歌川貞秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歌川 貞秀(うたがわ さだひで、文化4年〈1807年[1]〉- 明治12年〈1879年〉?)とは、江戸時代後期から明治時代にかけての浮世絵師横浜絵の第一人者といわれ、精密で鳥瞰式の一覧図や合巻挿絵を描いたことで知られている。戯作名に大海舎金龍、丹頂庵鶴丸、松亭寿山などがある。

来歴[編集]

初代歌川国貞の門人。本名は橋本兼次郎。名は兼。始めは五雲亭、後に玉蘭、玉蘭斎、玉蘭主人、一玉斎、玉翁などと号す。始めは歌川貞秀、後に橋本貞秀と号している。下総国布佐(現千葉県松戸市)の生まれ。出自は不明な点が多い。本所亀戸村亀戸天神前に居住した。安政末から文久の頃、横浜に移住したといわれ、また、元治慶応頃には深川御蔵前に住んでいる。

国貞に入門し、初筆は14歳のとき、文政9年(1826年)刊行の『彦山霊験記』(東里山人作)の最終丁「えびすと大黒」の表紙(中の挿絵は歌川貞兼)とされるが、文政4年(1821年滝沢馬琴の弟子岡山鳥作の滑稽本『ぬしにひかれて善光寺参拝』(二冊)とする説もある[2]。最初は翌年の十返舎一九作『諸国万作豆』、文政12年(1829年五柳亭徳升作『花軍菊水之巻』といった版本の挿絵ばかり手掛けている。いっぽう文政11年(1828年)、国貞が本所柳島妙見堂境内に建立した「初代豊国先生瘞筆之記」碑背面には11名の国貞門下の名が刻まれているが、貞秀はわずか数え22歳で4番目に位置しており、将来を嘱望されていたことが窺える。

天保1830年-1844年)初期になると美人画芝居絵の作品が増えてきており、団扇絵武者絵風景画肉筆画にも佳作を残した。反面読本草双紙、数は少ないが噺本や艶本の挿絵も数多く続ける。当時のベストセラー『傾城水滸伝』でも、師国貞や兄弟子国安に互して天保6年(1835年)刊の十三編の挿絵を担当し、この頃には一流絵師の仲間入りしていたと言える。しかし同年から描き始めた自作自画の合巻は他の作者の改作が多く、評判は芳しくない。

空とぶ絵師・貞秀[編集]

『横浜異人商館売場之図』文久元年(1861年)
『大日本国郡名所 越後古志郡長岡』明治元年(1868年)

天保年間後半からは「日本八景づくし」や「大江戸十景」など、風景画に遠近法を使用した俯瞰的な構図が多くなっていった。嘉永2年(1849年)の人気番付では、歌川国芳歌川広重二代目鳥居清満二代目柳川重信、そして貞秀が幕内になっているが、その後慶応3年(1867年)のパリ万博に出品の際には歌川芳宗と共に浮世絵師の総代となっており、当時最も高名な絵師であった。

幕末期は美人画や役者絵の他、安政文久年間に横浜絵開化絵を多く残している。この時期、ことに貞秀は地理に強い関心を持ち、鳥瞰による一覧図を数多く描いた。幕末の頃には北は北海道松前から南は九州まで自ら歩いて、「奥州一覧之図」、「肥前長崎丸山廓中の風景」あるいは「大日本国郡名所」の他、各種の詳細な鳥瞰一覧図、名所図を刊行するなど、当時における旅行家の一人でもあった。貞秀の描く一覧図には、8枚1組(横型に縦2x横4)、9枚1組(縦型に3x3)や10枚続の大画面を活かしたパノラミックな作品が特筆される。明治元年(1868年)の絵師番付において、貞秀は第1位になっている。

横浜開港前では時局風刺の合戦絵が多かったが、開港ののち居留地風俗に興味を持ち、横浜絵の絵師の中でも最も探求的な一人であった。貞秀の横浜絵は100点余りで、点数としては歌川芳虎歌川芳員に次ぐが、細密な描写と画面構成が高く評価されている。代表作として安政6年(1859年)の「御開港横浜大絵図」、文久2年(1862年)の絵入本「横浜開港見聞記」、「万象写真図譜」などがあげられる。晩年の明治6年(1873年)には「小学譜誦十詩」に銅版で口絵を描いている。明治8年(1875年)、『文明開化道中袖かが見』の挿絵を描いたが、その後のことは一切不明である。享年73か。没年没所も不明で、一説には伊勢で死去したともいわれている。弟子についてもよく分かっておらず、わずかに万延元年に「木曽山中合戦」を制作した歌川秀輝が門人とされる。

作品[編集]

錦絵[編集]

肉筆浮世絵[編集]

版本[編集]

  • 『横浜開港見聞誌』 文久2年序 橋本玉蘭斎(貞秀)編

脚注[編集]

  1. ^ 「横浜弌覧之真景」(明治4年(1871年)刊)に「六十五老父橋本玉蘭斎先生画図」と記されている事から逆算。
  2. ^ 匠秀夫 「横浜錦絵と五雲亭貞秀」、『神奈川県美術風土記』所収、有隣堂、1980年

参考文献[編集]

展覧会図録
概説書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]