相撲絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相撲絵(すもうえ)とは、江戸時代に描かれた浮世絵の様式のひとつ。

人気力士の土俵上での取組み、またその日常生活などを描いたものを指す。後には力士たちの宴会の図や稽古場風景などが描かれるようになった。寛永年間(1624年-1644年)から墨摺による相撲絵が描かれ、天明から寛政1781年-1801年)にかけては勝川春章勝川春英勝川派及び写楽十返舎一九幕末期には歌川国貞(三代目歌川豊国)他の歌川派の絵師たちが、相撲絵を多く描いている。江戸時代における相撲の黄金期である天明-寛政期には、小野川喜三郎谷風梶之助といった大力士が輩出し、それら力士たちの姿も描かれた。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年

関連項目[編集]