十返舎一九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十返舎一九
(じっぺんしゃ いっく)
十返舎一九.jpg
国貞筆「戯作者六家撰」
誕生 1765年
静岡市葵区
死没 1831年9月12日
東京
職業 戯作者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1789年 - 1822年
ジャンル 黄表紙滑稽本合巻
代表作 『東海道中膝栗毛』
処女作 『心学時計草』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

十返舎 一九(じっぺんしゃ いっく、明和2年(1765年) - 天保2年8月7日1831年9月12日))は、江戸時代後期の戯作者、浮世絵師日本で最初に、文筆のみで自活した。『東海道中膝栗毛』の作者として知られる。

生涯[編集]

駿河国府中(駿府:現在の静岡市葵区)で町奉行の同心の子として生まれた。葵区両替町一丁目に、生誕の地の碑が建っている。本名は重田貞一(さだかつ)、幼名は市九。通称に与七、幾五郎があった。酔翁、十返舎などと号す。

江戸に出て武家奉公をし、天明3年(1783年)(19歳)、大坂へ移り、町奉行小田切土佐守に勤仕したが、ほどなく浪人し、義太夫語りの家に寄食し、浄瑠璃作者となった、また、志野流の香道を学んだ。寛政元年(1789年)(25歳)、『近松与七』の名前で、浄瑠璃『木下蔭狭間合戦』(このしたかげはざまがつせん)を合作した。

  • 名香『黄熱香』は十度焚いても香を失わないところから、『十返しの香』とも呼ばれる。後の筆名『十返舎』はここから、『一九』は幼名の市九から来ている。初めは『十遍舎一九』であったが、『十偏舎』『十偏斎』『重田一九斎』なども用い、享和ころから『十返舎一九』に定まった。寛政6年(1794年)(30歳)、江戸へ戻り、通油町(現在の中央区日本橋大伝馬町)の出版商、蔦屋重三郎方に寄食して、用紙の加工や挿絵描きなどを手伝った。寛政7年(1795年)、蔦屋に勧められて黄表紙『心学時計草』ほか2部を出版し、以降は生活のため、20年以上にわたり、毎年20部前後の新作を書き続けた。挿絵を描き、版下も書くという、版元に便利な作者であった。狂言謡曲、浄瑠璃、歌舞伎落語川柳などに詳しく、狂歌を寛永期に修業し、それらを作品の素材にした。

独学で、黄表紙のほか、洒落本人情本読本合巻、狂歌集など、さらには教科書的な文例集まで書いた。筆耕・版下書き・挿絵描きなど、自作以外の出版の手伝いも続けた。寛政から文化期に自ら、「行列奴図」や、遣唐使吉備真備を描いた「吉備大臣図」などの肉筆浮世絵を残している。

  • 彼は大坂時代、材木商の家に入婿して、離婚した。寛政8年(1796年)頃、江戸、長谷川町(現在の東京都中央区日本橋堀留町二丁目)の町人の入婿となったが、放蕩のためか、享和元年(1801年)に離婚された。文化元年(1804年)、お民を娶って通油町鶴屋裏の地本問屋会所に暮らし、一女が育った。この会所住まいの時期、『駿河屋藤兵衛』と称した。亀戸、深川佐賀町(現在の江東区佐賀)に火災を避けた時期もあったが、晩年は通油町・長谷川町住まいであった。

享和2年(1802年)に出した『東海道中膝栗毛』が大ヒットして、一躍流行作家となった。当時の生活について「最近ではいつも出版元から係の人がきて、机の横で原稿ができあがるのを待ってます」と、現代にも通じる作家生活を描写している。文政5年(1822年)までの21年間、次々と「膝栗毛」の続編を書き継ぎ、頻繁に取材旅行に出かけ、山東京伝式亭三馬曲亭馬琴鈴木牧之らとも交わった。また並行して出した『方言修行 金草鞋』(むだしゅぎょうかねのわらじ)も広く読まれた。

これらの作品がヒットした背景には、当時寺子屋の増加により、人々の識字率が高まっていたという時勢上の理由もあった。それまでは文字の読み書きは公家や僧侶など知識階級の特殊技能に属し、一般庶民が読み書きできる時代は、それまで存在することがなかった。一九は作品執筆による収入だけで生活した、日本初の職業作家ともいわれるが、当時は職業的著述業の成立を可能にする規模の市場が、日本に史上はじめて成立した時期だったのである。

