パリ万国博覧会 (1867年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パリ万国博覧会 > パリ万国博覧会 (1867年)
イリュストレ紙

1867年のパリ万国博覧会(せんはっぴゃくろくじゅうななねんのパリばんこくはくらんかい, Exposition Universelle de Paris 1867, Expo 1867)は、1867年4月1日から10月31日までフランスの首都パリで開催された国際博覧会である。42か国が参加し、会期中1500万人が来場した。

概要[編集]

主会場とそれを取り囲む各国パビリオンなど

パリで開催された国際博覧会では2回目となる。1864年のナポレオン3世勅令に基づいて計画され、パリ市内に119エーカー(48ヘクタール)、ビヤンクールに52エーカー(21ヘクタール)の土地が用意された。この土地はシャン・ド・マルス公園となって、これ以降のパリ万国博覧会の会場となり、1889年のパリ万国博覧会からエッフェル塔の建設が開始される。

メインパビリオンは長さ1608フィート(490 m)、幅1247フィート(380 m)の端が丸まった長方形の形をしており、その中央に長さ545フィート(166m)、幅184フィート(56m)のドームがあり、庭園が併設されている。

このパリ万博は、日本が初参加した万国博覧会として有名である。また、ここで発表された電気にまつわる出展作品から、ジュール・ヴェルヌが『海底二万里』の着想を得たことでも知られる[1]

日本の参加[編集]

日本が初めて参加した国際博覧会であり、江戸幕府薩摩藩佐賀藩がそれぞれ出展した[2]。幕府からは将軍徳川慶喜の弟で御三卿清水家当主の徳川昭武[3](この時15歳)らが派遣された。一方、薩摩藩からは家老の岩下方平らが、佐賀藩からは佐野常民らが派遣された[4]

薩摩藩は「日本薩摩琉球国太守政府」の名で幕府とは別に展示し、独自の勲章薩摩琉球国勲章)まで作成した[要出典]。幕府は薩摩藩に抗議したが聞き入れられず、幕末の政争が如実に現れた万博となった。この時、幕府もフランスで勲章外交を行うために独自の勲章制作を開始したが、結局、間もなく幕府は倒れ、幻となった[要出典]葵勲章)。

このほかに江戸浅草の商人(清水卯三郎[5])が数寄屋造り茶屋をしつらえた。3人の柳橋芸者(おすみ、おかね、おさと)が独楽を回して遊んだり、煙管をふかしたりするだけの光景が、物珍しさから、上記の幕府や西南雄藩による公式展示以上の人気になったという[6]

開成所の高橋由一・宮本三平らの油彩、北斎・国貞・芳幾・芳年らの浮世絵、銀象牙細工の小道具、青銅器・磁器、水晶細工などが出品された[7][8][9]

また、薩摩藩からは、コンプラ瓶に入れられた状態で日本から運ばれた焼酎なども出品されている[要出典]

使節団一行[編集]

幕府はフランスへの親善使節として、徳川昭武(民部大輔)のほか、外国奉行、水戸藩土ら総勢25名に派遣を命じた[10]。訪仏については、幕府内に親仏派を作りたいフランス公使レオン・ロッシュが熱心に幕府へ働きかけて決定され、ロッシュの部下の宣教師メルメ・カションが担当した[10]。親善のほか、昭武や青年らの留学が目的であり、留学生は追加を含めて帰国時には32名を数えた[10]

幕府派遣の使節団一行は1867年2月15日フランス帝国郵船アルへー号で横浜を発ち、同年4月3日にマルセイユ到着[11]。滞仏中は万博出席のほか、フランス皇帝ナポレオン3世謁見、観劇、競馬観戦、病院視察などし、昭武らは数名は同年9月4日より、スイス、オランダ、ベルギー、イタリア、イギリスを訪問して国王らに謁見、昭武や幕府派遣留学生は数年の留学を予定していたが、大政奉還の報を翌1868年1月に接し、10月19日離仏、12月16日横浜に帰国した[11]

民部大輔一行[編集]

水戸藩 - 一同天狗党攘夷派

諸藩[編集]

会津藩

佐賀藩

薩摩藩 (日本薩摩琉球国太守政府)

その他

画像[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ フランス語版wikipediaより、以下原文:Jules Verne s'est inspiré de l'aquarium géant présenté à l'Exposition et contenant plus de 800 poissons pour décrire le hublot du Nautilus (Jules Verne) dans Vingt Mille Lieues sous les mers.
  2. ^ 国際博覧会 (METI/経済産業省)”. www.meti.go.jp. 2021年12月4日閲覧。
  3. ^ 國雄行 『博覧会と明治の日本』吉川弘文館、28頁。 
  4. ^ 國雄行 『博覧会と明治の日本』吉川弘文館、29頁。 
  5. ^ 國雄行 『博覧会と明治の日本』吉川弘文館、37頁。 
  6. ^ 読売新聞』2018年3月10日「編集手帳」(1面コラム)
  7. ^ 高橋由一履歴 高橋源吉編
  8. ^ MUSEUM No.89,90
  9. ^ 内外博覧会総説 永山定富
  10. ^ a b c d e 幕末海外留学史稿(IV)石附実、天理大学学報、1971-10
  11. ^ a b 渋沢栄一における欧州滞在の影響―パリ万博(1867 年)と洋行から学び実践したこと関水信和、千葉商大論叢第 56 巻第 1 号 (2018 年 7 月 )
  12. ^ 世界一のピアノ「スタインウェイ」強さの本質 東洋経済、2017/10/24

関連項目[編集]

外部リンク[編集]