芝居絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芝居絵(しばいえ)は、歌舞伎を題材とした浮世絵のこと。歌舞伎絵とも。芝居絵の多くは、歌舞伎役者や舞台そのもの、書割、大道具、小道具、歌舞伎を楽しむ人々などを描いた役者絵である。江戸時代の画家・菱川師宣による「歌舞伎図屏風(紙本金地着色 / 六曲一双)[1]」などは、芝居絵の代表例であり、国宝および重要文化財に指定されている[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ e国宝 - 歌舞伎図屏風”. emuseum.nich.go.jp. 2020年12月2日閲覧。
  2. ^ 歌舞伎図屏風 文化遺産オンライン”. bunka.nii.ac.jp. 2020年12月2日閲覧。
  3. ^ 紙本金地著色歌舞伎図〈/六曲屏風〉 文化遺産オンライン”. bunka.nii.ac.jp. 2020年12月2日閲覧。

参考文献[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]