文化7年(1810年)46歳のときに眼を病み、しばしば再発した。文政5年(1822年)58歳のときに中風を患い、その後は「名を貸しただけなのでは」と疑われる、一九らしくない作風の「著書」も混ざった。晩年を貧しく過ごしたのち、天保2年(1831年8月7日、67歳で没した。辞世の句は『此世をば どりやおいとまに せん香と ともにつひには 灰左様なら』。

東陽院の墓所(墓碑は左上奥)

浅草の東陽院に葬られた。『心月院一九日光信士』。墓碑は、東京都中央区勝どき四丁目に移転した同院に残る。

天保3年(1832年)、遺族・門弟らによって、隅田川べりの長命寺に建てられた記念碑が、今も残る。 また、静岡市葵区研屋町(とぎやちょう)の医王山顕光院には重田一族の墓が建ち、一九の戒名が刻まれている。

  • 火葬にされた際一九があらかじめ体に仕込んでおいた花火に点火し、それが上がったという逸話は、初代林屋正蔵によるらしい。

主な作品[編集]

『』でくくった外題の前に、次の略号を用いる。黄:黄表紙、読:読本、洒:洒落本、稽:滑稽本、噺:噺本、合:合巻、情:人情本。なお、『東海道中膝栗毛』および『続膝栗毛』については、当該ページ参照。

