳には芳虎に対して何の問題も無く、芳虎の側が一方的に師である国芳とは縁を切りたいと申し出たようである。しかし実際には芳虎こと辰五郎は、その後も画業と「芳虎」の名を捨てることなく作品を世に出し続けた。

慶応3年(1867年)のパリ万博では、歌川貞秀らと合作「浮世絵画帳」に加わり江戸美人を描く。その後も錦絵や版本の挿絵にと幅広く活躍し、明治元年(1868年)には錦絵師番付で貞秀に次いで第2位となり、人気絵師のトップクラスに上っている。芳虎が最も活躍したのは明治維新前後の目新しい風俗を描いた横浜絵開化絵の分野で、質的には濫作の弊を免れていないといえるがその作品数は多い。横浜開港後に「武州横浜八景」や「万国づくし」などの外国人や居留地の風俗、また「北亜墨利加洲」や「亜墨利加国」のような、当時の多くの日本人にとっては未知の外国風景も描いた。明治に入っても「当世十二時」シリーズのように吉原美人を描く一方、「蒸気車陸道通行図」のような鉄道物の錦絵や「新聞名所」で洋風建築を描き、西南戦争を扱った錦絵の戦争画も手がけた。

明治6年(1873年)に国芳の十三回忌が行なわれた際、門人たちによって三囲神社の境内に一勇斎歌川先生墓表という石碑が建てられた。この石碑には当時すでに故人だった者も含めた国芳一門の名が刻まれているが、そのなかに芳虎の名は見当たらない。芳虎は国芳に破門されていたので、国芳一門の内に入れられなかった。作画期は現在のところ、錦絵では明治14年の「内国勧業博覧会内列品ノ図」、版本挿絵では明治15年(1882年)5月刊行の『楠公一代記』、『清正一代記』が最後で、それ以後の消息と没年については不明である。河鍋暁斎の『暁斎画談』外篇・巻之上では、芳虎は歌川芳員の上に乗り掛かって暴れている様子が描かれており、気性の荒い人物だったと伝わる。門人に永島春暁歌川虎香がいる。

作品[編集]

版本挿絵[編集]

錦絵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この狂歌は、天保~嘉永期に出回ったといわれている(レファレンス協同データベース 質問 「織田がつき羽柴がこねし天下餅すわりしままに食うは徳川」という言葉の出典を知りたい。)。
  2. ^ 早稲田大学図書館などに所蔵(画像)。
  3. ^ 木瓜紋が信長を、桔梗紋が光秀を、顔が秀吉を表し、残る竜頭のを被った人物が家康ということになる(『藤岡屋日記』)。

参考文献[編集]

  • 吉田漱 「国芳の書簡」 『浮世絵芸術』 日本浮世絵協会、1969年[7]
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年 ※104頁
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年 ※159 - 160頁
  • 『歌川国芳とその一門展』 太田記念美術館、1990年
  • 山下弥生 「〈卒業研究〉 歌川芳虎」(日本女子大学文化学会編集 『文化学研究』第13号、2004年6月、pp.188-203)

外部リンク[編集]