  • 1795年(寛政7年):黄『心学時計草』、黄『新鋳小判ぶくろ(耳偏に嚢)』、黄『奇妙頂礼胎錫杖』(…ちょうらいこだねの…)(いずれも自画)
  • 1796年(寛政8年):黄『初登山手習方帖』(しょとうざん…)、黄『怪談筆始』、黄『化物年中行状記』、黄『化物小遣帳』(いずれも自画)
  • 1797年(寛政9年):黄『化物見越松』、黄『今昔狐夜噺』(いまはむかし…)、黄『夜眼遠目笠之内』(いずれも自画)
  • 1798年(寛政10年):黄『十偏舎戯作種本』(自画)、黄『尻攑御要慎』(しりまくりごようじん)(自画)/読『当変卜十露盤占』
  • 1799年(寛政11年):黄『両説娵入奇談』、黄『敵討住吉詣』、黄『鳩讃試礼者笑宴』(はとにさんしれいじゃのさかもり)(いずれも自画)
  • 1800年(寛政12年):黄『稚衆忠臣蔵』(こども…)、黄『木下陰狭間合戦』/狂歌絵本『夷曲東日記』(いきょくあずま…)(いずれも自画)
  • 1801年(享和元年):黄『敵打巌流島』(自画)/洒『恵比良濃梅』(一楽亭栄水画)
  • 1802年(享和2年):黄『美男狸金箔』(いろおとこ…)(自画)、黄『聞風耳学問』(喜多川歌麿画)/稽『浮世道中 膝栗毛』/洒『商内神』(自画)、洒『吉原談語』(自画)、洒『倡客竅学問』(しょうかくあな…)(自画)/読『深窓奇談』、読『列国怪談聞書帖』(勝川春章勝川春英画)/噺本『落咄臍くり金』(自画)/狂歌入紀行『南総記行 旅眼石』(…たびすずり)
  • 1803年(享和3年):稽『道中膝栗毛 後篇』/読『怪物與論』(いずれも自画)
  • 1804年(文化元年):黄『五三桐山後篇 跡着衣装』(喜多川喜久麿画)/稽『風流 田舎草紙』(自画)、稽『東海道中 膝栗毛 三編』、稽『諸用附会案文』(…こじつけ…)、稽『教訓角力取艸』(喜多川喜久麿画)/絵本『吉原青楼年中行事』(歌麿画)
  • 1805年(文化2年):黄『滑稽しっこなし』(じょうだん…)(喜多川月麿画)、黄『五三桐山三編 操染心雛形』(月麿画)/稽『東海道中 膝栗毛 四編』/洒『倡売往来』(自画)
  • 1806年(文化3年):黄『串戯しっこなし 後編』(じょうだん…)(自画)、黄『嵐山花仇討』(自画)/稽『東海道中 膝栗毛五編』/読『浪花鳥梅』(月麿画)、読『復讐奇談天橋立』(豊国画)
  • 1807年(文化4年):稽『東海道中 膝栗毛六編』/読『風恋夜話 翁丸物語』(蹄斎北馬画)/合『諏訪湖狐怪談』前編(勝川春亭画)、合『欲皮千枚帳』(月麿画)
  • 1808年(文化5年):稽『東海道中 膝栗毛 七編』/読『孝子美談 白鷲塚』/合『諏訪湖狐怪談』後編(春亭画)、合『質流人の行末』(春英画)/噺『落咄 曲形瓢』(北川美丸画)、噺『江戸前噺鰻』(二世恋川春町画)、噺『落咄 春雨夜話』(美丸画)
  • 1809年(文化6年):稽『東海道中 膝栗毛 八編』、稽『滑稽 江の島土産 初編』(春亭画)/合『串戯狂言一夜附』(ちゃばん…)(自画)
  • 1810年(文化7年):稽『続膝栗毛 初編』、稽『滑稽 江の島土産 二編』(月麿画)、稽『同 三編』(春亭画)
  • 1811年(文化8年):稽『続膝栗毛 二編』
  • 1812年(文化9年):稽『続膝栗毛 三編』
  • 1813年(文化10年):稽『続膝栗毛 四編』/合『洪福水揚帳』(月麿画)、合『方言修行 金草鞋 初編』(江戸見物)(月麿画)、合『同二編』(東海道中)(月麿画)、合『同三編』大坂京見物(月麿画)
  • 1814年(文化11年):稽『東海道中 膝栗毛 発端』、稽『続膝栗毛 五編』/合『成程根殻一九作』(歌川国丸画)、合『金草鞋 四編』(西海道中)(美丸画)、合『同五編』(木曾街道)(月麿画)、合『同六編』(奥州路)(歌川国安画)、合『同七編』(仙台まで)(国丸画)/文例集『女用文色紙染』(…ぶんしょう…)(改訂)
  • 1815年(文化12年):稽『続膝栗毛 六編』、稽『秋葉山鳳来寺 一九之紀行』(…がみちゆき)/読『通俗巫山夢』(春亭画)/合『金草鞋 八編』(越後路)(歌川国信画)
  • 1816年(文化13年):稽『続膝栗毛 七編』、『同 八編』/合『金草鞋 九編』(西国八十八所巡礼)(歌川国直画)
  • 1817年(文化14年):合『金草鞋 十編』(坂東八十八所巡礼)(美丸画)
  • 1818年(文政元年):合『金草鞋 十一編』(秩父巡礼)(国丸画)
  • 1819年(文政2年):稽『続膝栗毛 九編』/合『金草鞋 十二編』(身延山道中)(月麿画)/情『清談峯初花』初編/絵入り草子本『信州水澤観音利益雜食橋由來』(歌川國虎画)
  • 1820年(文政3年):稽『続膝栗毛 十編』/合『金草鞋 十三編』(善光寺草津道中)(月麿画)/紀行『一九牧山秋山紀行』(共著)/文例集『婦人手紙の文言』
  • 1821年(文政4年):稽『続膝栗毛 十一編』/合『金草鞋 十四編』(四国遍路)(月麿画)/情『清談峯初花』後編
  • 1822年(文政5年):稽『続膝栗毛 十二編』/読『遠の白浪』/合『金草鞋 十五編』(東都八十八所巡礼)(美丸画)/情『浮世清濁 水かがみ』(英泉画)
  • 1824年(文政7年):合『金草鞋 十六編』(二十四輩旧跡巡礼)(美丸画)/人情本『朧月夜』初編(英泉画)
  • 1827年(文政10年):合『金草鞋 十七編』(小湊参詣)(国直画)
  • 1828年(文政11年):合『金草鞋 十八編』(立山参詣)(国安画)
  • 1829年(文政12年):合『金草鞋 十九編』(白山参詣)(二世北尾重政画)
  • 1830年(天保元年):合『金草鞋 二十編』(湯殿月山羽黒山参詣)(国安画)
  • 1831年(天保2年):合『金草鞋二十一編』(南部路之記)(国信画)
  • 1832年(天保3年):合『金草鞋二十二編』(伊豆紀行)(国信画)
  • 1833年(天保4年):合『金草鞋二十三編』(江の島鎌倉箱根七湯めぐり)(国安画)、合『同二十四編』(讃州金比羅)(美丸画)(遺稿)
  • 「行列奴図」 紙本淡彩 熊本県立美術館所蔵
  • 「吉備大臣図」 紙本淡彩 熊本県立美術館所蔵

刊本(膝栗毛以外)[編集]

  • 『十返舎一九全集』全4巻、日本図書センター(1979年、2001年)博文館、1901年の複製 
  • 鶴岡節雄校注 千秋社
『十返舎一九の房総道中記』1979
『十返舎一九の甲州道中記』1981 
『十返舎一九の江戸見物』1982 
『十返舎一九の箱根江の島鎌倉道中記』1982 
『十返舎一九の坂東秩父埼玉道中記』1983
『十返舎一九の常陸道中記』1984
『六あみだ詣』1981
『誹語堀之内詣』1982
『江の島土産・一九之記行』1984
『串戯二日酔・世中貧福論』1985
『通俗巫山夢・雑談紙屑籠』1987
『怪物輿論・田舎草紙・滑稽臍栗毛』1988
『奥州道中之記・奇談双葉草・浪速烏梅侠夫湊花』1994
『復讐奇語天橋立』1998
『風声夜話翁丸物語 連理隻袖 名勇発功談』1999 
『復讐播州舞子濱 深窓奇談』2001 
『滑利諭言大師めくり 画本江戸名所 続膝栗毛二編追加 絵本曽我物語』
  • 『初登山手習方帖』十偏舎一九作画 『江戸の戯作絵本 第4巻 (末期黄表紙集)』小池正胤ほか編 社会思想社 1983 現代教養文庫
  • 「倡妓売舗商内神」「青楼奇談狐竇這入」「青楼起承転合・後編遊冶郎」「吉原談語・廛意気地」「倡客竅学問」「青楼松の内」十偏舎一九著『洒落本大成 21』中央公論社、1984 
  • 「素見数子」『洒落本大成 22』中央公論社、1984 
  • 『方言修行金草鞋』喜多川月麿画 林美一校訂 河出書房新社(江戸戯作文庫) 1984
  • 「的中地本問屋」『江戸の戯作絵本 続 巻2』現代教養文庫、1985 
  • 『善光寺街道続道中膝栗毛』古谷順一郎訳 郷土出版社 1986
  • 『的中地本問屋』林美一校訂 河出書房新社(江戸戯作文庫) 1987
  • 「復仇女実語教」『中本型読本集』叢書江戸文庫 国書刊行会、1988 
  • 『信濃紀行集』全3巻 郷土出版社, 1995
  • 『浮世絵春画好色東海道中膝栗毛』歌川国芳絵 三心堂出版社 1996
  • 『十返舎一九越後紀行集』下西善三郎編 郷土出版社, 1996
  • 『十返舎一九集』棚橋正博校訂 国書刊行会 1997 叢書江戸文庫
    • 心学時計草 滑稽しつこなし 串戯しつこなし 敵討余世波善津多 列国怪談聞書帖 附会案文 於都里綺 初役金烏帽子魚
  • 『方言修行金草鞋』今井金吾監修 大空社 1999

参照[編集]

  • 麻生磯次校注『東海道中膝栗毛』岩波書店 日本古典文学大系(1977年)解説
  • 中村幸彦校注『東海道中膝栗毛』小学館 新編日本古典文学全集(1995年)解説
  • 山崎麓編『日本文学大系25 日本小説書目年表』国民図書(1929年)
  • 小池正胤「十返舎一九」『国史大辞典』吉川弘文館(1996年)
  • 小池正胤「東海道中膝栗毛と十返舎一九」杉本苑子『東海道中膝栗毛』学研 現代語訳日本の古典(1980年)
  • あずさ書店編集部『幻の大寺院 若沢寺を読みとく』あずさ書店、2010年

伝記など[編集]

  • 松田修『十返舎一九 東海道中膝栗毛(日本の旅人)』淡交社 1973 
  • 棚橋正博『十返舎一九 笑いの戯作者』新典社 1999 日本の作家
  • 中山尚夫『十返舎一九研究』おうふう 2002

関連項目[編集]

外部リンク[編集]